ワンピース1001話ネタバレ考察!ルフィの流桜にカイドウが見たものとは?


この記事ではワンピース最新話1001話のネタバレ考察をいち早く紹介する記事となっております。

また新しい情報が入り次第、追記していこうと思います。

この記事では私の考察を含めるのでご了承ください。

 

前回の話では、ついにルフィだけではなく、最悪の世代のキッド、ロー、ゾロ、キラーも屋上に到達します。

すでに敗北してしまった赤鞘の侍たちとバトンタッチして、戦闘が始まりました。

最悪の世代5人と四皇2人が対峙するシーンには、かなり熱い展開でした。

そして、ルフィのいきなりの新技、ゴムゴムのレッドロックがカイドウに炸裂しました。

ルフィの海賊王になる宣言も飛び出し、四皇相手に宣戦布告もしました。

本格的に、ワノ国で戦いが始まった感じがしますね!

1001話では、どのような展開が待っているのでしょうか?

それでは、ワンピース最新話1001話のネタバレ考察についてみていきましょう!

 

ONE PIECE97巻を無料で読む

ワンピース97巻

 

無料で今すぐ読む

 

ワンピースの全伏線、回収開始!!

今まで張り巡らされた、全ての伏線がどのように回収されていくのか

今後のワンピースの展開から目が離せません!

 

もくじ


ワンピース1001話ネタバレを予想!

カイドウ、ビッグ・マムとついに対峙し、大盛り上がりのところで終わった1000話。

1001話では、どんな盛り上がりを見せてくれるのか、展開を予想していきたいと思います。

 

ワンピース1001話ネタバレ予想①キャロット&ワンダvsペロスペローに進展が!!

鬼ヶ島ドーム外で戦闘しているキャロット&ワンダvsペロスぺロー。

995話【くの一の誓い】にて対峙するところが描かれてから、一切描かれていません。

予想では、キャロット&ワンダはペロスペローに敗北しているのではないかと考えています。

ホールケーキアイランド編でペドロを亡くし、キャロットからしてみれば、ペロスペローと因縁があるのは確かです。

しかし、ペロスペローは懸賞金額7億ベリーの猛者。

キャロットでは力不足のように思えます。

そこで麦わらの一味の誰かが助っ人に現れるのではないかと予想しています。

キャロット&ワンダがペロスペローと戦っていることを知っているのは、ビッグ・マムとマルコだけです。

助っとに行けるとすれば、マルコですが、マルコは現在大看板のキング&クイーンの2人を相手にしているため、助っ人に行くのは不可能でしょう。

マルコがライブフロア内に来た際、麦わらの一味メンバーは、ゾロ、チョッパー、ロビン、ブルックがいました。

ゾロは屋上へ行き、チョッパーは、薬を作っている最中。

マルコと接触した、ロビンとブルックであれば、キャロット&ワンダの戦闘をマルコから聞き、助っ人に行けそうですね。

ロビンは、ブラックマリアと戦闘中のサンジと交代しそうなので、ブルックが助っ人に現れ、ペロスペローとの戦闘になるのではないでしょうか?

ブルックであれば、ホールケーキアイランドでペドロを亡くしたキャロットの悲しみも共有しているので、ペロスペローとの因縁の対決もありそうですね!

 

ワンピース1001話ネタバレ予想②サンジvsブラックマリア

鬼ヶ島城内3階にて、戦闘中のサンジvsブラックマリアにも進展があると予想します。

以前から噂になっていますが、サンジは、女性を蹴ることができないため、ブラックマリアとは戦えないと考えられます。

サンジvsブラックマリアが最後に描かれたのは、998話【古代種】です。

そこから、進展があるとすれば、おそらく、サンジはブラックマリアに敗北しているはずです。

エニエス・ロビー編で、サンジがカリファと戦闘し、一度敗北しているのと同じ展開ですね。

エニエス・ロビー編では、その後ナミがサンジの代わりにカリファと戦闘しました。

今回ワノ国編で、ナミは飛び六胞のうるティと戦闘になる気配ですので、現状戦闘相手がいないロビンがサンジの代わりにブラックマリアと戦闘するのではないでしょうか?

 

ワンピース1001話ネタバレ予想③おでんの航海日誌を持って、モモの助が動き出す!

