ワンピース1006話ネタバレ確定の考察と感想まとめ!ヒョウ五郎散る…ウイルスの脅威でマルコ大活躍!


この記事ではワンピース最新話1006話のネタバレ考察をいち早く紹介する記事となっております。

また新しい情報が入り次第、追記していこうと思います。

この記事では私の考察を含めるのでご了承ください。

 

前回の1005話では、ついにロビンとブルックがサンジの助っ人として登場しました。

ブラックマリアに捕らわれていたサンジは、ブラックマリアからロビンを呼ぶように言われていました。

サンジはロビンを呼ばないのではないかと敵側も心配していましたが、サンジはロビンに助けに来てもらえるよう懇願。

ロビンとブルックがサンジを助けるためにブラックマリアのところまで来てくれたのです。

ロビンがブラックマリアに負けるはずがないという信頼関係が表れていましたね。

また大看板のジャックが復活し、赤鞘九人男の元へ向かっていたり、隠れていたヤマトたちの居場所がバレてしまったりとピンチも描かれました。

1006話では、どのような展開が待ち受けているのでしょうか?

 

『ワンピース』前回1005話ネタバレ考察ついにロビンが助っ人に!ジャックが復活!

 

ONE PIECE97巻を無料で読む

ワンピース97巻

 

無料で今すぐ読む

 

ワンピースの全伏線、回収開始!!

今まで張り巡らされた、全ての伏線がどのように回収されていくのか

今後のワンピースの展開から目が離せません!

 


ワンピース1006話ネタバレを予想!

それでは、1006話がどのような展開になるのか早速ネタバレ予想をしていきたいと思います。

ワンピース1006話ネタバレ予想①:ロビンvsブラックマリア

1005話でロビン&ブルックがサンジの助っ人に現れ、無事サンジの救出に成功しました。

ロビン&ブルックvsブラックマリアの戦闘構図で終わっていましたが、1006話では戦いの続きが描かれるのではないかと思われます。

また、1005話では、ブラックマリアに対して、ロビンがかなり強気の姿勢でした。

サンジが恥を捨て、ロビンを信用して、遊郭に呼んだことを考えれば、ブルックと共闘してブラックマリアを倒すよりも単独で戦闘に臨むのではないでしょうか?

つまり、1006話でブルックも何らかの理由をつけて、遊郭から離れて戦線離脱。

ロビンvsブラックマリアの戦闘になっていくと思われます。

 

ワンピース1006話ネタバレ予想②:ヤマトらの安否

ヤマト、しのぶ、モモの助も上手く姿を隠していましたが、メアリーズによって、見つかり再び追っ手に追われ始めました。

モモの助を守るために、安全な場所に逃げたかったしのぶ。

しかし、ヤマトはモモの助を安全な場所(自身の服の中)に隠し、追っ手との戦いに臨みます。

1006話では、追っ手と逃げながら戦う中で、別の強敵と遭遇するのではないかと思います。

その相手とは、クイーンではないでしょうか?

1005話で、それぞれの戦闘状況が少し描かれた際、ライブフロアでマルコと戦闘中と思われていたクイーンの姿は描かれていませんでした。

百獣海賊団側としては、モモの助を殺して、光月家を完全に滅ぼすということが、重要な任務になります。

また、赤鞘九人男の息の根を止めることも重要ですよね。

赤鞘九人男の元へは、ジャックが向かっていました。

キングについては、現在マルコと戦闘中で持ち場を離れられないでしょう。

となれば、もう1つの重要任務、モモの助抹殺をクイーン自ら遂行するはずです。

モモの助と側には、ヤマトも付いています。

ヤマトも相当な強さがあるはずなので、大看板のクイーンをヤマトにぶつけてくるのではないでしょうか?

 

ワンピース1006話ネタバレ予想③:赤鞘九人男を守れ!

