ムシバイと類似品3つを徹底比較!ムシバイをおすすめする理由は?

ムシバイ比較

小さい子供の虫歯予防ができるタブレットがあることをご存知ですか?

特に、キシリトールが配合されているタブレットはおすすめです。

 

大人も歯医者さんで『キシリトール配合』のガムを食後に噛むように勧められますよね?

ガムがまだ噛めない子供でも、タブレットなら食べるだけで虫歯予防ができちゃうんです。

 

そして中でも、最近ネットや育児本なので話題なのがムシバイという商品!

 

子供用のタブレットは早ければ1歳半くらいから食べさせることができ、歯磨き嫌いなお子さんの虫歯予防に最適です。

 

そんなタブレットですが、実はムシバイ以外にも色んな商品が出ていますね。

 

歯医者さんで見かけたり、ドラッグストアに置いてあったり!

「色々ありすぎて、結局どれを選んだらいいの…?」

と、購入するのをためらってしまうママやパパも多いはず。

 

そこで今回は、市販されている子供用の人気タブレット3種を比較して紹介します!

 

ムシバイが気になっているママやパパに、値段や、成分の比較もたっぷり紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

先着300名限定

ムシバイボタン

 

ムシバイと類似商品を徹底調査!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

マスク😷をしていると、息苦しさから多くの方が口呼吸になります。 口呼吸をしていると、口腔内が乾燥し口臭の原因にもなります。 飴🍬やガム、タブレットなどを食べると、唾液が分泌され口腔内が潤います。また、自然と鼻呼吸にもなり一石二鳥❗️ おすすめです😊 さらにキシリトール配合のガム等を選べば、虫歯の予防にも繋がります。 マスク生活にキシリトール商品を上手く取り入れて、毎日を気持ちよく過ごしましょう🎵 #ふき歯科クリニック #知多半島 #知多郡武豊 #半田 #美浜 #河和 #常滑 #南知多 #マスク#マスク生活 #キシリトール #口呼吸 #口臭 #口臭ケア #口臭予防 #キシリトールガム #キシリトールタブレット #口腔ケア #dentalclinic #dentist #femaledentist #xilitol #aichiprefecture

ふき歯科クリニック(@fuki_dental_clinic)がシェアした投稿 –

子供用のタブレットとして市販されている人気商品を3種紹介します。

  • キシリトールタブレット
  • テテオタブレット
  • ハキラ

Amazonや楽天など、ネットショッピングでも買うことのできるこの3種。

 

時々、歯医者さんでも置いてあるのを見かけませんか?

この3種は、そんなに値段の違いもありません。

レビューを読んでいても、どれもそこそこ良さそうな印象です。

 

値段もとってもお手軽で、一袋数百円です!

『よかった、これは安いっ!』

 

ムシバイは通常価格が7,980円なので、市販の人気商品とは圧倒的に値段の違いがありますよね…!

 

とは言っても、ムシバイもキャンペーンで購入すれば、初回は500円それ以降も50%〜60%オフで購入できるのですが。

 

ムシバイは公式サイトからのみ購入することができます。

でも、まぁ、それはちょっと置いておいて…。

 

市販の人気商品3種の中でもおすすめなのはどれでしょう?

 

みなさんご存知のキシリトールですが、虫歯予防するためには最低でも50%以上含まれていなければいけません…!

そして、キシリトールの他にも虫歯予防できる成分があるとか…!

 

それを踏まえた上で、選ぶときのポイントである値段、主な成分、味の3つを徹底比較してみたいと思います!

 

ちなみに幼児(1歳半〜2歳)くらいから、タブレットは食べさせていいみたいです!

 

キシリトールタブレットとの比較

キシリトールタブレット

キシリトールタブレット…一袋35g入り

【値段】楽天価格270円

【主な成分】キシリトール100%

【味】クリアミント・オレンジ

しまじろうのキシリトールタブレット…一袋30g入り

【値段】楽天で最安194円

【主な成分】キシリトール100%

【味】ぶどう・いちご

キシリトールタブレットはしまじろうタブレットも含め、キシリトールが100%ってすごいですね!

もちろん、ノンシュガーです!

 

小さな子供に人気なのは、しまじろうタブレット!

内容量は30gと書かれていますが、31粒入っているようです。

そして、しまじろうタブレットは1日6個食べることが推奨されてるっぽいです。

(キシリトールは1日5g摂る必要があるから)

忘れずに食べさせるって、けっこう大変かもしれませんね。

 

キシリトールはお腹を壊す可能性があるので、一気に6個食べさせられないし…。

でもまぁ、ちゃんと1日に6個食べさせるとしたら…

 

『31粒入りなので、一袋5日分ってこと??』

 

1ヶ月分で考えると、最安で購入したとして6袋1,200円くらいの計算になります。

 

だとしたら10袋1,990円(税込)送料無料!お得ですね。

テテオタブレットとの比較

テテオタブレット

テテオタブレットDC…一袋60粒入り・95粒入り

【値段】60粒入り380円/95粒入り580円

【主な成分】キシリトール10%/オボプロンDC/還元パラチノース・マルチトール/オリゴ糖

【味】いちご・りんご・オレンジ・ピーチ・レモン・ぶどう・メロン・ミルクチョコ

テテオタブレットは、とにかく色んな味があって楽しそうですね!