幼い頃に父であるおでんを亡くしてしまったため、おでんが何を成し遂げたかったのか正確には分かっていなかったモモの助。

1000話【麦わらのルフィ】で、ヤマトがおでんの航海日誌を譲り受けたことで、おでんが何をしようとしていたのかを理解することができたと思われます。

航海日誌の内容や核心に触れることはまだ明かされないとは思いますが、今まで守られ、逃げていただけのモモの助がヤマトの助けを得ながらも、ついに動き出すのではないかと思われます。

 

ワンピース1001話ネタバレ予想④vsカイドウ&ビッグ・マム

1000話でついにルフィも屋上に到達し、カイドウへ一撃を食らわせ、大盛り上がりの状態。

屋上での5人の海賊たちとカイドウ&ビッグ・マムのやり取りも必ず描かれるはずです。

1000話では、ルフィの新技が炸裂したため、今度は、他のキッドやキラー、ロー、ゾロたちにも見せ場があるのではないでしょうか?

キッドやキラー、ローは修行していたシーンがありませんでしたが、ゾロに関しては、武装色の覇気を強化していることも考えられます。

しかも、新しく閻魔を譲り受けていることからも大幅な戦力アップをしていると予想されるますし、覇王色の覇気を披露することもあるかもしれませんね。

 


ワンピース最新1001話ネタバレ確定速報

1001話のネタバレ確定の速報が入ってきたため、簡単に情報をお届けしようと思います。

 

ワンピース1001話ネタバレ速報①:タイトル【鬼ヶ島怪物決戦】

1001話のタイトルは、【鬼ヶ島怪物決戦】でした。

海賊たちの頂点の戦いと言っても良いカイドウ&ビッグ・マムの戦い。

四皇であるカイドウとビッグ・マムは、もちろん怪物ですが、対抗する超新星のルフィ、キッド、ロー、ゾロ、キラーも怪物級の強さを持っています。

これから起きる戦いにふさわしいタイトルですね!

また、麦わらの一味らが戦う飛び六胞のメンバーもゾオン系古代種の能力を持っており、まさに怪物です。

麦わらの一味vs飛び六胞の戦いも一部描かれるかもしれません!

 

ワンピース1001話ネタバレ速報②:ルフィの強化された覇気

前回の1000話で、ルフィが披露した新技「ゴムゴムの業火拳銃(レッドロック)」。

思いっきりカイドウに直撃し、さらにヒョウじいから教わった強化された武装色の覇気を纏っていたため、カイドウにダメージを与えることに成功します。

ワノ国編序盤で、ルフィがカイドウと戦った際は、まだ強化された覇気を習得していなかったため、カイドウに対してダメージを与えることができませんでした。

当時は、カイドウに敗北し、兎丼に捕らわれてしまうことになります。

それから鬼ヶ島で対峙するまでの短期間での急成長にカイドウは驚きを隠せません。

焦るカイドウは、ルフィの背後に、ロジャーや白ひげ、おでん、ジーベックなどの伝説の海賊たちの影を見ます。

ルフィの強化された覇気に驚いたのは、カイドウだけではありません。

ワノ国編では仲間とは言え、別行動を取っていたゾロもルフィの覇気を自分の覇気と違うことに気付きます。

キッドもまた同じようにルフィの覇気の違いを感じ取っていました。

 

ワンピース1001話ネタバレ速報③:カイドウの反撃

対するカイドウもやられっぱなしではいられません。

カイドウの必殺技とも言える「雷鳴八卦」がルフィを襲います。

ルフィは、覇気で未来予知し、カイドウの雷鳴八卦を回避。

しかし、攻撃が来ると分かっていても、カイドウの攻撃のあまりの速さに回避しきれず、ルフィは少し攻撃を食らってしまいました。

 

ワンピース1001話ネタバレ速報④:ゾロの新技!狐火流を披露!

カイドウの攻撃を少し食らったルフィの元には、プロメテウスを引き連れたビッグ・マムが!