赤鞘九人男を狙って、復活したジャックが動き出しています。

ジャックは一度、赤鞘九人男に敗北しているため、何としても赤鞘九人男を倒したいはずです。

そんな赤鞘九人男を守るために動き出したのが、麦わらの一味のサンジ。

いずれ、サンジvsジャックの戦闘構図になると思われますが、1006話ではまだ描かれないと思います。

1006話は、ジャックが赤鞘九人男の元へ辿りつき、赤鞘九人男を看病している謎の人物の正体が明らかになって終わるのではないでしょうか?

 

ワンピース1006話ネタバレ予想④:赤鞘を守る人物の正体とは!?

赤鞘九人男を守る人物については、様々な意見が飛び交っていますよね。

エネルではないか?日和ではないか?はたまたトキではないか?

確かにエネルのような影が描かれているのも確かですが、エネルがこのタイミングでワノ国に来て、赤鞘九人男を助ける意味がありません。

エネルの再登場はファンの中でも期待されているものの1つですが、今エネルが再登場することはないと思います。

また赤鞘九人男を保護しているシーンが描かれた際、錦えもんに比べてかなり体格が小さく描かれていました。

錦えもんの身長は295㎝です。

対して、エネルの身長は266㎝。

エネルの方が身長は小さいですが、そこまで体格差がある訳ではなさそうなので、見た目から考えてもエネルではなさそうです。

体格で考えれば、錦えもんよりもかなり小さいことから、女性キャラクターである可能性の方が高いと思われます。

光月トキ、もしくは光月日和の可能性がやはり高そうですね。

鬼ヶ島の戦いで、光月家の血族がかなり重要な扱いを受けていますし、戦えなかったとしても日和自身何か力になりたいと考えているはず。

お玉も何か力になりたいと単独で鬼ヶ島に潜入しました。

日和が鬼ヶ島に潜入していても何ら不思議ではありません。

もしかしたら、お玉と一緒の船に乗って、日和も鬼ヶ島に潜入したのかもしれませんね!

 


ワンピース1006話のネタバレ確定速報

ワンピース1006話のネタバレ情報が出ましたので、早速ネタバレ情報をお届けしていきます!

 

ワンピース1006話ネタバレ確定①:タイトル【侠客”花のヒョウ五郎”】

1006話のタイトルが判明しました。

【侠客”花のヒョウ五郎”】

ワノ国のヤクザを取り仕切る大親分という立場のヒョウ五郎ですが、どんな活躍を果たすのでしょうか?

ヒョウ五郎は現在鬼ヶ島ドーム内ライブフロアにて、戦闘しています。

大看板のキングとクイーンをマルコが食い止めたり、ドレークとアプーが戦闘をしたり、氷鬼の抗体を急ピッチで作るチョッパーを狙う者がいたりと最も混戦している場所です。

ヒョウ五郎も抗体を狙う者たちからチョッパーを守るために戦っているはずです。

最近進展のなかったライブフロアでどのような進展があるのか楽しみですね!

 

ワンピース1006話ネタバレ確定②:逃げるヤマトと追うバオファン

前回、1005話でメアリーズに見つかり隠れ場所がバレてしまったヤマト一行。

百獣海賊団は、光月家を完全に滅ぼすために、何としてもモモの助を見つけ出して殺そうとしています。

開かずの倉庫の扉が開かれ、ヤマトたちがカイドウの部下たちと戦闘する隙をバオファンは見逃しませんでした。

ヤマトとしのぶが開かずの倉庫から出てきたことをすぐに百獣海賊団メンバーたちに伝えます。

モモの助の姿は見ませんが、ヤマトとしのぶと一緒にいるはずだという鋭い分析まで見せました。

バオファンやメアリーズはヤマトたちにとっては何とも厄介な能力を持っていますね。

一方モモの助はどこに隠れているのかというと、ヤマトの服の中に隠れています。

ヤマトは女性なので、モモの助はヤマトの体を見て興奮しています。

また、ヤマトはヤマトで、モモの助を狙う敵を蹴散らし、目立った道を突き進みます。

モモの助を守るために、敵のいない安全な道を進みたいしのぶは、ヤマトの自由奔放さに苦労している様が描かれていますね。

 

