離乳食中期でいちごはそのままで種も大丈夫?冷凍方法も紹介!

いちご

離乳食中期に入ったら、そろそろいちごを食べさせてあげたい!

大人も子供もみんな大好きないちごですが、離乳食中期には食べられる?

いちごって種がいっぱいついているけど、そのまま食べさせて大丈夫?

いちごをそのまま丸ごと食べさせてあげて、美味しさを知ってほしいなって思いますよね。

旬の季節になったら冷凍保存して、食後のデザートやおやつにもしたいところです。

色々と気をつけながら離乳食を作っているママにとって、いちごの種や冷凍保存ができるか気になるところ。

次のいちごシーズンがきたら娘にも食べさせたいなと思っている新米ママの私が調べてみました!

 

離乳食でいちごはいつからたべさせていい?

赤ちゃんといちご

甘くて美味しいいちごですが、離乳食初期から食べることができます!

ビタミンCが多く含まれていて風邪予防にもなるので、離乳食にぜひ取り入れたいフルーツです。

いちごの甘味はキシリトールによる甘味なので、ママも安心してデザートやフルーツに取り入れられますよね。

ただし、離乳食初期にいちごを食べさせる場合はいくつか注意が必要です。

注意

・アレルギーが出るかもしれないので、初めてあげるときは加熱しましょう。

・いきなりたくさんあげず、まずはスプーン1匙からスタートです。

初期は種を取り除くため、裏ごししてペースト状にしましょう。

いちごはバラ科の仲間なので、アレルギーが出ると口の中がイガイガしたりします。

あげてみてからしばらくは様子をみて、異変がないか確認しましょう。

アレルギーが含まれるタンパク質は熱に弱いので加熱するとアレルゲンを飛ばして少なくすることができます。

いちごは甘味が強いので、熟しているものなら砂糖を加えずに煮て、自然の甘味のまま食べさせてあげたいですね。

 

離乳食中期でいちごはそのまま大丈夫?

いちご

色々な食べ物を食べ始める離乳食中期ではいちごをそのまま食べることができます。

基本的に果物は生で食べても大丈夫なのですが、離乳食中期に初めていちごにチャレンジする場合は念のため加熱してアレルゲンを少なくすると安心です。

初めは加熱してあげて、何度か食べてみて問題なければ生のいちごをあげてみましょう。

また、食べさせるときの大きさにも注意してください。

まだまだ口の中ですり潰すという感覚なので、フォークで少し潰してあげたり、大きさを調整して食べやすくしてあげてください。

誤って丸呑みしてしまうと、窒息してしまうので目を離さないようにしましょう。

中期になると食の好みが出てきて、美味しいと感じるとたくさん欲しがりますがなんでも食べ過ぎは禁物です。

食べ慣れないものをたくさん食べるとお腹を壊したりするので、欲しがってもたくさんはあげずママが食べる量をコントロールしてあげてください。

 

離乳食中期でいちごの種はどうする?

種

離乳食初期では取り除いていたいちごの種ですが、中期に入ったら種ごと食べさせることができます。

種ごと食べられるようになると、裏ごししなくていいのでママの負担も減って嬉しいところです。

離乳食初期から種無しでいちごを食べていた赤ちゃんはいちごの種にびっくりすることがあります。

私が赤ちゃんのころ、いちごの果汁が大好きだったそうですが、種ごとあげたらつぶつぶがザラザラして気持ち悪かったらしく、ペッと吐き出したそうです。

味には慣れていても食感にはまだ慣れていない場合もあるみたいですね。

これも少しずつ種のある部分を多くしながらあげてみたり、ちょっとずつ種に慣れていくようにしてあげると赤ちゃんもびっくりしないで食べてくれると思います。

ちょっと手間がかかってしまうけど、半分裏ごし半分そのままの状態で混ぜてあげてもいいですね。

そのままガブリと食べられるようになるまで、もうひと頑張りです!

 

離乳食のいちごを冷凍保存する方法

冷凍いちご

旬の時期が短いいちごですが、冷凍保存することができます。

いちごを美味しく保存する手順ですが、いくつかポイントがあります。

  1. ヘタを取らずに、流水でよく洗ってから、キッチンペーパーでよく水気をとります。
  2. ヘタをとって、傷んでいる部分があればそこも切り落とします。
  3. いちごが重ならないようにジップロックに入れます。
  4. 早く低温で冷凍すると美味しさが逃げないので、冷凍庫のパワーを「強」に切り替えます。

自宅の冷凍庫で冷凍保存するときは冷凍庫のパワーを切り替えるのを忘れないようにしてください。

もし急速冷凍機能があれば、それを使うとより早く冷凍できますね。

いちごは解凍すると水分が出てしまい食感が悪くなるので、加熱して食べさせる方がおすすめです。

また、解凍したときに出てくる水分にはビタミンが入っていて捨ててしまうともったいないので一緒に煮込んでください。

冷凍すれば1~2ヶ月は持ちますが、味が変わってしまったりするのでなるべく早めに食べるようにしましょう。

 

離乳食にいちごを使ったおすすめレシピ

離乳食のいちご

いちごはそのまま食べても美味しいですが、いろいろなアレンジで美味しく食べることができます。

大人も一緒に食べれるいちごレシピを紹介します。

 

メインの料理に混ぜることで少し甘めのご飯にすることができます。

いつもの白いおかゆを食べてくれなくなったとき、ちょっと味を変えてあげると喜んで食べてくれたりしますよね。

大人からすると、ご飯にいちご?と思いますが、これが意外とスイーツのような感じになって美味しいです。

もちろんいちご味でデザートを作ってあげれば、パパもママも美味しく一緒に食べることができます。

いちごは加熱してジャム状にしておけばヨーグルトにかけることもできます。

ちょい足しアイテムとして、煮てから冷凍して作り置いておくのもいいですね。

 

まとめ

離乳食中期に入っていちごが食べられるようになると、甘さに喜ぶ顔がみられて嬉しいですよね。

上手に冷凍すれば日持ちもしますし、大人とシェアして食べられるメニューもあって一緒に楽しめます。

そのままガブリと食べられるようになるまでもう少しかかりますが、種ごと食べられるようになったことで一歩成長です!

旬の果物を赤ちゃんと楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です