エネルの名言・名セリフを紹介!神が恐怖で支配する!


今回は、『ワンピース』に登場するエネルの名言・名セリフを紹介していきます。

 

エネルは空島編のラスボスとして登場します。

ゴロゴロの実の能力を持ち、雷を操り、強すぎる能力から恐怖でスカイピアを支配していました。

エネルの雷には麦わらの一味も大苦戦しましたね。

そんな恐怖の象徴でもあるエネルの名言、名セリフを今回は紹介していきます。

またエネルの口調や声優についても紹介していきたいと思います。

 

それではエネルの名言、名セリフを紹介していきましょう!

 


エネルの名言・名セリフを紹介

  • 我が神なり
  • もうわかっただろう?おれは”雷”だ
  • 私を呼んだか
  • “恐怖”こそが”神”なのだ
  • 不届き
  • おれは打算的な女が嫌いでね
  • ここは空!!!神の領域だ!!!!
  • ”限りない大地”へ!!!!

エネルは神として絶対的な力で相手をねじ伏せるような名言が多くあります。

雷という自然の猛威を操り、恐怖を植え付けるエネルの名言を1つずつ紹介していきましょう。

 

我が神なり

第27巻254話【夜明曲】で描かれた名言です。

このセリフはエネルの初登場シーンであり、エネルを象徴する名言といっても過言ではありません。

エネルの「神なり」とエネルの能力である「雷」をかけたセリフなのですが、初登場時はエネルの能力については明かされておらず、読者がエネルの能力を知るのはもう少し先になります。

エネルの能力が判明する前からエネルがゴロゴロの実の能力者であるということを示唆し、伏線を張っていたことに驚いた名言でもあります。

 

もうわかっただろう?おれは”雷”だ

第28巻264話【戦士カマキリvs神・エネル】で描かれた名言です。

空島編ではアッパーヤードという土地を巡ってエネル率いる神の軍団と原住民の末裔であるシャンドラの戦士たちがサバイバルを開始していました。

そんな中シャンドラの戦士の1人であるカマキリがいきなりエネルと対峙します。

カマキリはエネルを倒そうと必死に戦いますが、カマキリの攻撃は一切効きません。

それもそのはずでエネルはロギア系の能力のため物理攻撃は聞かないのです。

エネルに物理攻撃が効かず、雷そのものであることで恐怖を感じさせる名言でした。

カマキリはエネルに一切の攻撃をすることができず、雷で丸焦げにされてしまったのです。

 


私を呼んだか

第29巻270話【小夜曲】で描かれた名言です。

神官のオーム、ゾロ、シャンディアのワイパーが戦闘中。

オームが設置した白荊デスマッチにより、ドーム状に有刺鉄線のようなものが張り巡らされ、脱出不可能となってしまいます。

そこに現れたのはシャンディアの女戦士であるラキです。

ラキはワイパーを見つけるとカマキリからの伝言を伝えようとしました。

エネルが雷で攻撃が効かないと伝えたかったのです。

しかし無情にもラキの背後にはエネルの姿がありました。

ラキがエネルという言葉を発していたため、「私を呼んだか」と言ってラキの元に現れたのです。

そしてラキはエネルの雷によって黒焦げになってしまいます。

雷には誰も対抗することができず、エネルとの遭遇は死を連想させますね。

 

不届き

第29巻273話【五重奏】で描かれた名言です。

アッパーヤードでのサバイバルも終盤に差し掛かります。

エネルはサバイバル開始時、3時間後に立っている人間は5人だと予言していました。

しかし3時間後エネルの元に現れたのはゾロ、ロビン、ガンフォール、ワイパー、そしてナミです。

6人いるため、エネルの予言は外れたことになってしまいます。

誰か1人を倒し、5人にしたいエネルでしたが、その他の人物たちは倒れるのはエネルだと言い放ちました。

その際、この名言をエネルが言いました。

神であるエネルからすれば、神に対してお前が倒されろと言うのは失礼に値しますよね。

あくまでも神の目線から上からものを言うところがエネルらしいですね。

 

