牛乳の賞味期限切れで1週間過ぎてるけど飲んでいい?いつまでなら大丈夫?

牛乳7

牛乳の賞味期限はいつまでなんでしょうか?

私は今は購入して3日くらいで飲み干してしまいますが昔は賞味期限切れのぎりぎりまで飲んでいましたがある日友達から「えっ?賞味期限切れても飲めるよ」といわれました。

それを聞くまで私は捨てていたので驚きましたが確かに飲める事がわかりました。

でも実際牛乳は賞味期限が切れても1週間は大丈夫と聞いたことがありますが本当に大丈夫なのでしょうか?

牛乳は本来3日くらいで飲み干すのが1番いいのだそうですが飲みきれないということもあるのではないでしょうか?

今回は牛乳の賞味期限切れ後1週間は大丈夫なのかいつまで飲んでも大丈夫なのかを疑問に思ったので調べてみました。

 

牛乳の賞味期限はいつまで?

牛乳4

牛乳の賞味期限は牛乳パックに記載されていますが賞味期限後も飲んでいる人はいるのが現状のようです。

危険度というのはどうやら買ってすぐに開封したか賞味期限ぎりぎりで開封したかによって空気に触れる時間がカギとなります。

それは開封してから3日というのが目安となっているからです。

牛乳の賞味期限が切れて1日目

購入してからすぐにパックを開封していれば空気に既に空気に触れているわけですから

1日目でも危険ですが賞味期限ぎりぎりでパックをあけた場合は空気に触れているのが少ないので大丈夫というのが基本です。

本来生で飲むのは危険ですが1日だけならどうやら飲むことは可能です。

牛乳の賞味期限が切れて3日目

上記のように1日でも本来は飲んではいけないということなら3日となると生で飲むのはとても危険な事です。

ただだからといって捨ててもいいという訳ではありません。

加熱してホットミルクとして飲んだりシチューなどの料理として使うという方法で使い切りましょう。

 

牛乳の賞味期限切れで1週間はそのまま飲んでいい?

牛乳2

上記で危険ですとは言うものの実際飲んでいる人はいます。

それは1週間経っていても臭いや見た目に変化がないからです。

そして1週間経っていても季節によっては暑い時期だったり保存方法によっても変化は違ってきます。

それでも飲んでみて気分が悪くなったりおなかを壊したりする人もいます。

このように条件によって異なりますが人によっては飲んでも大丈夫だとも言われています。

 

牛乳の賞味期限切れはいつまで飲める?

チェックポイント

それでは実際本当のところ賞味期限切れはいつまで飲むことができるのでしょうか?

私は1週間過ぎても飲んでいましたが特に何もありませんでした。

次は牛乳の賞味期限について調べてみました。

牛乳の賞味期限とは

牛乳は通常超高温滅菌という処理をされて菌が死滅されている状態でお店に並んでいます。

この処理がされている事で1週間の賞味期限があり未開封であれば賞味期限を過ぎても大丈夫ということになります。

これに対し低温殺菌牛乳という種類の牛乳がありますがこの牛乳は菌が壊されていないためこちらは賞味期限ではなく消費期限となっています。

 

ご存知だとは思いますが賞味期限というのはその期間で飲み干せばおいしいというもので消費期限というのはその期限までに飲み干す事が条件となります。

低温殺菌牛乳は消費期限なので早めに飲むこととなります。

そして牛乳の中には徹底的に品質管理をしているESL製法で作られた牛乳があります。

この牛乳の賞味期限は2~3週間と長く表示されています

このように牛乳の種類によって賞味期限が変わってくるのです。

牛乳の期限切れはいつまで食べていい?

1週間でもおなかが丈夫な人は飲んでも大丈夫という人もいますが基本的には開封して3日程度なら飲んでも大丈夫です。

それ以降は温めてホットミルクとして飲んだり料理にしたりと加熱して使うことがおすすめです。

牛乳が腐ったと判断する基準

牛乳9

牛乳が腐るほど放置したことはありませんが腐ってしまうとどうなるのでしょうか?

牛乳が腐ったら

牛乳は腐るとどろどろになりすっぱい匂いがする・黄ばんでいるなど見た目や臭いに変化があるのでそのような状態になっていたら迷わず捨てましょう。

牛乳の賞味期限切れで1週間たったものを実際にそのまま飲んでみた

開封・未開封によって多少違いはありますが開封していても実際に飲んでも大丈夫だったという話はよく聞きます。

これは元々胃腸が丈夫な人であったり体調がいいなど条件によります。

しかしこれはたまたまという場合もありますので基本的にはやはり賞味期限内で飲み干してしまうか期限が過ぎたら調理もしくは温めて使うのがいいと思います。

 

牛乳の賞味期限が切れる前に食べるために

牛乳6

これまでにも賞味期限が何日か切れても大丈夫とはしてきましたができることなら期限内に食べきりたいものです。

牛乳のパックには賞味期限が印字されていますので意識してパックを見て期限切れになりそうになっても飲みきれない場合は料理などで大量消費してしまいましょう。

たとえばプリン・スープ・クリームシチューであったりカルボナーラなどの手の込んだものなどいろいろなレシピもあります。

ぜひこのようなレシピを参考すると大量に消費できるので利用してみるのもおすすめです。

 

まとめ

牛乳

牛乳はいろいろな種類がありスーパーなどにもたくさん売っています。

どんな牛乳にも賞味期限がパックに印字されています。

賞味期限切れのぎりぎりに開封すればそこから1週間飲むことができます。

また開封していても体調が良かったり胃腸が丈夫な人であれば1週間過ぎていても大丈夫であったりします。

ですからいつまでという期限は難しいのですが牛乳は臭いや見た目ですぐに判断できますので、できるだけ早めに飲まれることをおすすめします。

もし賞味期限が切れた場合は料理などで使用する方が安全です。なるべく早めに使い切りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です