善逸の名言・セリフまとめ!声優や口調・しゃべり方を紹介


海外での映画公開も始まりさらに注目の高まる鬼滅の刃。

登場する個性豊かなキャラクターにはそれぞれのキャラ推しファンが存在しており、コラボした商品は即完売してしまうこともある程、人気の漫画です。

今回そんなメンバーの中でもなんと主人公とヒロインを押しのけ、好きなキャラクターランキング堂々の1位にランクインした我妻善逸の名言やセリフをご紹介したいと思います。

鬼殺隊で雷の呼吸の使い手ながら、なんと使える型は【雷の呼吸 壱の型 霹靂一閃】の1つのみ。

才能がないと馬鹿にされ何度も修行場から脱走を企て育手の桑島慈悟郎に何度も説教を食らう程、ヘタレな善逸ですが、そんな善逸のセリフにはどんな名言があるのでしょうか?

 


我妻善逸の名言・名セリフを一覧で紹介

  • 死ぬわ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ ここで生き残っても結局死ぬわ俺
  • やめろ―――っ! なんでそんな別の生き物を見るような目で俺を見てんだ
  • 俺はな ものすごく弱いんだぜ 舐めるなよ
  • 炭治郎…俺…守ったよ…お前が…これ…命より大事なものだって…言ってたから……
  • 俺は 俺が一番自分のこと好きじゃない ちゃんとやらなきゃっていつも思うのに 怯えるし 逃げるし 泣きますし 変わりたい ちゃんとした人間になりたい
  • 禰豆子ちゃんは俺が守る
  • これは俺の型だよ 俺が考えた俺だけの型 この技で いつかアンタと肩を並べて戦いたかった…
  •  こんなのあんまりだ 禰豆子ちゃんどうするんだよ 炭治郎

品性を疑う言葉も数々登場していますが、どんなものがあるのか詳しく見ていきたいと思います。

 

死ぬわ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ ここで生き残っても結局死ぬわ俺

コミック2巻8話で初登場ながら衝撃的な印象を読者に植え付けたのがこちらのセリフ。

善逸のヘタレっぷりが目に余る一言です。

鬼殺隊入隊の最終戦別試験に見事合格するものの何故か絶望的な言葉を発し続ける善逸にちょっと引いてしまいました。

しかし実はこの感覚こそ鬼殺隊主力メンバーにはない感情であり、なくてはならない程のヘタレキャラが確立した瞬間といっても過言ではないかと思います。

 

やめろ―――っ! なんでそんな別の生き物を見るような目で俺を見てんだ

甲斐性なしの善逸に対し、周りの反応が目に浮かぶこのセリフが描かれていたのはコミック3巻20話です。

この回で初めてメインキャラクターの炭次郎をはじめ、善逸・伊之助が初めて顔を合わせるシーンなのですが、多分このときのお互いの印象は最悪…。

よくもまぁ自己主張の強い3人が揃いも揃ったもんだと感じました。

 

俺はな ものすごく弱いんだぜ 舐めるなよ

どんな自慢だよ!!と思わず読みながら突っ込んでしまいそうになるこちらのセリフはコミック3巻20話です。

伝令により鬼のいる住処へ向かう道中、嫌がる女の子の足元にへばり付き離れようとしなかった善逸。

炭次郎が見かねて嫌がる女の子に対し何故そんなことをしているのかと尋ねたところ、隊務で死ぬ前に結婚したいと考えたようです。

どうやら善逸にも炭次郎と同じ隊務が出ていたらしく自分の弱さを認め、死を覚悟しての行動だった模様。

ですが態度の厚かましさや傲慢さに炭次郎の毒舌もフル回転

そのやり取りに思わず笑ってしまいました。

 

炭治郎…俺…守ったよ…お前が…これ…命より大事なものだって…言ってたから……

ヘタレ全開で頼りない善逸ですが、実は優しいところに仲間思いなところがあります

そのシーンで出たセリフがこちらでコミック3巻25話に描かれています。

炭次郎が背負う箱の中に鬼の気配を感じた伊之助は箱を壊そうとしますが、善逸は中の存在に気づきながらも、身を挺して箱を守ります

炭次郎の出す優しい音に隊務違反を犯してまで、共に連れ添う理由を自分で確かめるため伊之助に立ち向かう…ヘタレな善逸とは思えない行動にキュンときてしまいました。

 

