愈史郎の名言・セリフまとめ!名シーンも一挙紹介


鬼滅の刃に登場する鬼にも、実は禰豆子同様に鬼の始祖である無惨の支配から逃れ無惨の抹殺を試みる鬼が存在しており、今後の展開で重要な人物がいます。

その名は珠世と珠世によって鬼になった兪史郎です。

兪史郎は人だった頃、不治の病にかかっており余命残りわずかと宣告されていました。

そのとき出会った鬼の珠世に【人外の存在となっても生きていたいのか?】と尋ねられ、兪史郎は自ら志願

無惨ではなく珠世により鬼になった鬼の中でも異端児の鬼になります。

そんな兪史郎ですが登場シーンは少ないものの、実はなかなかの名言を残しているんです。

今回はサブキャラながら最終話の後の現世まで、ひっそりと生き長らえる兪史郎の名言についてご紹介したいと思います。

 


兪史郎の名言・名セリフを一覧で紹介

  • 鬼じゃないか しかも醜女
  • 怒った顔も美しい……(キュン)
  • 珠世様は今日も美しい きっと明日も美しいぞ
  • あいつらを囮にして逃げましょう!! 冗談です!!
  • 独りで死ぬのは惨めだな

登場回数は限られたものの、さまざまな名言や名セリフがありましたが、その中でも兪史郎らしさが全開で表現されている名言をピックアップしました。

早速兪史郎の発した名言・名セリフでサブ役ながら際立ったキャラクターを見たいと思います。

 

鬼じゃないか しかも醜女

シンプルな一言ながら毒舌満載のこちらはコミック2巻15話で、炭次郎と禰豆子との初対面にて禰豆子に対していったセリフです。

このセリフに対し兄の炭次郎は猛反発し、食い気味に兪史郎に反論し禰豆子の可愛さや美人を主張していました。

確かに禰豆子はヒロイン、醜女どころか可愛いさ満載です。

しかし兪史郎の珠世に対する憧れ以上の崇拝を後に知った私は、このセリフが出たのも仕方ないかな…。

と妙に納得せざる終えませんでした。

 

怒った顔も美しい…

もはや【恋は盲目】という言葉さえも超越してしまったこのセリフも上記同様、コミック2巻の15話で描かれています。

度を過ぎた言動を行う兪史郎に対し、珠世が怒った際に思わず出てしまった心の声なのでしょう。

それほど怒られても兪史郎の心は珠世の存在で一杯だということがわかります。

ここまで想われる珠世も嬉しいでしょうが、これが何百年と続くと考えると…ちょっとその感情が重く感じてしまうのは私だけでしょうか?

 

珠世様は今日も美しい きっと明日も美しいぞ

こちらもコミック2巻15話でのセリフです。

この15話の中でこんなにも名言が出てくるのは珍しいですが、それほど兪史郎の一言一言が強烈な印象を与えることが分かりますね。

鬼の珠世は歳を重ねても見た目の容姿は老けることなく、鬼になったときのまま変わることはありません。

それを踏まえながらのこのセリフですので兪史郎は珠世に対して、永遠に変わることのない想い…恋を超越し崇拝しているといっても過言ではない感情を抱いていると感じました。

 

あいつらを囮にして逃げましょう!! 冗談です!!

味方である炭治郎たちをも平気で裏切る名言にて、珠世をドン引きさせたこちらのセリフはコミック3巻17話です。

このセリフの後に兪史郎は珠世の表情を見るのですが、その言葉も出ない程のドン引き姿をすぐさまキャッチ

このセリフを口にするや否や、すぐさま冗談のように見せようと慌てて訂正しています。

もし珠世の表情が曇っていなければ…。

潔い裏切りながら珠世次第ですぐさま覆る兪史郎を返って可愛いとまで思ってしまいました。

 

独りで死ぬのは惨めだな

この兪史郎とは思えない発言が飛び出し、もっともな言葉に思わずジーンときたセリフはコミック17巻146話です。

珠世にお願いされ、嫌々ながら珠世の傍を離れた兪史郎は鬼殺隊の隊服をまとい隊員になりすましていたところ、因縁の対決である善逸と鬼の獪岳との戦いの場に出くわします。

善逸が編み出した技に不平不満をいう獪岳ですが、この勝負に勝敗はつかず。

共に死んで引き分けだと獪岳は思っていました。

しかしそこに兪史郎が登場し、死にゆく獪岳に向けてもっともな正論を述べて善逸を助けます

獪岳の心に響いたかは正直分かりませんが、読者の心には深くささる言葉だと思います。

 


兪史郎の名シーンを紹介

兪史郎の名言は色々ありますが、どれも基本的に珠代さんありきのセリフが多く、今回はそれを踏まえて、是非絵と合わせて見てほしいと思った名シーンをご紹介していきます。

 

珠世の死を肌で感じて言葉にならない怒りを魅せる兪史郎

こちらは無限城での最終決戦時、兪史郎は鬼殺隊の隊士に紛れ珠世と別行動をしていた際に突如倒れ鬼の形相を見せたシーンでコミック21巻180話に掲載しています。

珠世と兪史郎のカラーコミック表紙から何かが起きると予感はしていましたが、なんと珠世が無惨によって吸収され果てには消滅してしまうのです。

そのとき別行動をしていた兪史郎ですが、珠世の消滅に何かを察知したのでしょう。

言葉にならない奇声に怒りで鬼の姿に戻るのを堪えている場面です。

今すぐ珠世の元へ行きたい気持ちに無惨に対する憎悪、そして珠世と約束した任務とさまざまな思いが巡った兪史郎の気持ちがとても痛いと感じました。

 

ふん お前は死なないと思ってた 珠世様 終わりましたよ…

無惨を滅却したものの炭次郎は無惨によって鬼化し、鬼殺隊の仲間たちに襲い掛かります。

そこで皆は必死に抵抗している最中、鬼の兪史郎は太陽の昇る外で助けることができず、1人部屋の中で炭次郎たちの行く末を見守ることしかできませんでした。

しかしカナヲが持っていた4つめの人に戻る薬のおかげで、無事に炭次郎は人へと戻ることができたのです。

長きに渡る無惨の滅殺に、炭次郎の復活と珠世の願いが見事成就したことを喜び涙を流すシーンはまさに感動ものです。

 


兪史郎の口調やしゃべり方を紹介!声優は誰?

兪史郎の声優を務めたのは山下大輝さん「ポケモン」のゴウ役や「弱虫ペダル」の小野田坂道役をされています。

全体的に高めのトーンで、少年役がぴったりの声優さんです。

兪史郎の見た目は落ち着いた感じでしたが、珠世命とも言える言動には見た目とのギャップが激しくまさに山下さんの声がピッタリハマっていたと私は感じました

珠世以外には冷たく毒舌満載でしたが、この声のお陰でそんなキツイ言葉もスラっと流して聞ける不思議な声の声優です。

 


兪史郎の名言・名セリフに声優や口調・しゃべり方を紹介の記事まとめ

全身全霊で珠世を慕い行動を共にする兪史郎

一歩間違えれば犯罪なのでは!?ともいえる名言やセリフもありましたが、それも兪史郎の持ち味。

サブキャラながら存在感の強いキャラクターです。

実は最終巻のオマケに描かれている現世の中にも画家としてひっそり活動している兪史郎の姿を見ることができました。

長年人として生活するものの言動は昔と変わらず、ツンデレが激しいようです

しかし珠世亡き現世でも、珠世を想い筆を振るう一途な姿に幸せであってほしいと思わずにはいられません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です