禪院真希の強さや能力は?呪力や呪具・伏黒甚爾との関係は?


現在、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「呪術廻戦」。

その中で、主人公・虎杖悠仁の先輩である「禪院真希」

禪院真希は呪術高専東京校の2年生であり、同級生には乙骨やパンダ、狗巻がいます。

身体能力の高さ、身体の強さは東京校随一です。

禪院真希は呪術界における名家である「禪院家」の出身です。

しかし、禪院真希は名家の出自でありながら呪力をほぼ持たないという「天与呪縛」を持つ体で生まれてしまいます。

そのことから、禪院家で虐げられ幼少期を過ごすこととなりますが、禪院真希は「私が禪院家当主になる」といい努力を重ね呪術高専東京校へと入学しました。

今回はそんな禪院真希の強さや能力、使用する呪具を見ていきたいと思います。

 


禪院真希の強さや能力は?

まず禪院真希の強さや能力について見ていきたいと思います。

  • 等級 : 4級呪術師(1級呪術師に推薦中)
  • 能力 : なし(天与呪縛・フィジカルギフテッド)

禪院真希の等級は4級呪術師と位置付けられています。

これは伏黒恵や、釘崎野薔薇より低い等級になりますが、禪院真希の等級は”禪院家”からの嫌がらせにより正当に評価をされておらず活躍をしても上げられない状態でした。

しかし、8巻第62話”起首雷同ー捌ーにて1級呪術師である東堂葵・冥冥の両名から1級呪術師への推薦をされており、同等レベルに戦えると認められています。

また、この際に楽巌寺学長は「1級こそ他の術師延いては呪術界をけん引していく存在」と発言しており、1級呪術師に推薦された禪院真希の強さは呪術界の中でもトップクラスであるということが見て取れますね。

そんな禪院真希ですが、呪力を持たない身体=天与呪縛として産まれました。

よって術式を持つことはなく、天与呪縛に与えられたフィジカルギフテッドによる圧倒的な身体能力を武器に戦闘を行います。

また、肉眼で呪霊が見えず呪力によって呪霊を祓うことができない為、呪具を用い呪霊との戦闘を行っています。

禪院真希は、呪力を持たないながらも努力し至高の存在と言える1級術師に推薦されるまでになりました。

正当な評価を受けないことは非常につらく心が折れてしまいそうになりますが、そんな逆境を跳ね除け認められた禪院真希は尊敬できる存在ですね。

 


禪院真希の使用する呪具は?

それでは、禪院真希がどのような呪具を使っているのかを見ていきましょう。

  1. 眼鏡(めがね)
  2. 屠坐魔(とざま)
  3. 游雲(ゆううん)
  4. 竜骨(りゅうこつ)

禪院真希は現在4つの呪具を使用しています。

その中でも”眼鏡”は呪霊を視認することのできない禪院真希にとってなくてはならない呪具と言えます。

この眼鏡は、東京校2年生の過去編に当たる”0巻”と本編となる2年時では違う眼鏡を使用しています。

”屠坐魔”は、五条悟を経て虎杖悠仁に無断で又貸しされていましたが、1巻第6話の少年院での特級呪霊との戦いにて破壊されてしまいました。

そして”游雲”は禪院真希が多く使用している呪具になります。

主に、京都姉妹校交流会での花御との戦いや渋谷事変の際に登場しています。

游雲の効果として術式の効果は持たないが使用者の膂力を最大限に引き出すことができ、この効果フィジカルギフテッドを持つ禪院真希とは非常に相性が良いと言えます。

また、渋谷事変の際には伏黒甚爾も使用しており、非常に強力な武器となっていました。

最後に”竜骨”ですが組屋鞣造の傑作と言われており、刃で衝撃と呪力を蓄積し使い手の意図に合わせて噴出することができます。

この竜骨は父である禪院扇との戦いで使用されましたが、残念ながらこの戦いでは禪院真希は敗北していまいました。

禪院真希は上記の呪具以外にも名前が出ていない呪具を幾つか使用しています。

これからどのような呪具が登場し、どんな特徴を持っているのか非常に楽しみですね。

 


禪院真希と伏黒甚爾との関係は?

禪院真希と伏黒甚爾の関係性について見ていきたいと思います。

伏黒甚爾は旧姓を「禪院甚爾」といい禪院家の出自でした。

この伏黒甚爾は禪院家の分家の人間であり禪院甚壱の兄弟であるとされています。

禪院真希は宗家である禪院扇の子です。

そのため、禪院真希と伏黒甚爾は遠縁ながらも親戚であるということになります。

今はまだ、禪院家内での関係は親戚であるということのみですが、今後新しい関係が出てくると面白いですね。

そして、禪院真希と伏黒甚爾にはもうひとつ関係性が見られます。

それは禪院真希と伏黒甚爾ともに”天与呪縛”によるフィジカルギフテッドを備えている点です。

禪院真希は妹・真衣を失ったことにより覚醒し1級術師を瞬殺できるレベルの強さを手に入れました。

その禪院真希を見て、「今の禪院家があるのは甚爾さんの気まぐれだ!!気づいてるだろ!真希は今あの人と同じに成ったんだ!!!」と言われています。

このことから、禪院真希と伏黒甚爾のフィジカルギフテッドは同等レベルの強さになったと考えられます。

過去では作中最強である五条悟を一度倒したほどの強さを持つ伏黒甚爾、この力を持った禪院真希がどんな活躍をしてくれるのか楽しみで仕方がありませんね。

 


禪院真希の強さや能力はどれくらい?記事まとめ

禪院真希の強さや呪力、使用する呪具について見ていきましたがいかがだったでしょうか?

禪院真希は渋谷事変の初期頃まではなかなか活躍できませんでした。

ですが、妹の真衣の死によって覚醒したことにより作中最強クラスのキャラクターになりました。

今後、さらに戦いが激しくなるであろう渋谷事変において活躍が期待できますね。

そして、伏黒恵や伏黒甚爾との関係がどのようになっていくのか、禪院家が今後どうなるのかも気になるところですね。

それでは、覚醒した禪院真希の活躍に期待していきましょう。

最後まで見てくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です