逃亡医Fのロケ地の撮影場所調査!横浜港や警視庁城北警察署目撃情報から場所を特定


2022年1月15日から始まる日本テレビ系新土曜ドラマ「逃亡医F」。

原作は伊月慶吾・佐藤マコトによる新感覚サスペンス医療漫画です。

原作では同僚の女性医師を屋上から突き落とした容疑者として指名手配中の主人公・藤木圭介(偽名:鳴海健介)が日本各地を回ることになります。

事件の真相解明のために日本各地を転々とする様子を、ドラマでも原作と同じロケ地で撮影しているのか気になるところですよね。

そこで今回は目撃情報などからドラマ「逃亡医F」のロケ地の撮影場所についてご紹介していきます。

 


逃亡医Fのロケ地の撮影場所はどこ?

日本テレビ系新土曜ドラマ「逃亡医F」のロケ地の撮影場所について考察していきます。

 

逃亡医Fのロケ地①船上

1つ目のロケ地は船上です。

この寒空の中船上で撮影というのはとても大変そうですね…

原作でも第1話は清掃員として船に乗り込むところから始まりました。

原作では実在する横浜港に船があるという設定でした。

実際の船上ロケは新潟県で行われているようです。

横浜港だと波の荒い太平洋になるので、比較的穏やかな日本海は撮影向きかもしれませんね。

もしかすると「自分の家の近くだった!」ということもあるかもしれませんので、ドラマの映像をぜひ楽しみにしていてください!

 

逃亡医Fのロケ地②駒沢通りにあるマンション

2つ目のロケ地は東京都の駒沢通りにあるマンションです。

駒沢通りは東京都渋谷区の渋谷橋を起点に、目黒区を経由し世田谷区上野毛で環八通りに接続する約10㎞の道路です。

「マンション」だけでは詳しい場所まではわかりませんが、原作でも東京中心部のシーンはたくさん出てくるのでどこかで撮影現場を目撃することがありそうですね。

 

逃亡医Fロケ地③志賀高原

3つ目のロケ地は、長野県下高井郡山ノ内町とその周辺一帯に広がる志賀高原です。

原作では全3巻のうち1巻の後半あたりで、主人公・藤木圭介がスキー宿に身を寄せているシーンがありました。

今年は全国的に大雪で大変な中、雪山での撮影は俳優陣・スタッフ陣ともに大変だったでしょうね…

 


目撃情報あり

駒沢通り以外にも「逃亡医F」の撮影目撃情報がありました。

東京都狛江市の狛江市役所です。

原作に登場する「警視庁城北警察署」としての撮影のようなので主人公役の成田凌さんはいないと思いますが、主人公を追いかける刑事役の和田聰宏さん、古屋呂敏さんはここでの撮影も多そうですね。

 

長野県の市内でも目撃情報がありました。

長電バスを使っての撮影だったのでしょうか?

主人公役の成田凌さん、沢井美香子役の森七菜さんがいたようなので見れた人はラッキーですね!

 


まとめ

2022年1月からスタートする日テレ系新土曜ドラマ「逃亡医F」のロケ地・撮影場所についてご紹介しました。

新しいドラマなのでロケ地についてはほとんど情報がなく、SNS上での目撃情報が頼りとなりました。

今のところ東京が多そうではありますが、主人公役の成田凌さんや殺された八神の兄役で主人公を追いかける松岡昌宏さんなどは日本各地で撮影することが予想されます。

ドラマを観て「ここ知ってる!」というところがあるかもしれませね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です