ワンピース1006話ネタバレ確定③:サンジが向かう先

1005話で、ロビンとブルックのおかげで何とかブラックマリアの束縛から解放されたサンジ。

大看板のジャックが赤鞘九人男を狙っているため、急いで宝物殿に向かっていました。

しかし、そこでバオファンからモモの助を狙っている旨の通信をキャッチしました。

赤鞘九人男がいる宝物殿は天守裏、一方モモの助たちがいる開かずの倉庫はドーム入口付近にあります。

サンジのいる位置からは真逆に位置する2ヶ所。

サンジは悩んだ挙句、目的地を1ヶ所に絞ります。

サンジが選んだ道はモモの助と赤鞘九人男どちらなのでしょうか?

 

ワンピース1006話ネタバレ確定④:ペロスペローvsキャロット&ワンダが決着!

長らく描かれていなかったペロスペローvsキャロット&ワンダ。

ついに決着がついた模様です。

勝者は何とペロスペローでした。

スーロン化していたキャロットとワンダでしたが、雲で満月が隠れてしまったため、スーロン化が解け敗北してしまったようですね。

いくらスーロン化が解けてしまったとはいえ、スーロン化したミンク族2人を相手に勝利を得たペロスペローにはさすがとしか言いようがありません。

勝利したペロスペローは、鬼ヶ島内に進んでいきました。

 

ワンピース1006話ネタバレ確定⑤:氷鬼の恐怖が再び

チョッパーが抗体を手に入れたことや、氷鬼の弱点が炎であることが発覚し、一時は氷鬼騒動も一段落したようにみえました。

マルコが氷鬼感染者に青い炎を灯すことによって、ウイルスの進行を抑え込んでいましたが、思わぬ持久戦に体力の限界が近づいてきます。

氷鬼の抗体を作るチョッパーを狙う百獣海賊団とチョッパーを守るために戦う侍たち。

ヒョウ五郎やドレークが中心になり、なかなかチョッパーの元へ辿り着けず、戦いが長引いているのです。

そんな中、ヒョウ五郎はウイルスに触れてしまい、氷鬼に感染してしまいました。

氷鬼の影響で、必要以上に力が引き出され、全盛期の頃の力が一時的に戻っています。

体力の消耗も激しい中、自身の命に終わりが近づいていることを悟ったヒョウ五郎。

意識がある内に、ワノ国ヤクザの各郷を治めていた親分たちを招集します。

弥太っぺ、お蝶、綱ゴロー、大マサなどの親分集が久々の登場です。

ヒョウ五郎は、親分たちにもし氷鬼の影響で自我が保てなくなった場合は、自身の息の根を止めるように指示を出しました。

親分たちが動揺し、迷いが生じる中でも、敵は待ってはくれません。

最後の力を振り絞って敵を蹴散らしていくヒョウ五郎。

おでんと共にカイドウらに歯向かうことができなかったことをずっと後悔していましたが、錦えもんらがおでんの意志を継ぎ、討ち入り作戦を成功させました。

そして、ルフィという心強い弟子も現れ、ワノ国の未来は明るいんだとヒョウ五郎は確信しています。

 

