竜とそばかすの姫の前売り券の特典グッズや値段は?発売日や買い方を紹介【※7/1追記あり】


細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』、こちらの作品は様々なクリエイターが関わり、今まで以上に壮大な作品に仕上がっていると話題です。

現実と別の世界を描くことに評価の高い細田守監督の最新作品『竜とそばかすの姫』の前売り券の特典グッズや値段、発売日や買い方、あらすじや見どころなどをご紹介します。

 


竜とそばかすの姫の前売り券の特典グッズは?【※7月1日追記あり】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

『竜とそばかすの姫』細田守最新作@スタジオ地図(@studio_chizu)がシェアした投稿

竜とそばかすの姫の前売り券の特典3つをご紹介します。

特典①特典映像

ムビチケを購入し、キャンペーンページ内にてログインすることで、特典映像を視聴できます。

映像は制作過程で生まれた予告編・ストーリーボード映像となっています。

特典②ビデオ会議用バーチャル壁紙プレゼント

ダウンロードすると、ビデオ会議等で使えるバーチャル壁紙がプレゼントされます。

特典③割引券

特別優待、電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」で使える300円引きクーポンがもらえます。

他にも公開までの間順次公式サイトには「予告編」が続々アップされていき、今から公開まで気持ちもどんどん盛り上がるようになっています。

他にも特典が発表される可能性も高く、今後も『ムビチケ』のサイトは要チェックです。

特典④前売り券特別グッズ【7/1追記!!】

ローソンとミニストップにてムビチケ前売り券とセットで冷感グラスが購入できます。

冷感グラスは、飲み物を入れると絵柄が浮かび上がる仕組みのシークレットデザインです。

3種類あります!!

  • ムビチケ+竜とそばかすの姫冷感グラス+スタジオ地図グラス2個セット 高校生以上 6230円(税込) こども 5530円(税込)
  • ムビチケ+竜とそばかすの姫オリジナル冷感グラス1個 高校生以上 4250円(税込) こども 3550円(税込)
  • ムビチケ+スタジオ地図オリジナルグラス 高校生以上 3480円(税込み) こども2780円(税込)

 


竜とそばかすの姫の前売り券の発売日や買い方は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

よしえ(@f.yoshie)がシェアした投稿

竜とそばかすの姫の前売り券発売日

2021年5月21日より発売開始。

発売当日からSNS投稿での特典受け取りもあったため、たくさんの方がSNS上に投稿しています。

(現在はSNSキャンペーンは終了しています。)

竜とそばかすの姫の前売り券の値段は?

ムビチケ前売り券の値段は 

一般:1500円

子ども:800円

前売り券購入方法

※劇場での前売り券の販売はありません。

購入は『ムビチケ』にて会員登録後、購入可能。

 

ムビチケとは?
全国の映画館で利用できる座席指定可能なデジタル映画鑑賞券です。

対応映画館のウェブサイト上で座席指定(※2)ができ、鑑賞当日は、映画館の自動発券機で入場券を発券するだけでスマートに入場できるチケットサービスです。

 


竜とそばかすの姫の作品情報

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lee(@littlelee1024)がシェアした投稿

『竜とそばかすの姫』のあらすじと見どころについてまとめてみました。

あらすじ

主人公:すず

高知在住の17歳の女子高生すず。

すずは自然がいっぱいの街で父と暮らしています。

すずの母は鈴が幼いころに事故で亡くなり、成長とともにいつしか自分の見た目にコンプレックスを持ったり、父との間にも少しづつ溝ができでしまうなど、次第に現実世界から心の距離をおくようになっていきます。

すずは幼いころから母と歌うことが大好きでしたが、母が亡くなった後は歌えなくなってしまいました

しかし、現実に心を閉ざしていく一方、曲を作ることだけが生きがいとなっていきます。

仮想世界”U”の歌姫「ベル」

そのころ、全世界で50億人以上が集まるといわれる巨大なインターネット上の仮想世界「U」において、すずは「ベル」という名の歌姫として登場することになります。

この『U』という世界では、現実とは違う“もうひとりの自分”がいて、自然とうたうことができたすず。「ベル」は作曲した歌を披露し現実とは違う“もうひとつの世界”で人気者になっていきます。

竜は何者?

そんなとき、突如竜の姿をした何者かが現れます。その竜の姿をした謎の存在とは?

ベールに包まれた竜の姿をした謎の存在が、作品でどう展開されていくのでしょうか。

”U”の世界でたくさんの人に嫌われている竜の姿をした存在。

謎に包まれたままですが、すずとの出会いは必然、このあたりの謎が解けていくのも楽しみですね。

 

見どころ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゆきを(@passingbyrealworld)がシェアした投稿

音楽

仮想世界の歌姫の物語ということで、音楽に注目が集まっています。

作品の主題歌を担当するのは、King Gnuの常田大希率いる音楽集団“ミレニアム・パレード”

今回リリースする新曲「U」はこの作品のために書き下ろした一曲です。

クラシック出身の本格バンドといわれるKing Gnuは楽曲が音楽性に優れ、大物ぶりが話題の人気バンド。

斬新なメロディーや予想できない楽曲のアレンジが素晴らしく、この主題歌「U」が流れる予告編を見ただけでも劇場で映像とともに是非体感したい気持ちが湧いてきます。

声優陣

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

こうへい(@yoasobi__0925)がシェアした投稿

また声優陣も豪華で、成田凌・染谷将太・玉城ティナなど俳優陣が重要な役どころを担当し、さらにすずの親友役でキーマンとなるヒロちゃんの声優には、幾田りら(YOASOBIのボーカル)が抜擢。

幾多りらは声優初挑戦となるも、細田監督が「今まで聞いたこともないような声、素晴らしい」と大絶賛をしています。

キャラクターデザイン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

『竜とそばかすの姫』細田守最新作@スタジオ地図(@studio_chizu)がシェアした投稿

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオで数多くのキャラクターデザインを手掛けるジン・キム氏。

代表作は、『アナと雪の女王』

どことなくディズニーにでてくるキャラクターの雰囲気が漂う「ベル」。

「ベル」の歌、ダンスなどを表現するのも最高峰のクリエーターが集結して制作にあたっているとのことです。

 


竜とそばかすの姫の前売り券記事まとめ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

L’Amour A La Musique and Prive(@la.musique_prive)がシェアした投稿

最後に予告編で発信されているキーワードをご紹介しておきます。

「オ前ハ、誰ダ?」

「本当のあなたは、誰?」

「もうひとりじゃない」

こういった意味深な言葉たちによって、予告編で想像を掻き立てられます。

前売り券もゲットすれば、さらなる公開前情報もゲットできるので是非購入してみましょう。

現実の世界でもすでに出来上がっていそうな仮想世界や思春期の悩み、本当の自分と外から見えている自分について、物語のメッセージ性が強く発信されてると思います。

謎に包まれた竜の存在がすずにとってどのような人物なのか?謎が早く知りたいですよね!

音楽やアニメーションなど、映画館で鑑賞する醍醐味を存分に味わえそうな作品になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です