ゾロは咄嗟にルフィを援護するために、飛び出します。

炎でできているプロメテウスに対してゾロが狐火流を披露し、ぶった斬ってしまいました。

狐火流と言えば、錦えもんが使用していた技で、炎を切り裂くことができる流派です。

錦えもんの剣術を使用したゾロに対し、ルフィも嬉しそうな表情を見せながら驚きます。

 

ワンピース1001話ネタバレ速報⑤:ローがルフィを救出

ゾロの援護のおかげで、ビッグ・マムからの攻撃を凌いだものの、続けてカイドウが再度ルフィに攻撃を仕掛けます。

続いてルフィを援護したのは、ローです。

オペオペの実の能力を使用して、ルフィを移動させ、カイドウの攻撃を回避させました。

前回の1000話で、ローはルフィに赤鞘九人男を安全な場所に移動させるように言われ、オペオペの実の能力で移動させました。

ローは一連の行動がまるでルフィの命令に従ったようで、気に食わなかったようです。

ルフィとローはその場で口論になってしまいます。

 

ワンピース1001話ネタバレ速報⑥:負けず嫌いの男たち

ルフィとロー、そしてキッドまでもが口論に混ざり、争う中、ビッグ・マムが火の玉を飛ばして3人に攻撃を仕掛けます。

四皇の攻撃なので、誰もがビビるはずですが、ルフィ、キッド、ローに緊張感は全くありません。

負けず嫌いの3人は、自分が一番ではないと気が済みません。

誰が火の玉をギリギリまで避けずにいられるのかという我慢勝負を始めてしまいます。

そしてギリギリで避けようとするルフィ、キッド、ローの変顔が披露されます。

戦いの最中に、ふざけたことをした3人は、見事に火の玉の爆発に巻き込まれます。

 

ワンピース1001話ネタバレ速報⑦:ゾロ&キラーも参戦

ルフィ、キッド、ローが勝負をしている間に、ゾロとキラーも戦いに積極的に参加し始めます。

そんな中、ゾロは人斬り鎌ぞうの正体が実はキラーであったことを知ります。

ゾロは人斬り鎌ぞうと一度戦い、勝利していました。

人斬り鎌ぞうとしてゾロと戦った際は、いつも使用している武器とは異なる武器を使用していたキラー。

使い慣れている武器を使用していれば、ゾロにも勝てたはずだと、ゾロに対抗心を燃やしています。

一方でゾロは、武器が変わっても、結果は変わらなかったと発言します。

そして、ゾロ&キラーもカイドウに対して攻撃を繰り出します。

しかしルフィの攻撃のときとは異なり、ゾロとキラーの覇気ではカイドウにダメージを与えることができません。

 

ワンピース1001話ネタバレ速報⑧:超新星の大技炸裂!

先程までふざけていたルフィ、キッド、ローですが、ついに大技を披露。

ルフィもギア4で全力の戦闘態勢に入ります。

3人の大技がカイドウにダメージを与えたかと思いきや、カイドウもまだまだ倒れません。

 

ワンピース1001話ネタバレ速報⑨:カイドウが龍に!戦いが本格化!

カイドウも龍の姿に変化、ビッグ・マムもナポレオンを使用して完全戦闘態勢。

超新星の5人も四皇2人を相手に完全戦闘態勢で、戦いは本格化していきます。

この戦いに勝利し、ポーネグリフを手に入れ、海賊王に一歩近づくのは誰なのか?

1001話はここまでです。

 


ワンピース1001話の考察

ついに1001話が公開されたため、早速気になった点を1つずつ考察していきたいと思います!

 