ワンピース1006話ネタバレ確定⑥:マルコvsキング&クイーン

最後の力を振り絞り、ライブフロアで奮闘するヒョウ五郎。

ライブフロアにいるカイドウの部下たちを絶滅させる程の勢いを感じさせました。

大看板のクイーンがヒョウ五郎を狙って攻撃しようとしますが、すかさずマルコがそれを制止します。

ライブフロアにいる侍たちに攻撃したいなら、まずはマルコを倒してから。

侍たちは完全にマルコに守られています。

クイーンからの攻撃を避け、キングの攻撃で羽を片方切断さるマルコ。

バランスを崩したかと思いきや、着地をすると自信の青い炎を操り、攻撃に転じます。

「青炎雁(ブルーバード)!!!」

マルコの新技がキングに炸裂し、吹き飛ばしました。

吹き飛び倒れるキングの元に、すぐさま突撃し、猛追するマルコ。

マルコを倒そうと反撃に転じようとしたクイーンですが、マルコの方が一枚上手です。

クイーンにも飛び掛かり、吹き飛ばしてしまいます。

順調そうに見えるマルコですが、大看板2人を相手にし続けるのは、やはりきついようで、マルコの体力も限界が近そうです。

そこにペロスペローも現れ、マルコにもピンチが訪れます。

 

ワンピース1006話ネタバレ確定⑦:ヒョウ五郎…散る……!

チョッパーが必死に抗体を作る中、ついに体力の限界が訪れます。

氷鬼に感染していた者たちが氷鬼化し暴れ出してしまったのです。

ヒョウ五郎の体力にも限界来てしまいます。

指示を出していた通り、親分たちに自身の息の根を止めてもらおうとします。

体中が凍り付き、とうとう鬼化。

おでんの意志、ヒョウ五郎の意志はしっかりと後世に継がれています。

親分らがしっかりヤクザを今後もまとめ上げていくことでしょう。

1006話はヒョウ五郎が凍り付くシーンで終了します。

 

ワンピースを無料で!
 

ワンピース最新刊を無料で!

3分で無料トライアルへGO

↑1,990円→0円↑

  ワンピースUNEXTスタンピード  

スタンピードを好きなときに

3分で無料トライアルへGO

↑お得に見ちゃう♪↑


ワンピース1006話の考察

ついにワンピース1006話の情報が確定しましたね。

今回も気になった点を深堀りして考察していきます!

 

ワンピース1006話考察①:自由に逃げ回るヤマト

ついに追っ手に見つかり、モモの助を守るために戦いながら逃げるヤマトとしのぶ。

安全な場所に行きたいしのぶですが、ヤマトが敵が多い道ばかり進むので、しのぶがツッコミを入れるシーンが描かれています。

このとき、ヤマトは敵を蹴散らしながら、「しのぶさん!!こっち!!」と誘導しています。

自由に何も考えずに逃げ回っているようで、実はしっかり考えて行動しているのではないでしょうか?

思えばヤマトは百獣海賊団側の人間でしたから、鬼ヶ島内は熟知しているはずです。

敵の配置なども知っていたとすれば、安全な場所にしのぶとモモの助を連れて行こうとしているとも考えられます。

そして、ヤマトはしのぶを誘導して階段を昇っていますね。

階段の先には鳥居も描かれています。

鳥居の先には、城、もしくは建物があると予想されるので、城内に入ろうとしているのではないでしょうか?

 

ワンピース1006話考察②:サンジが選んだ道

赤鞘九人男を助けるために急ぐサンジですが、道中でモモの助としのぶがピンチであるという通信を聞きます。

赤鞘九人男かモモの助としのぶどちらの元へ行けばいいのか迷う中、サンジは「こっちだ!!!」と言って走り出しました。

「こっち」ということは、サンジから見ると比較的近い方に走り出したとも考えられます。

サンジの現在地は城内3階です。

1004話でのブラックマリアの発言から、赤鞘九人男がいる天守裏はそう遠くないように思えます。

一方城内3階から鬼ヶ島ドーム入口まで戻るのは大変ですよね。

しかもドーム入口まで行けたとして、サンジが到着した頃には、モモの助もしのぶもすでに別の場所に移動していると思います。

これらの理由によって、サンジは赤鞘九人男がいる天守裏に行ったのではないでしょうか。

 

ワンピース1006話考察③:鬼ヶ島の向かう先は巨大な山?

