サンジの名言・セリフ集を画像付きで一挙紹介!「人は心だろうが」含む15選


今回は、『ワンピース』に登場するサンジの名言、セリフ集を画像付きで紹介していきたいと思います。

 

麦わらの一味のコックであるサンジは女性好きな性格で有名です。

普段は女たらしですが、女性の扱いは丁寧で優しく、女性ファンから圧倒的な人気を博しています。

また料理人として食材を大切に扱い、調理のための腕を傷付けないために、戦闘で足技を使うところはサンジの信念を感じます。

女性を大切にするサンジの名言やセリフを紹介するとともに、口調やしゃべり方、声優についても紹介していきます。

 

それではサンジの名言、セリフ集を紹介していきましょう!

 


サンジの名言、セリフ集を画像付きで紹介!

  • クソうめェだろ
  • 料理人は手が命
  • ……長い間!!!くそお世話になりました!!!
  • レディはソフトに扱うもんだぜ
  • 人は”心”だろうが!!
  • ”女の嘘”は許すのが男だ
  • おれは止める気はねェんで!!!
  • …たとえ死んでもおれは女は蹴らん…!!!!
  • お前がいればロビンちゃんは必ず救えるんだ!!!!
  • 逃げる気もねェし…殺される気もねェし…許す気もねェ……!!!
  • ー神は食物を作り悪魔が調味料を作る
  • 根性だけで逃げ切れる敵じゃねェだろ?
  • 泣いて嫌がるウチの仲間に近寄んじゃねェよ!!!!
  • サニー号に…帰り”たい”……!!!!
  • てめェ”ニコ・ロビン”をナメんなよ…

サンジはここぞというときに活躍し、名言を残します。

名言の残し方と言い、女性を大切にしたり、信念を持っていたり、サンジらしいカッコイイ名言ばかりです。

そんなサンジの名言を1つずつ見ていきましょう!

 

クソうめェだろ

第6巻46話【招かれざる客】で描かれた名言です。

海上レストランバラティエに来た餓死寸前のギン。

ギンはクリークは海賊団の1人で、バラティエで働くコックはギンに食事を出しませんでした。

しかしサンジは困っているなら食べさせるという考えを持っており、皆に内緒でギンに食事を食べさせたのです。

ギンは海賊なのにも関わらず、サンジが食べ物を提供したのは、海で食べ物を無くして遭難する恐怖を知っていたからです。

自身の経験からギンに食事を食べさせるシーンはグッときます。

 

料理人は手が命

第6巻56話【やなこった】で描かれました。

バラティエでサンジは、パールと戦闘になります。

サンジが登場して初めての戦闘シーンで、サンジは主に蹴り技を使います。

サンジが戦闘で手を使わないのには理由がありました。

料理人にとって、手は命同然です。

手がなければ料理ができなくなってしまいます。

戦闘で手を傷付けてしまわないように、サンジは足技で戦うのです。

サンジの師匠とも言えるゼフも同じ信念を持っており、ゼフにならってサンジも同じ信念の元、生きているのです。

 

……長い間!!!くそお世話になりました!!!

第8巻68話【4人目】で描かれました。

サンジはバラティエでの一件を通して、ルフィの仲間になり、旅に出ることを決意します。

料理長のゼフやバラティエのコックとは常に喧嘩ばかりでしたが、サンジにとっては居心地の良い大切な場所です。

普段は感謝など口にしない仲でしたが、サンジが最後の別れ際に感謝を伝えたことで、感動の名場面が誕生します。

普段クールな人間が不格好ながらも感謝を伝えるのは感動しますね。

 

レディはソフトに扱うもんだぜ

第16巻137話【雪崩】で描かれました。

ナミが高熱を出したため、医者のいる場所までナミを連れて雪山を登るルフィとサンジ。

道中でラバーンの群れに遭遇し、襲われてしまいます。

ルフィはナミを背負っており、ナミに負担がかかるために、戦闘しないようにルフィに伝えていました。

雪山での戦闘のせいで、雪崩が起きてしまい、サンジは自身を犠牲にしてルフィとナミを庇ったのです。

サンジの女性を丁寧に扱う姿は見習いたくなりますね!

 

人は”心”だろうが!!