ワンピース1001話考察①:ルフィの新覇気に驚く者たち

1000話では、ルフィが強化された武装色の覇気を披露し、カイドウにダメージを与えました。

ルフィの新覇気を目の当たりにし、仲間である超新星の4人も驚いていましたね。

ヒョウじいに修行をしてもらっていたことは、ゾロも知っていたようですが、実際に見たのは初めてであった様子です。

またキッドは、兎丼でルフィと一緒でしたが、途中で別行動を取っていました。

そのためヒョウじいの強化された武装色の覇気については見たことがありません。

もちろんカイドウを倒すためにルフィが覇気の修行を行っていたことも知らなかったでしょう。

よく見るとルフィに一歩先を越されて悔しそうな表情をしているようにも見えます。

キラーもキッド同様に、カイドウに対抗できる覇気があることを知らなかったはずですが、笑って楽観的に見えます。

それもそのはず、キラーはSMILEの副作用で笑う意外の感情を失っています。

忘れられそうな設定も忘れず細かく描写されていますね。

キッドとロー、キラーは2年前のシャボンディ諸島で、シルバーズ・レイリーが強化された武装色の覇気を使用して、ケイミーを救ったのを見ています。

そのためキッドとロー、キラーは、今回ルフィが新覇気を披露したことで、何かコツを掴み、カイドウ戦で新覇気を習得するかもしれませんね。

仲間たちも驚いているのですから、もちろん殴られたカイドウも驚きを隠せません。

九里でルフィと戦闘したときとは、まるで別人かのように戦力が上がっていますね。

カイドウにダメージを与えられる人間などこの世にはわずかしかいません。

恐らく、久々にダメージを受け、歴戦の猛者たちのことを思い出したのでしょう。

ロジャーに白ひげ、おでんやジーベック、そしてシャンクス。

長年、海賊として活動し、四皇に君臨しているカイドウがルフィに対して伝説の海賊たちの面影を感じたというのは、かなりの説得力があるはずです。

ルフィの成長が嬉しく感じますね!

 

ワンピース1001話考察②:楽しそうなカイドウ

ルフィの成長に驚くカイドウでしたが、その一方どこか楽しそうにも見えます。

カイドウがルフィに反撃をする直前の笑み、そしてルフィがカイドウの雷鳴八卦を避けた後の笑み。

久々にカイドウとまともに戦える相手が現れ、戦いを楽しんでいるのでしょうか?

さすが、四皇の器です。

 

ワンピース1001話考察③:ゾロの狐火流

ルフィへの猛攻はビッグ・マムからも!

プロメテウスを使用し、天上の火(ヘブンリーフォイア)が炸裂します。

そこで新たに新技を見せたゾロ。

錦えもんの狐火流、焔裂きを披露します。

ゾロいわく、「盗んだ」とのこと。

炎を斬ることができる狐火流を見て、自分の力だけで再現できるのは、ゾロの実力があってこそだと思います。

 

 

ワンピース1001話考察④:ローがルフィに伝えたかったこと

1001話の冒頭で、ルフィの新覇気を見たローは、周りが驚きの感情を出しているのに1人だけ怒りの感情とも取れる表情をしていました。

「一言…言わせて貰わなきゃな」

新覇気を習得したことについて、ルフィに物申すのかと思っていましたが、どうやら違うようです。

1000話でルフィは、赤鞘九人男たちを避難させるため、ローに安全な場所に移すよう指示していました。

ローは、ルフィの言うことを聞き、部下になったようで、不本意だったようです。

ワンピースでは、戦闘中にキャラクターたちがふざけることはよくありますが、ついにローまで戦闘中にふざけはじめましたね。

ローも麦わらの一味と少しの間、冒険したことでキャラが変わりつつあるような気がします。

ローがルフィに対抗心を燃やしているのは、ルフィを助けたことからも読み取れます。

ビッグ・マムの攻撃からゾロがルフィを助けた後、すかさずカイドウがルフィを攻撃してきました。

カイドウの攻撃からルフィを救ったのは、ローです。

助けられるお前は格下だと言いたかったようにも見えますね。

 

ワンピース1001話考察⑤:ルフィ、キッド、ローの喧嘩

ローがルフィに対抗心を燃やし始めたことで、誰が格下なのかという論争が巻き起こりました。

ビッグ・マムから飛んでくる火の玉に手を出した者が格下というゲーム。

初めは相手にしていなかったキッドとローですが、ゲームに乗らないならお前らが格下だと言い張るルフィ。

プライドの高い3人ですから、もちろん誰もビッグ・マムの攻撃に手は出しません。

誰も手を出さなかったので、もちろん火の玉が爆発し、3人ともダメージを受けました。

これには、いつも冷静なゾロもツッコまざるを得ません。

真面目な展開が続いていましたが、久々にワンピースらしい戦いが描かれたような気がします。

 

ワンピース1001話考察⑥:キラーの武器名が判明

1001話でしれっとキラーが使用している武器の名前が判明します。

その名も「パニッシャー」

直訳すると処刑人、でしょうか。

キッド海賊団は今まで、海賊王を目指し、旅をしてくる中で、色んな者たちにバカにされたと言います。

バカにされるたびに、力でねじ伏せて倒してきました。

まさにキラーのパニッシャーは、キッド海賊団の一員らしい名称だと感じます。

自分たちをバカにしてきたやつをまさに処刑してきたのです。

キラーの笑い方は特徴的で、SMILEを食べてからは副作用でキラーの特徴的な笑い方が描かれるようになりました。

キラー自身も自分の笑い方が嫌いで、いつしか笑わなくなり、仮面で顔を隠すようになります。

笑い方をバカにしてきたやつらもきっと処刑してきたのでしょうね。

 

