離乳食でバナナの生はいつから?量は?初期・中期・後期ごとにお届け!

離乳食で生のバナナはいつから

離乳食が始まるとデザートやおやつにあげたくなるのがバナナですよね。

甘くておいしいバナナですが生はいつから食べられるようになるのでしょうか。

離乳食初期からたくさんの量を食べてしまっても大丈夫?

産院でおかゆの調理指導はあっても生のバナナはいつから食べていいのか、量はどのくらいまでOKかまでは教えてもらいませんでした。

きっと赤ちゃんもおいしくてたくさん欲しい!ってなりますよね。

お腹に優しそうなイメージのある果物ですが、赤ちゃんにとっても体にいいものなのでしょうか。

加工も簡単なバナナですが、離乳食にどうやって取り入れたらいいのか調べてみました。

 

離乳食でバナナの生はいつから?量はどれくらい?

離乳食

どこのスーパーでも基本的に年中買うことができるバナナ。

甘くて柔らかくて私は大好きなのですが、私の弟は『バナナアレルギー』を持っています。

小さい頃から食べると舌が痺れた感じがあったそうですが、アレルギー反応だとは思っていなかったそうです。

バナナはアレルギー表示推奨品目に分類されているので赤ちゃんにバナナをあげるときは注意が必要です。

どんな食材でも少量からあげることが大切ですが、アレルギーの可能性がある食材は特に気をつけましょう。

注意

自分で異変を伝えられる年齢になるまで、アレルギーが起こる可能性があるものを食べさせる時は量や時間を記録しておきましょう!

また、食べさせた後の様子をよく観察してください。

ママやパパがバナナアレルギーを持っていると、同じようにアレルギーを発症しやすいそうです。

まだ話すことのできない赤ちゃんだからこそ、ママやパパが気をつけてあげたいですね。

では、離乳食期の赤ちゃんは生のバナナをいつから、どのくらいの量を食べさせてもいいのでしょうか。

離乳食初期バナナ

離乳食初期の生後5~6ヶ月頃ですが、この頃は生であげるのは避けた方が良いでしょう。

基本的には熱を加えたものをあげるようにしましょう。

ただし、新鮮なバナナであれば、すりつぶしてペーストにしたものを少量あげることができます。

少しでも変色していたり、傷んでいるものは菌が心配なのであげないようにして下さい。

食べさせる量は初めスプーン1さじを2~3日続けます。

そして、特に異常がなければ2さじに増やしてまた数日様子を見ます。

生のバナナをあげたあと、アレルギーがあると口の周りが赤くなったりするのでよく観察して下さい。

娘は初めてのバナナが甘くておいしかったのか、食べてからすごく喜んでいました。

おかゆや豆腐など味のあまりないものしか食べたことがなかったので、なにこれ!って目がまんまる!

食べて喜んでいる姿がとてもかわいくて、もっと食べさせてあげたいな・・・と思いましたが、ここは我慢です。

バナナに限らず、初めて食べる食材は少しずつ慣れさせていってあげるのが大事ですね。

離乳食中期バナナ

離乳食中期は7~8ヶ月頃になります。

この頃になると、少しずつペースト状から食感のあるものが混ざった状態のものを食べ始めます。

中期頃まではできるだけ加熱が推奨ですが、初期からそのままバナナを食べれていればあげても大丈夫です。

中期から初めてバナナを食べるときはいきなりたくさんあげないでひと口ずつあげるようにして下さい。

フォークで潰して少し形が残るくらいの潰し方だと、舌で潰して食べることができます。

赤ちゃんによってはまだ上手に舌を使うことができない子もいるので、潰し方を変えながら様子を見てあげて下さい。

まだたくさん食べると消化機能が追いつかなくて下痢をしてしまったりするので、バナナの2/3くらいの量にした方がいいです。

私が赤ちゃんだった頃、たくさん食べすぎてメインのご飯を食べなかった時期があったそうです。

おいしくてたくさん食べたくなる気持ちはわかりますが、バランスよくご飯を食べてもらうためにバナナはほどほどにしたいですね。

離乳食後期バナナ

離乳食後期は9~11ヶ月頃になります。

固形のものもだいぶ食べられるようになる頃ですね。

体も大きくなってきますし、消化機能もかなり発達してきます。

この頃になると生のバナナをまる一本分食べさせても大丈夫です。

ただ、糖質が多いのでバナナを食べたらほかのおやつはなしにするなど、全体のバランスをみて調整してあげて下さい。

大きくなってきたとはいえ、まだまだ赤ちゃんの口は小さいので丸呑みにならないサイズにして、食べさせるときはそばにいてあげて下さいね。

ママ友の子はバナナが大好きで、見つけるとちょうだい!と催促してくるそうです。

食べられる量も増えてくるのでお腹いっぱいバナナを食べたがるから困っちゃうと言っていました。

一本以上は食べ過ぎになってしまうので、あげすぎないように気をつけて下さい。

 

離乳食に生のバナナを使うときの注意点

バナナ

離乳食期でも生で食べられるバナナですが、いくつか注意点があります。

まず、バナナを使うときは月齢に合った形状で量に注意して食べさせて下さい。

そして新鮮なものであることが一番大切です。

まだまだ赤ちゃんのお腹は弱いので、傷んでいるものを食べると下痢をしたり体調を崩してしまうことがあります。

買うときの選び方にも注意してみましょう。

  • バナナの芯が黒ずんでいないか確認
  • 全体的に濃い黄色で皮に張りがあるものを選ぶ
  • 有機マークのあるものだと農薬の心配がない

バナナの皮にある黒い斑点は『シュガースポット』といって熟したサインですが、芯が黒くなっているのはそこから菌が入ってしまって傷んでいる可能性があります。

また、スーパーに並んでいるものの大半が輸入品になるので、農薬が使われています。

心配だなと思うときは有機マークのものにすると安心ですね。

おいしくて安心して食べられるバナナを選んであげましょう。

 

まとめ

離乳食でバナナはおやつにもおいしい果物です。

娘の離乳食が始まってから、生はいつから食べられるのか気になっていましたが意外と早くから食べられます。

そろそろ離乳食中期に入ってくるので量を増やしながらデザートとしてあげてみようかなと思っています。

難しい調理なしであげられるのでバナナを味方にしておやつやデザートはラクしちゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です