今回サンジのシーンとペロスペローのシーンの間に鬼ヶ島のシーンが描かれました。

現在鬼ヶ島は、カイドウが生み出した焔雲に乗って宙を浮いており、花の都を目指しています。

花の都の側には、高くそびえ立つ藤山があり、今回のシーンでは、鬼ヶ島が藤山へ向かっている様が描かれました。

ただ単に鬼ヶ島が都に近づいたことを示す描写かもしれませんが、今後藤山にスポットが当たる伏線になっているのではないでしょうか?

作中では何度かワノ国の地図が描かれています。

都の側に高くそびえ立つ藤山。

こんなに目立つのに、未だ作中で藤山については触れられていません。

もしかしたら、カイドウの真の目的は藤山にあるのかもしれませんね。

藤山にロードポーネグリフが隠されているとも考えられます。

 

ワンピース1006話考察④:氷鬼ウイルスの力

1006話では、ヒョウ五郎が氷鬼に感染してしまったことが発覚しました。

氷鬼ウイルスの影響で、命の限界まで力を引き出され、全盛期の頃の姿に変化しています。

力を引き出すだけ引き出して、自我を失った頃に暴走してしまう恐ろしいウイルスです。

本来眠っている力を引き出すウイルスの効果を考えると、同じく氷鬼ウイルスに感染しているチョッパーはどうなるのでしょうか?

チョッパーは過去にランブルボールを服用しすぎて暴走したことがありました。

新世界編では、暴走チョッパーを何とかコントロールすることに成功し、モンスターポイントとして自身の技にしています。

氷鬼の効果で凍り漬けになってしまえば、自我を失うため、強制的に巨大化し、エニエス・ロビー編のようにチョッパーがまた暴走してしまう可能性もありますね。

もしくは、まだ見ぬチョッパーに隠された力が引き出されるかもしれません。

それは悪魔の実の覚醒です。

ウイルスの影響で、チョッパーの悪魔の実の能力が覚醒してしまえば、一体何が起こるのでしょうか。

抗体を作るどころではなくなってしまいそうです。

今回、ヒョウ五郎や侍たち、マルコまでもがチョッパーが早く抗体を作ってくれるよう願っている描写がありました。

皆、チョッパーに期待していることがわかります。

ライブフロア中の期待を背負うチョッパーは、無事ヒーローになれるのか、それとも暴走し絶望を与えるのか。

チョッパーの今後の動向には目が離せません。

 


ワンピース1006話の感想

皆さんは、ワンピース1006話を読んでみていかがでしたか?

今回の主人公と言えば、タイトルにもなっているヒョウ五郎です。

ワノ国のヤクザを取り仕切っていた大親分ですから、ヒョウ五郎を慕っていた者も多かったはず。

全盛期の力が戻った今はよくても、意識を失ったとき味方に危害を加えるかもしれない。

そうなる前に、味方に自分を殺すように命令するヒョウ五郎。

仲間思いで、自分を犠牲にするところが何とも男らしかったですね。

1006話最後のシーンでは、ヒョウ五郎が凍り付き、完全に鬼になるところで終わりました。

他のヤクザの親分がヒョウ五郎を殺した描写もないため、1007話以降まだヒョウ五郎が生きている可能性もあります。

ワノ国を裏で支えてきた功労者ですから、報われてほしいという気持ちが大きいです。

 

ワンピース1006話へのファンの声

 

ワンピースをお得に読める電子書籍サービス比較
サービス提供会社 無料・特典 無料期間 特徴
U-NEXT 1冊 31日 600P付与/40%還元/映画・アニメ・成人動画/雑誌70誌見放題
music.jp 1冊 30日 600P付与/10%還元/動画クーポンあり/音楽充実
FODプレミアム 最大2冊 14日 最大1,300P付与/20%還元/DL不可
ebookjapan 6冊半額 なし 月額定額0円/初回50%OFF6冊まで/アプリ高機能/無料まんが2000冊↑
まんが王国 1冊半額 なし 月額定額0円/初回50%OFF1冊/毎日1pt/クーポン多数/無料まんが3000冊↑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です