星綺羅羅の術式とは!?男疑惑の真相についても徹底考察!


現在、週刊少年ジャンプにて大人気連載中に「呪術廻戦」。

五条悟救出のため、残された虎杖悠仁達は仲間を集めるために動き出します。

そんな中、虎杖・伏黒のペアは呪術高専を停学処分中の「秤金次」を仲間に引き入れるため、秤の運営するファイトクラブへと潜入します。

しかし、秤と行動を共にする者「星綺羅羅(ほし・きらら)」と伏黒が戦闘になってしまいます。

この星綺羅羅の術式はまだ判明していませんが、”パンダを秤のいる部屋へ近づけさせない”や”伏黒と玉犬をぶつけ離れさせない”といった術式効果が確認されています。

今回はそんな「星綺羅羅」の術式を考察し、性別などのプロフィールについても見ていきたいと思います。

 


星綺羅羅のプロフィールを紹介!

まずは、星綺羅羅のプロフィールを紹介!といきたいのですが、実はまだ情報があまり出ていません。

なのでここでは、現在分かっている情報を見ていきます。

  • 所属 : 呪術高専東京校
  • 学年 : 3年生
  • 性別 : 男

星綺羅羅は秤と同じく東京校の3年生です。

しかし、登場した際の描写を見る限り、こちらも秤と同様学校へは行っていないのではないかと思います。

そして注目の性別ですが・・・

星綺羅羅と遭遇する前のパンダと伏黒の会話から「男」であることが確定しています。

秤の「彼女」として登場している星綺羅羅ですが、まさかの男性ということで、2人の関係がより気になりますね。

今後、2人の関係や星綺羅羅の情報もどんどん出てくると思いますので楽しみで仕方がありませんね。

 


星綺羅羅の術式や強さは?

星綺羅羅のプロフィールを見ていきましたが、ここからは術式や強さについて考察をしていきたいと思います。

まだまだ、確定要素の少ないキャラクターなので妄想に近い考察ですが、私なりに見ていきたいと思います。

 

星綺羅羅の術式を考察!

次の星綺羅羅の術式や強さについて見ていき考察したいと思います。

まず術式についてですが、星綺羅羅の術式はまだ詳細が判明していません。

ですが上述の通り”部屋へ近づけさせない”や”対象同士をぶつけて離れさせない”といった「距離」を操っているかのような描写が見られます。

細かい情報は出ていませんが、SNS等では「占星術」が関係しているのではないか?と噂されています。

簡単に占星術の紹介もさせていただきます。

占星術とは、「星辰の位置や運動にもとづいて地上の自然・人事全般の帰趨(きすう)を知ろうとする学問ないし技術」と説明がありました。

星辰とは星や星座を指します。

星綺羅羅の顎ピアスの形は「南十字座」と同様に配列されています。

このことから、細かい能力は分からないものの、星綺羅羅の術式は”占星術と関係のある術式で、星の位置などと関係づけ対象の距離を操る”といった能力ではないかと予想できます。

まだまだ謎の多い術式ですが、能力の詳細が早く出てほしいですね!

 

星綺羅羅の強さを考察!

次に星綺羅羅の強さはどのようなレベルなのかを考えていきたいと思います。

星綺羅羅は秤と行動を共にしており、その秤は「警備に綺羅羅も出す」と発言していることから、かなりの信頼を寄せていることが分かります。

また、パンダが「もうひとりの3年生の術式が問題でな」と言っており、下級生からも厄介な能力であると警戒されていることが分かります。

さらにパンダ&伏黒との戦闘では、星綺羅羅ひとりで相手をし互角の戦いをしていることから多対一の戦闘においても十分に戦えるだけの戦闘力を持っていることが分かります。

このことから星綺羅羅は「1級術師」相当の強さを持っているのではないかと予想できます。

また、特殊な術式であるということから「特級術師」に近い扱いを受けている可能性もありますね。

五条悟から乙骨と並び称されている秤と行動を共にし、秤とふたりでファイトクラブ運営を行っていることからも、秤と同様かなりの強さを持っていることでしょう。

まだ、味方になるかはわかりませんが、もし味方になったのであれば相当な戦力の増強になることは間違いないでしょう。

今後の展開が非常に楽しみですね。

 


星綺羅羅の術式とは!?男疑惑の真相についても徹底考察!まとめ

星綺羅羅の術式や強さについて考察をしていきましたが、いかがだったでしょうか?

星綺羅羅はまだ、謎の多いキャラクターであり、秤と共に今後の動向が非常に気になるキャラクターです。

あのルックスで「男」である、ということも興味をそそられる一因ですね!

星綺羅羅は秤と共に保守派の人間に抵抗していることから、虎杖たちと共通の認識も持っていそうです。

ぜひ秤と味方になってほしいですね!!

最後まで見てくださりありがとうございました。

 

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です