ワンピース1001話考察⑦:ゾロ覚醒の伏線

ゾロとキラーがカイドウに攻撃を仕掛けた際、ルフィ程の驚きはなかったものの、カイドウは「さすがだ…!!」と口にしています。

その際、カイドウはゾロとキラーの攻撃を受けて、「ズキン…」という痛みの擬音が描写されています。

ダメージを食らっているようには、見えませんでしたが、カイドウと反応と「ズキン…」という擬音から全く攻撃が効いていない訳ではなさそうです。

錦えもんの狐火流を見て、盗んだゾロですから、ルフィの強化された武装色の覇気もカイドウ&ビッグ・マム戦で習得するかもしれません。

見ただけで習得できることを描くために、1001話でゾロが狐火流を習得したことが描かれたのかもしれませんね。

ゾロの攻撃を受けたカイドウのリアクションの後、ゾロは、「もう少し解放しなきゃな”閻魔”…」と発言していることから、閻魔の力をまだまだ100%引き出せていないと考えられます。

ゾロ自身もまだまだ強くなれると確信しているということです。

ゾロの覇王色の覇気覚醒も期待されているため、カイドウとの戦いで何らかゾロの成長が分かる描写がありそうです。

 

ワンピース1001話考察⑧:タイトルの怪物とは…

ルフィ、キッド、ローの大技披露シーンは、まさに怪物!

ギア4状態のルフィと磁気魔人(パンクロットン)を使用しているキッドは容姿が怪物。

ローは能力を使用し、ガレキを浮かせ、その景色はまさに世紀末のようです。

そして怪物たちは3人だけではありません。

ゼウスやプロメテウス、ナポレオンを操るビッグ・マムに龍の姿になったカイドウ。

屋上で戦う人物全員が怪物。

まさに「鬼ヶ島怪物決戦」です!!!

 


ワンピース1001話の感想

カイドウ&ビッグ・マムとの対峙で大盛り上がりを見せた1000話。

一旦カイドウ&ビッグ・マム戦意外が描かれるかと予想していましたが、むしろカイドウ&ビッグ・マム戦のみを描く熱い展開でした。

ワンピースには色んな謎があり、色んな伏線がありますが、今回のキラーの武器名が判明したように、あまり期待していなかった本編とは関係ない新情報が出ることも意外とファンの方は興味深かったりしますよね!

あと、今回意外と驚いたのがゾロの狐火流習得です。

実はゾロ、魚人島編直前にこんなことを発言していました。

「おれはいつか欲しいと思ってる…「炎分ソード」」

第604話【深層へ】で、塩分濃度について話をしている際のゾロの発言です。

塩分濃度のことが分かっていないゾロの無知さが露呈したネタなのですが、炎分ソードの意味を考えてみると「炎を分ける剣」になります。

まるで狐火流のことを指しているみたいですよね。

そして1001話で狐火流を習得し、見事に炎分ソードを手に入れたゾロ。

およそ400話かけて伏線が回収されました。

忘れかけていたようなちょっとした小ネタですが、今回の伏線回収は感動しましたね!

 

ワンピース1001話へのファンの声

ワンピース1001話を見たファンの声を紹介していきます。

 

ワンピースをお得に読める電子書籍サービス比較
サービス提供会社 無料・特典 無料期間 特徴
U-NEXT 1冊 31日 600P付与/40%還元/映画・アニメ・成人動画/雑誌70誌見放題
music.jp 1冊 30日 600P付与/10%還元/動画クーポンあり/音楽充実
FODプレミアム 最大2冊 14日 最大1,300P付与/20%還元/DL不可
ebookjapan 6冊半額 なし 月額定額0円/初回50%OFF6冊まで/アプリ高機能/無料まんが2000冊↑
まんが王国 1冊半額 なし 月額定額0円/初回50%OFF1冊/毎日1pt/クーポン多数/無料まんが3000冊↑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です