狗巻棘の素顔がイケメンすぎるけど口を隠す理由はなぜ?


『呪術廻戦』に登場する東京都立呪術高等専門学校2年生狗巻棘。

巷で「イケメンすぎる」「可愛い」「格好良い」と話題になってる彼ですが、普段はハイネックで口元を隠すように覆っています。

あんなに素顔がイケメンなのに口を隠す理由、知りたくないですか?

今回はそんなイケメンすぎる狗巻棘が口を隠す理由を深く追求、考察していきたいと思います。

 


狗巻棘の素顔がイケメンすぎ

アニメ登場前から根強い人気を誇っていた狗巻棘ですが、アニメが始まってからもその人気さは飛ぶ鳥を落とす勢いで上々です。

その中でも1クール代8話「退屈」で後輩である伏黒恵と姉妹校、京都府立呪術高等専門学校3年生東堂葵との戦闘を止めるために発された「動くな」には大きな反響がありましたよね。

隠されていた口元が露わになって、1クールのOPに映る狗巻棘くんとは違い真正面…!

とても迫力がありましたし、彼の格好良さには魅了されました。

 


狗巻棘が口を隠す理由とは?

狗巻棘が口を隠す理由は口元の模様を隠すためではないかと思います。

口元を隠している理由は公式で明記されている訳ではないので、全て考察となりますがご了承下さい。

狗巻の口元の模様を公にし、自分がどんな術式を使用するのかを呪霊に悟られないように隠していると考えられるのではないでしょうか。

またもう一つ理由として考察出来るのは、戦闘時以外は口元を隠しているので狗巻の術式である呪言』を普段の生活で使わないことを意識するためだとも考えられます。

 


狗巻棘の口元と舌にある模様は何?

狗巻の口元と舌にある模様は蛇の目を表す狗巻家の家紋です。
呪印とも呼ばれていますね。

口元の左右にある模様が蛇の目、舌にある模様が牙になります。

狗巻家相伝の高等術式『呪言』を発せられるのはこの模様があるからなんですね。

そこで蛇の目と牙について、考察させて頂きました。

 

蛇の目

生物にも蛇の目の模様を持つ生物がいます。
蛇の目模様は警告色であり、自らが有毒・危険であることを捕食者に伝えることで自分を守るという役割があります。

狗巻自身も視覚的に自身の危険性を周囲(呪霊や呪詛師)に伝えることで自身や仲間を守っているのではないでしょうか。

 

牙は攻撃的なイメージを持ちますよね。

また蛇の目から蛇を連想するのなら、蛇は毒牙を持つ毒蛇が存在します。
毒蛇は神経毒・出血毒を持っています。
他にも溶血毒や細胞毒、心臓毒、筋肉毒などの毒素も含んでいることがあるそうです。

舌の牙の模様術式の危険性や自分の言葉に毒があることを表しているのではないのかと思います。

 


狗巻棘の素顔がイケメンすぎるけど口を隠す理由はなぜ?記事まとめ

いかがでしたか?

狗巻家の人間は口元に呪印を刻むことにより、自身や周囲を守ったり呪言の恐ろしさを強く自覚させられているのでしょうか。

では、狗巻棘がなぜ口を隠しているのかまとめさせていただきます。

  • 口を隠す理由は口元の模様を隠し、自身の術式を呪霊に悟られないため。
  • 狗巻の術式である『呪言』を普段の生活でむやみに使用しないことを意識するため。
  • 口元と舌の模様は蛇の目と牙を表す狗巻家の家紋(呪印)。

 

狗巻にとって口を隠すことは彼なりの優しさや戒めがあるのかもしれませんね。
公式で口を隠す理由が発表されるのが楽しみです。

皆さんは狗巻くんが口元を隠す理由はどうしてだと思いますか?

是非、コメントで考えの方お聞かせいただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です