おれは打算的な女が嫌いでね

第29巻273話【聖譚曲】で描かれた名言です。

アラバスタ編終了から麦わらの一味の仲間になったニコ・ロビン。

アラバスタ編のラスボスであったクロコダイルとペアを組んでいたところを見るとロビンもかなり強いはずです。

しかしそんなロビンもエネルの前では無力でした。

あくまで黄金を狙っていた麦わらの一味。

ロビンは黄金の在処についてのヒントをエネルとの会話の中で探りを入れましたが、エネルがこの名言を発し、ロビンは瞬殺されてしまいました。

女だろうと容赦はしないというエネルの冷徹さロビンですら瞬殺される程の力を持つエネルの恐怖が表現されていますね。

 

恐怖こそが”神”なのだ

第29巻275話【神曲】で描かれた名言です。

ついにエネルと対峙するワイパー。

ワイパーは今まで先祖が守ってきたアッパーヤードを取り戻すために戦ってきました。

エネルさえ倒せば、仲間の無念を晴らすことができるのです。

そして海楼石の力を使ってエネルの実態を捕え、排撃貝(リジェクトダイアル)でエネルの心臓を止めることに成功しました。

やっとの思いで倒したはずのエネルでしたが、エネルは自身で心臓マッサージを施し、復活してしまいます。

復活したエネルがこの名言を発しました。

倒しても復活し、物理攻撃も基本的には効かないというエネルに成す術がなく、恐怖と絶望を感じる名言でした。

 

ここは空!!!神の領域だ!!!!

第31巻293話【舞曲】で描かれた名言です。

空島編終盤、エネルはスカイピアを壊滅しようと企てていました。

自信の能力をフルに活用し、落雷などを起こすとスカイピアを徐々に崩壊させていきます。

空には人が住んでいるにも関わらず、エネルは空は神のものであると主張し、神である自分以外の人間を滅ぼそうとしているのです。

人は大地に落とし、エネルは空を独占したかったのです。

エネルの力があれば実現が可能で、島を1つ消し飛ばす程の力を持っています。

そんなエネルが神を名乗り、絶対的存在になってしまうのを見ると恐怖で逃げ出したくなってしまいます。

 

”限りない大地”へ!!!!

第32巻300話【交響曲】で描かれた名言です。

エネルはルフィによって倒されてしまいました。

しかしまだエネルは生きていたのです。

スカイピアから離れたエネルの目的地は限りない大地です。

空島編の最中にもエネルの口から限りない大地というワードが飛び出していました。

そんなエネルの目的地の正体が空島編の最後に判明します。

その正体は月でした。

エネルはマクシムに乗って、そのまま月を目指して1人新たな旅に出たのです。

 


エネルの口調や話し方は?声優も紹介!

エネルは自身のことを神と名乗り、絶対的な力で周囲を恐怖で支配していました。

神としての自覚からか周囲を見下し、余裕のある話し方が見られます。

その余裕は周囲を絶望させ、恐怖に陥れるような口調で話すのです。

そんなエネルの声優を担当するのは、森川智之です。

『犬夜叉』では奈落、『ナルト疾風伝』では波風ミナトなど幅広いキャラを演じています。

『ワンピース』でもエネル以外にはっちゃんの声も担当しているのです。

エネルからはっちゃんまでかなり振れ幅が広いですよね。

 


エネルの名言・名セリフを紹介!神が恐怖で支配する!のまとめ

今回はエネルの名言・名シーンを紹介するとともにエネルの口調や声優についても紹介してきましたが、いかがでしたか?

エネルは全体を通してかなり恐怖を感じさせる描写が多く、名言も恐怖を感じるものばかりでした。

エネル自身も「恐怖こそが神」と言っているように恐怖で支配する世界をエネルは創り上げようとしていたように思いますね。

ルフィがたまたま雷を無効化したのでよかったですが、ルフィ以外のキャラが全く歯が立たないキャラも珍しいのではないでしょうか。

そんな恐怖を感じさせるエネルには是非再登場してほしいものです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です