五条悟の技一覧!術式と領域展開を画像付きで紹介!指の形に注目

五条悟の技・術式と領域展開

【呪術廻戦】で大人気のキャラクター・五条悟の術式や領域展開について紹介していきます。

五条悟は、自他共に認める“最強”なだけあって呪霊達だけでなく呪術界の上層部にとっても目の上のこぶ的存在です。

では、呪術界きっての“最強・五条悟”はいったいどんな術式や領域展開を使うのでしょうか。

彼の使う術式や領域展開はどんな技なのか、その技が初めて登場したのは何巻の何話で誰に使ったのか。

他にも、「五条家」と五条悟の「六眼」についても簡単にまとめてみました。

 

【呪術廻戦】五条悟の技名一覧!

これまでの【呪術廻戦】の中で登場した五条悟の技名を一覧にまとめてみました。

  • 無下限呪術
  • 術式反転“赫”
  • 術式順転“蒼”
  • 虚式“茈”
  • 領域展開“無量空処”

と、このおおまかに分けた5つがこれまでに五条悟が使った技です。

下記でこの5つの技を画像付きで紹介していきます。

 

【呪術廻戦】五条悟の技を画像付きで紹介

ここでは、上記に記した五条悟の技5つを画像付きでもっと詳しく紹介していきたいと思います。

 

無下限呪術

初登場:2巻の14話で漏瑚に使った技です。

収束する無限級数を現実にする術式。

簡単に説明すると、自分の周りに術式で「無限」を作りだし、「無限」に近づくモノ全ての動きを遅くするというものです。

つまり無下限呪術を発動している間は、どんな攻撃も五条悟には当たらないということになりますね。

 

術式反転 “赫” 

初登場:2巻の14話で漏瑚に使った技です。

この技は、無下限呪術を反転させて発動するモノで、無限を「発散」させるイメージ。

回避不能のこの技は、周囲の人も巻き込むほどの攻撃力があるため街中ではあまり使用できません。

 

術式順転 “蒼” 

初登場:9巻の71話で禪院甚爾に使った技です。

この技は、無下限呪術を強化し収束させることで発動するモノで、条件付きではありますがこの技で瞬間移動も可能となります。

漏瑚・宿儺といった強敵にでさえ認識できない速度での殴打の攻撃を繰り出せるのです。

 

虚式 “茈” 

初登場:6巻の52話で花御に使った技です。

この技は、術式反転“”と術式順転“”を合わせた複合術式で、五条家でも限られた人しか知らない術。

それぞれ個別でもかなり強い術式なのに、それを複合することによってさらに破壊力がアップしていますね。

 

領域展開 “無量空処” 

初登場:2巻の15話で漏瑚に使った技です。

この技は、無下限の内側つまり宇宙空間みたいに広がった領域に相手を閉じ込めます。

この領域に入った者は、一般人でも呪術師・呪霊関係なく膨大な情報量が頭に流れ込んでくるため廃人化してしまうのが欠点です。

 

五条悟は他にも5つの術式を応用して「再生」・「瞬間移動」・「絶対防御」・「身体強化」などができます。

 

五条家と六眼の使い手

五条悟は、呪術界の御三家の一つ“五条家”に誕生しました。

呪術界の上層部は御三家の者が担ってきましたが、五条家はこの保守的で身勝手な上層部を好んでおらず、むしろ嫌っています。

そして五条悟は「術式の情報を視認することができる」という“六眼の使い手”なのです。

なので、五条悟が普段から黒い目隠しをしていたのは、六眼の影響を最小限にするためだと考えられますね。

 

五条悟の技一覧!術式と領域展開が最強すぎるの記事まとめ

  • 無下限呪術は五条家の術式
  • “赫”・“蒼”は無下限呪術を応用したり反転させたもの
  • 技の一つ一つが強力
  • 術式の応用で「再生」・「絶対防御」・「瞬間移動」・「身体強化」をしている

と、この4つが今回の五条悟の技一覧!術式と領域展開が最強すぎるの記事のまとめです。

【呪術廻戦】のアニメで五条悟の技を見ると、見惚れてしまうほどキレイです。

技の一つ一つが必殺技みたいに強力で、それが五条悟が“最強”と言われる所以の一つなのかなと思いましたね。

ただ今回の五条悟の技について調べていくうちにわかったことは、「存在自体が天才だったが努力して最強になった男」ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です