【暁のヨナ】スウォンの正体は何者?目的や真意と緋龍王に似ている理由とは?


【暁のヨナ】に登場するスウォンというのは、ヨナ・ハクの幼馴染でさらにヨナの従兄弟兼父(イル)を殺した仇というキャラです。

さらに、ヨナの想い人であったという、かなりヨナとの関係性が深いキャラクターとなっています。

普段からほんわかしているのでイマイチ何を考えているのかつかめないスウォンですが、そんな彼の心の奥底にある感情について考えていきたいと思います。

なので、今回は『スウォンの正体(目的や真意)』について考察をまじえてやっていきます。

イル王を暗殺して手に入れた王位で何をするつもりなのか、それは一体誰のためなのか

さらに、ゼノの回想シーンで出てきた初代緋龍王とスウォンが似ているという意見がTwitterやネット上にあったので、そちらの方もまとめていこうと思います。

 


【暁のヨナ】のスウォンの正体は何者?

スウォンの正体についてやっていく前に、彼がイル王を暗殺したその目的や真意について考察をまじえてまとめていこうと思います。

目的

イル陛下を暗殺し、高華国の王となったスウォンの目的…それは高華国を強い国にするためだと考えられます。

イル王時代の高華国は、簡単に言うと『他国に舐められる』ほど弱体化していました。

(隣国には“他国・他部族の言いなりで『臆病な王』”と呆れられ、“国民からは『酷い王』”と評されていました。)

なぜかというと、イル王は戦争や争いを好まず、それを避けるためだけに、自国の領土を譲ったりしていたからです。

その結果、ジュナム王時代で拡大した高華国はみるみるうちに小さくなってしまいました。

さらに、イル王の争いを嫌う精神は『臆病者』と見なされ、五部族をも分裂させてしまい、より高華国を衰退させていったのでした。

それを幼い頃からみていたスウォンは、イル陛下では高華国の民や土地を守れないだろうと判断し、暗殺したということですかね。

イル王を暗殺して自分が王となり高華国を変えるというスウォンの計画はホントに最善策だったのでしょうか。

もしかしたら、違った道もあってそっちだったら、今もヨナ・ハク・スウォンの三人で笑い合えたかもしれないのに…と考えてしまう自分がいますね…。

 

真意

スウォンがイル王を暗殺して何がしたかったのか分りましたが、ここでひとつ疑問が残りますよね。

なぜ、イル陛下を暗殺したのか、ということです。

高華国を強くしたいだけなら、イル王を暗殺しなくても違う方法で出来たはずですよね。

ということは、スウォンの真意は『高華国をどこにも負けない強い国にする事』以外にもあるんじゃないでしょうか。

例えば……(ここから先は完全に私の勝手な解釈です。)

スウォンの父・ユホンを殺したイル陛下への復讐心

34巻の196話で父・ユホンが事故死ではなくイル王の手で殺されていた、という事実を当時9歳だったスウォンが知った時イル王に対して復讐心を抱いてもおかしくはないですよね。

スウォンは、父・ユホンのことを心から尊敬していたみたいですし、尚更ですよね。

しかも、スウォンは母・ヨンヒに「母上も早くイル陛下を殺したいですか?」と無表情で聞いていたので、もしかしたら仇討ちの可能性も無きにしも非ずです。

ただ単に自分には時間がなく手っ取り早く高華国を強くする為には暗殺しかなかった

“緋の病”に罹って時間がないスウォンが考えた苦肉の策がイル王暗殺計画だった、ということですかね。

ただこの場合、スウォンがいつ“緋の病”を発症したのかによって可能性は薄くなります。

この2つのどっちか、もしくは両方の感情がスウォンの中にもあったのではないかと私は考えています。

 


【暁のヨナ】のスウォンが緋龍王に似ている理由

スウォンと初代緋龍王ですが、髪の色は全然違いますが、顔・雰囲気・性格そして振る舞い方など、内側の部分が似ている気がしますよね。

ゼノとスウォンが初対面の時に、スウォンの顔を見て驚くくらいにはそっくりなんだと思います。

ヨナと初代緋龍王が似ているなら、生まれ変わりなんですから当然似ていることでしょう。

ではなぜ、スウォンと初代緋龍王までもが似ているのでしょうか。

そこには、スウォンが『緋龍王の末裔』の一族というのと何か関係しているのかも知れませんね。

初代緋龍王の子孫だから、若干の面影なんかがあるんじゃないですかね。

でも私的には、スウォンと初代緋龍王も似ていますが、ヨナとスウォンもどことなく似ている気がします。

普段ほんわかとしているのに、いざという時の威圧感のある顔だったりとか、あと無自覚にも人を惹き付ける所など、似ていますよね。

 


【暁のヨナ】のスウォンの正体は何者?目的や真意と緋龍王に似ている理由とは記事まとめ

  • スウォンの目的は『高華国を先々代の時のような強い国にすること』。
  • スウォンと緋龍王が似ているのは、子孫だからかもしれない。
  • ヨナ・スウォン・初代緋龍王はどことなく似ている。

と、この3つが今回の『スウォンの正体は何者?目的や真意と緋龍王に似ている理由とは』記事をまとめてみての結果ですね。

今回私が思ったのは、高華国をよくするためだけにイル陛下は殺されたのか、イル陛下が王位を退くだけじゃダメだったのか、この2点です。

スウォンも王族なので、王位継承権を所持しているにも関わらず、なぜイル王を暗殺することにしたのか、気になりませんか?

そもそもイル王暗殺を計画したのは本当にスウォンなのか、それとも参謀長のケイシュクなのか。

まだまだ分らないことの方が多いキャラですが、今後のスウォンに乞うご期待ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です