187話【互角】で描かれました。

アラバスタ編でサンジは、Mr.2ボン・クレーと戦闘します。

マネマネの実の能力でウソップの姿になり、同情を誘いますがサンジには効きません。

サンジは人を見た目で判断せず、中身で判断しているため、外見を仲間と姿をしていても意味はないのだと主張したのです。

サンジの主張は共感できるもので、さすがサンジだと思いました。

しかし直後、ボン・クレーがナミの姿になった際、サンジはあからさまにメロメロの態度を取りました。

外見に惑わされないと言っていたサンジはどこにいってしまったのかと思う程の手のひら返しに驚きを隠せませんね。

女好きの悪いところが出てしまいました。

 

”女の嘘”は許すのが男だ

第38巻359話【ビンゴ】で描かれました。

ウォーターセブン編で仲間のロビンがサンジとチョッパーに別れを告げて去っていきました。

その際にサンジがチョッパーに言った一言がこの名言です。

ロビンが嘘を付いていることを完全に見抜き、嘘を付いたことを許すというサンジの優しさと人を見る力、器の大きさが現れた名言でした。

 

おれは止まる気はねェんで!!!

第38巻367話【そげキング】で描かれました。

ロビン救出のため、ロビンが乗る海列車に1人侵入していたサンジ。

海列車には海兵や政府の人間、CP9らがおり、1人で相手にするには荷が重すぎます。

ウォーターセブンにいる他の麦わらの一味と連絡を取り、単独行動を止められました。

しかしロビンが一味から抜けようとする真相を知り、サンジは居ても立ってもいらず、この名言を発します。

ロビンのことを想い、普段クールなサンジが珍しくアツくなっているところにグッときました。

 

…たとえ死んでもおれは女は蹴らん…!!!!

第42巻403話【Mr.騎士道】で描かれました。

エニエス・ロビー編でサンジが最初に戦ったのは、CP9のカリファでした。

しかしサンジは、女性を蹴ることはできません。

何とかしてカリファを傷付けずに戦おうとしますが、敗北してしまいます。

倒れているサンジを見つけたナミは、「本当にまともに戦って勝てなかったの?」サンジに問いただしました。

そこでサンジが言った名言がこの名言です。

サンジはゼフに女は蹴ってはいけないと教え込まれていました。

カリファとの戦闘で自分が殺されそうになってもサンジは自身の信念を曲げませんでした。

サンジの信念を曲げない強さが良く分かる名言でしたね!

 

お前がいればロビンちゃんは必ず救えるんだ!!!!

第43巻414話【サンジvsジャブラ】で描かれました。

カリファとの敗北から復活したサンジはゾロやウソップの助っ人として現れました。

カクと戦うゾロですが、ウソップはジャブラには強さで敵いません。

ウソップの代わりにサンジがジャブラと戦うことになりますが、ウソップは自身の弱さから迷惑をかけているのではと考えてしまいました。

そんなウソップに対してサンジが言った言葉がこの名言です。

ウソップは決して強くなく、戦闘向きではありません。

それぞれができることをこなせば良い

サンジは強いから戦います。

ウソップは戦えなければ、他の分野で活躍すれば良いのです。

ウソップは狙撃の腕では誰にも負けません。

ウソップの狙撃の腕があれば、ロビンが救えるということを言いたかったのです。

その後、ウソップは狙撃の力を利用してロビンを救出するという大活躍を見せました。

ウソップの力を信頼しているところも良いですよね!

 

逃げる気もねェし…殺される気もねェし…許す気もねェ……!!!

第43巻415話【ヒートアップ】で描かれました。

エニエス・ロビー編でジャブラと戦うサンジ。

ジャブラは戦闘の中で、ロビンのことを悪く言うなどサンジをかなり煽っていました。

ジャブラが持つ手錠の鍵を手に入れたサンジはジャブラに用ありません。

ジャブラを置いてロビンの元に逃げることもできました。

そこでサンジがジャブラに言った一言がこの名言です。

逃げも隠れもしない。

ロビンを馬鹿にした発言を決して許さないというサンジの内なる闘争心や怒りがよく分かる名言でした。

 

ー神は食物を作り悪魔が調味料を作る

第43巻415話【ヒートアップ】で描かれました。

エニエス・ロビー編のジャブラとの戦闘終盤。

サンジは「悪魔風脚(ディアブル・ジャンプ)」と呼ばれる新技を披露します。

摩擦によって、サンジの脚は高熱を帯び、高威力の蹴り技を繰り出すことができます。

サンジの蹴りのスピードが速ければ早い程に火力は増し、威力も増すのです。

新技でジャブラを撃破したサンジが言った決めゼリフが名言になりました。

 

根性だけで逃げ切れる敵じゃねェだろ?