俺は 俺が一番自分のこと好きじゃない ちゃんとやらなきゃっていつも思うのに 怯えるし 逃げるし 泣きますし 変わりたい ちゃんとした人間になりたい

冷静に自分の事を見つめ返し、この性分を何とかしたいと漏らす善逸の心の声はコミック4巻33話です。

那田蜘蛛山での戦いで蜘蛛の体をした鬼と出会った善逸。

その異形の姿と異臭のする鬼から四半刻にはお前も同様にこのような姿になるといわれ、恐ろしくなり逃げ回ります

木の上に登り、怖いながらも何とかしてこの状況を打破しようとする善逸の成長がみれ、応援したくなりました。

 

禰豆子ちゃんは俺が守る

女の子なら誰だっていわれて嬉しくならないはずがないこのセリフはコミック7巻60話です。

映画無限列車でも登場するシーンで列車内の人々を守ろうと戦う禰豆子がピンチになったところ眠りについたままの善逸が助けていったセリフです。

女の子のピンチに敏感で、全面的に女の子の味方をする善逸だからいえるのでしょうが、流石善逸!!

折角決まったセリフもその後の鼻ちょうちんで禰豆子もあっけに取られていました。

 

これは俺の型だよ 俺が考えた俺だけの型 この技で いつかアンタと肩を並べて戦いたかった…

普段の善逸では考えられないノーマルな状態で獪岳にいったセリフはコミック17巻145話で描かれています。

雷の呼吸の使い手として日々鍛錬に励んでいた善逸と兄弟子の獪岳

優秀な自分に対し善逸は劣等生。

にも関わらず育手の桑島慈悟郎は善逸ばかりを気にかけているように感じ、不平不満の募った獪岳は鬼へと身を差し出したのです。

これが原因で育手の桑島慈悟郎は切腹

当時の善逸にとって唯一の拠り所だった場所を失ってしまいます。

そんな悲しい思いを胸にいつか獪岳と剣を交わす日の為に、善逸は自分が使える唯一の技をさらにパワーアップさせたのです。

自分は弱者と常に思っていた善逸ですが、人に騙され続けた自分に手を差しのべてくれた師匠のため、また雷の使い手から鬼を出してしまったことへの戒めとして成長した善逸を直に目の当たりにできるシーンです。

 

こんなのあんまりだ 禰豆子ちゃんどうするんだよ 炭治郎

見事無惨との戦いに勝利した鬼殺隊ですが、炭次郎が無惨の血により鬼化してしまいます

太陽の光もすぐに克服してしまい、疲労困憊の鬼殺隊はどうすることもできません。

そんな際に、折角人に戻れた禰豆子を思い一生懸命に語り掛ける善逸のセリフはコミック23巻201話です。

このときばかりはまさかの展開に、子供達そっちのけで夢中になって読み進めました。

 


我妻善逸の口調やしゃべり方を紹介!声優は誰?

甲高い声で奇声を出す耳に残る善逸の声を務める声優は下野紘です。

代表作には弱虫ペダルの鏑木一差に進撃の巨人のコニー・スプリンガーとあり、全体的に見てどこかお調子者で明るい感じのキャラクターを多く演出しています。

善逸の口調としては基本的に【甲高い大声、奇声】の印象が強いのですが、普段と全く違う声色で気絶後に繰り成す雷の呼吸の型をいうときのギャップに、多くのファンは虜になったことでしょう。

 


我妻善逸の名言・名セリフに声優や口調・しゃべり方を紹介の記事まとめ

ヘタレでお調子者ながらネガティブな発言連発と、鬼殺隊の中で見てもちょっと浮いた存在の善逸

そのキャラクターもあって名言や名セリフもそういった類いのものも数多くありましたが、実はとても仲間思いで自分の身を挺してまで炭次郎や禰豆子の手助けをする、実は頼りになるところもあります

そういった普段と全く違うヘタレな善逸と芯を持ち、雷の呼吸の使い手として兄弟子に引導を渡す姿とさまざまな印象を魅せる善逸は、殺伐とした鬼殺隊にとってとても重要なキャラクターなのは間違いありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です