ワンピースナンバーズの正体は鬼?メンバーの笑い方や大きさ強さを一覧で紹介


今回は、『ワンピース』に登場するナンバーズの正体について、一覧で紹介していきたいと思います。

 

ワノ国編の敵勢力、百獣海賊団に所属するナンバーズ。

ナンバーズは、10人で構成されており、全員が鬼のような容姿をしています。

また体格はかなりの大きさであると予想されています。

ナンバーズの正体は未だに明確な情報がなく、謎の多いキャラクターです。

ナンバーズの存在が語られる際には、かなりの強さであることが匂わされており、麦わらの一味の前に脅威として現れると考えられます。

討ち入り作戦が開始してからは、ナンバーズのメンバーが一部登場し、名前や特徴的な笑い方などが判明しました。

 

それでは、少しずつ明かされるナンバーズの正体を現在判明しているもののみ、一覧で紹介していきましょう!

 


ナンバーズのメンバーを一覧で紹介!

それでは、まずは現在作中に登場し、判明しているナンバーズのメンバーを紹介していきます。

 

四鬼(ジャキ)

四鬼(ジャキ)は、第989話【負ける気がしねぇ】で初登場を果たします。

「ジャキキ」という特徴的な笑い方をします。

ナンバーズの中では、少し小柄で体には肆という数字の4を表す漢字が記されています。

登場時には、ウソップとチョッパーが乗ったブラキオタンク5号を持っていました。

その後、フランキーが放ったラディカルビームが当たり敗北してしまいます。

 

五鬼(ゴーキ)

五鬼は、第989話【負ける気がしねぇ】で初登場を果たします。

「ゴキキキキ」という笑い方をしており、不気味さが増していますね。

容姿もかなり不気味な見た目をしており、首が太く長いのが特徴です。

太い首の割に体は細い印象で、ナンバーズの中でも身長が高く見えます。

991話【死なせてくれ!!】では、鬼ヶ島のライブフロア内で大きな金棒を振り回して暴れ、侍たちを苦戦させました。

そこでゾロが五鬼の金棒をぶった斬ります。

 

七鬼(ナンギ)

七鬼は、988話【待たせたな】で初登場を果たします。

「ナギギギ」という笑い方をしており、他のナンバーズに比べると少し間抜けな顔をしています。

また、ナンバーズの中でも、最も鬼に近い容姿をしており、誰もが想像する通りのモジャモジャの髪に頭には角、そして雷のパンツを履いています。

鬼ヶ島ドーム屋上で、カイドウとジャックが赤鞘九人男と対峙した際、ジャックが率いる軍の一員として、戦いに参戦します。

七鬼が倒された描写はありませんが、その後ジャックを含むカイドウ以外の面々が赤鞘九人男とミンク族たちに敗れたことから、七鬼も敗北したと考えられます。

身長が830㎝もあるジャックを超える身長をしており、20メートル以上の身長であると予想されます。

 

八茶(ハッチャ)

八茶は、981話【参戦】にて初登場し、ナンバーズの中で、最も早くに登場しました。

「ハチャチャ」という笑い方をしており、サングラスを掛け、髪型がマッシュなのが特徴です。

ナンバーズ全体に言えることですが、八茶を見たキッドは巨人族よりも大きいと発言しています。

またナンバーズの中では、最も人間の姿に近く、あまり化け物のような感じがしないのも特徴ですね。

ライブフロア内で暴れていた八茶でした、狭いところでは戦いづらいということで、フランキーが八茶を誘導し、別の場所に移動しました。

移動した先では、ヤマトとササキが交戦中でしたが、八茶の攻撃によって床が落ちてしまったのです。

落ちた床からヤマトも落ちて行きましたが、そのまま、八茶に対して強烈な攻撃を繰り出します。

ヤマトの攻撃は八茶のあごに当たり、八茶はそのまま撃破されてしまいます。

 

十鬼(ジューキ)

十鬼は989話【負ける気がしねぇ】で初登場を果たします。

「ジュキキキ」という笑い方をしており、左胸の辺りに「拾」という漢字が書かれています。

容姿は鬼というよりも化け物そのもので、口の形などはどこかドラゴンを連想させます。

ライブフロア内で暴れていた十鬼でしたが、百獣海賊団を裏切ったドレークが頭上から攻撃し、ルフィの攻撃も合わさってそのまま撃破されてしまいました。

 

???

まだ登場はしていないのですが、笑い声のみが描かれているナンバーズのメンバーもいたため、紹介します。

「くにゅにゅ♡」という笑い方をしており、セリフにハートマークが描かれていることからも女性のナンバーズではないかと考えられます。

笑い方自体はすでに複数回登場しており、9番目のナンバーズのメンバーであると思われます。

 


ナンバーズの正体とは!?鬼の種族なのか?

ナンバーズは、巨人族よりも大きく、容姿も皆バラバラでまるで化け物です。

ナンバーズの正体とは一体何なのでしょうか?

 

実はすでに、ナンバーズの正体について発言されているシーンが描かれました。

989話【負ける気がしねえ】では、ナンバーズを見たビッグ・マムから以下の発言が飛び出します。

カイドウがパンクハザードから買い取ったという古代巨人族の失敗作…!!

 

古代巨人族といえば、スリラーバーク編で登場したオーズが思い出されますね。

また、オーズの子孫であるリトルオーズJrも古代巨人族の血を引いています。

オーズは67メートルという超巨大な身長です。

ナンバーズがオーズと同じ古代巨人族とすれば、巨人族よりもでかいという発言に納得できます。

しかし気になるのは、古代巨人族の失敗作だというところです。

パンクハザードで古代巨人族を使って何らかの研究が行われていたようにも見えますね。

パンクハザードといえば、シーザー・クラウンがSMILEの製造などに関わっていました。

一方、ビッグ・マムからの依頼で人体の巨大化の研究をしていたことも分かっています。

人体の巨大化についての研究のヒントを得るために、古代巨人族を使って様々な研究を行ったところ、古代巨人族の失敗作ができたとも考えられるのです。

人体の巨大化の研究とパンクハザードの古代巨人族には、何か関係がありそうですね。

 


まとめ

今回は、ナンバーズの正体について一覧で紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

ワノ国編での戦い前、ナンバーズはかなり強いように描かれていましたが、いざ登場すると案外弱いとファンから失望の声も聞こえています。

現在登場しているナンバーズは、5人です。

今後残りの5人も登場してくると思われますが、1番~3番のナンバーズについては、未だに登場していません。

数字が低いナンバーズ程強いという設定があれば、今後出てくる1番~3番のナンバーズがかなり強い可能性もでてきますね。

残りのナンバーズの登場を期待して待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です