第44巻第429話【完敗】で描かれました。

エニエス・ロビー編終盤、バスターコールの攻撃を避けながら、海軍と戦う麦わらの一味。

その際サンジは姿を消しており、どこにいるのか分かっていませんでした。

バスターコールによって絶体絶命のピンチに陥りますが、メリー号が助けに来てくれたのです。

海軍はメリー号を狙って砲撃を繰り返しますが、正義の門が閉じたため、海流がおかしくなり、海軍の船は舵がきかなくなります。

正義の門が閉じたのは実はサンジの仕業で、姿を消していた間に暗躍していたのです。

ピンチのときに頭を使い、周りを見て状況判断できるところがカッコイイですよね!

 

泣いて嫌がるウチの仲間に近寄んじゃねェよ!!!!

第73巻723話【変更作戦】で描かれました。

ドフラミンゴがサニー号の存在に気付き、船を襲おうとした際、サンジはドフラミンゴを止めるために助っ人として現れました。

その際にサンジがドフラミンゴに言ったセリフでした。

ドフラミンゴの襲来で絶望を感じ、泣いていたナミやチョッパー、ブルックでしたが、サンジの助っ人はめちゃくちゃ頼りになったはずです。

新世界編で力を付けたサンジは、七武海に勝つことはできませんが、攻撃を止めることをできたのは成長を感じますね!

 

サニー号に…帰り”たい”……!!!!

第85巻856話【ウソつき】で描かれました。

シャーロット家と結婚を強制され、仲間を人質に取られ逆らえない状態になったサンジ。

ホールケーキアイランドまで助けに来てくれたルフィたちを突き離していました。

しかし本音は麦わらの一味に戻りたいという気持ちを持っています。

突き離したルフィはサンジを信じてずっと待ってくれていました。

信頼してくれているルフィに対してやっと本音を漏らしたことで、サンジはルフィの元に帰ってくることができたのです。

様々な葛藤があって、サンジが涙ながらに本音をこぼしたシーンは、名場面でした。

 

てめェ”ニコ・ロビン”をナメんなよ…

1005話【悪魔の子】で描かれ、まだ単行本には収録されていません。

ワノ国編ではサンジはブラックマリアと対峙しますが、女性を蹴れないサンジは捕まってしまいます。

ブラックマリアは古代文字を解読できるロビンを捕まえたいと考えており、ロビンをおびき寄せるようにサンジに言ったのです。

ブラックマリアの発言を聞いてサンジは、ロビンをおびき寄せたとしても、ブラックマリアは勝てないと信じていました。

そこでサンジがブラックマリアに言った発言がこちらです。

ロビンもサンジもそれぞれ、仲間に本音を言えず、一度麦わらの一味を抜けようとしていました。

しかしルフィが信じてくれたおかげで、仲間に本音を伝えることができ、麦わらの一味に戻ってきました

そんな2人がお互いに信じあい、助け合うのは感慨深いものを感じます。

 


サンジの口調やしゃべり方は?声優も紹介!

サンジの声は大人っぽく、セクシーさもある声をしています。

口調は乱暴で、不良っぽさがありますが、女性には紳士的なしゃべり方をしています。

そんなサンジの声を担当しているのは、平田広明です。

他にもジョニー・デップやマット・デイモンなどの吹き替えを担当もしていることで有名です。

低い声の中にセクシーさや色気のある声で女性人気の高いキャラを演じることが多い印象です!

 


サンジの名言・セリフ集を画像付きで一挙紹介!口調やしゃべり方、声優も紹介!のまとめ

今回はサンジの名言、セリフ集を画像付きで紹介し、口調やしゃべり方、声優についても紹介してきましたが、いかがでしたか?

サンジはカッコ良くキメているシーンと女性に優しくするシーン、女性にメロメロになっているシーンとテンションなどによって、キャラが変わります。

そのギャップがカッコ良かったりするんですよね。

女性に優しいことはもちろん、クールさの中に灯るアツイ感情なども良いギャップを出していると思います。

新世界編では戦闘描写も意外と少なく、スポットが当たっていないので、これからの活躍に期待です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です