子供の好きな味を選ぶというワクワク感があって良さそう。

 

ただ、レビューを見ると「ちょっと味が薄い…」というコメントも。

 

成分に注目してみると、キシリトールが10%とかなり少ないんです。

 

むむむ…。

 

正直、個人的にはキシリトールが少なすぎる印象です…。

 

キシリトールは虫歯にならない甘味料ですが、それが少ないことが味の薄さの原因になっているのでしょうか…?

 

ですが、テテオタブレットの売りは『オボプロンDC』にあるようです!

 

これが、虫歯を予防できる成分なんです。

(だからキシリトールが少なくても虫歯予防できるのね…!安心しました…!)

 

他にも、還元パラチノース・マルチトールという成分が入っており、これが虫歯になりにくい甘味料のようです。

 

原材料はオリゴ糖で、虫歯にならない成分であると紹介されています。

 

1日3個食べることが推奨されているので、95粒入りを買えば1ヶ月あたり約580円です!

 

イメージ的には、おやつ代わりとして食べさせるものなんでしょうかね。

ハキラとの比較

ハキラ

赤ちゃんのための商品オーラルケア ハキラ…1袋45g・45粒入り

【値段】450円(税抜)

【主な成分】キシリトール10%/ミュータンスコントロール/オーバルゲンDC配合

【味】りんご・ブルーベリー・バナナ・オレンジ

お値段は、楽天で買うともうちょっと安いです。

ハキラもテテオタブレットと同じく、キシリトールは10%と低め。

 

ですが、ハキラの売りは『ミュータンスコントロール』という成分にあるようです!

 

虫歯の主な原因はミュータンス菌だそう。

ようは、ミュータンス菌の繁殖を防いでくれる成分ってことかな…?

大人の口の中にはウジャウジャ存在しているらしく…。

 

だから大人と同じスプーンやお箸を使っちゃダメとか、赤ちゃんにチュッチュしたらダメって注意されますもんね。

 

『なるほど、やっぱりそうか!』

 

ハキラ赤ちゃんが虫歯に感染してしまうことを防ごうという商品のようです。

 

母子感染を防ぐためにも、親子で食べることが推奨されています。

ママのお口からもミュータンス菌をなくそうってわけですね!

それは大事かも…!

 

1日1〜3個食べるのが推奨されているので、3個食べたとしても1ヶ月あたり900円(税抜)です!

親子で食べるなら1ヶ月あたり1,800円(税抜)ですね!

 

先着300名限定で初回は無料

ムシバイボタン

 

 

ムシバイと類似品との比較まとめ

ムシバイ

 

上記では市販で人気のタブレットの、値段・主な成分・味をまとめました

では、いよいよ本題のムシバイとの比較はどうなるでしょうか…??

 

ムシバイは通常価格で購入すると7,980円(税込)と、市販のタブレットと比べると圧倒的に高いです。

 

『ちょっと高過ぎじゃない…?でも、そのぶん効果が格段にいいのかしら…?』

 

なんて思っちゃいますが、実はムシバイはキャンペーンをやってます。

 

現在の特別キャンペーンは、初回が送料だけの500円(税抜)です!

 

一袋30粒入り、1日1個なので1ヶ月分の内容量です。

もちろん、こんなに安いのは初回だけではありますが…。

 

2回目以降も50〜60%オフになるので、通常価格で購入することはなさそうです。

 

ではでは、市販の3種キシリトール・テテオタブレット・ハキラと比較してみましょう!

 

【1ヶ月分の値段の比較】

  • ムシバイ…7,980円
    (キャンペーン初回500円)
  • キシリトール…1,200円〜1,800円
  • テテオタブレット…580円
  • ハキラ…900円〜1,800円

こう見ると、ムシバイが最安です!

通常価格が高いのに、ワンコインで試せるっていいですよね!

 

ですが、2回目からは料金が上がるので、継続して一番安いのはテテオタブレットとなります

 

【主な成分】

  • ムシバイ…キシリトール70%/クリスパタス菌/PS-B1
  • キシリトール…キシリトール100%
  • テテオタブレット…キシリトール10%/オボプロンDC/還元パラチノース・マルチトール/オリゴ糖
  • ハキラ…キシリトール10%/ミュータンスコントロール/オーバルゲンDC配合

虫歯予防にかかせないキシリトールだけで見ると、やっぱりキシリトールタブレットが100%とダントツですね!

 

テテオタブレットとハキラは、キシリトールが10%とかなり低いのですが、それぞれ虫歯予防にアプローチする他の成分が入っています。

 

ムシバイキシリトールも70%と高めでありながら、クリスパタス菌PS-B1という乳酸菌も含まれています!

 

『クリスパタス菌PS-B1』って何?という方!

 

簡単にざっくり言うと『体に良くて・虫歯予防につながる』ありがたい乳酸菌のことなんです!

 

だから、子供の口臭予防もできるみたいですよ!

 

他のタブレットと比較しても、その成分はムシバイにしか入っていないようですし。

 

公式サイトを読んでいると、乳アレルギーの子供も食べれるということで、安心して始められますね。

 

しかも、ムシバイは1日一個食べるだけでいいんです!

 

食べさせるタイミングは、夜寝る前の歯磨きの後だから驚きです。

 

【味】

  • ムシバイ…ヨーグルト
  • キシリトール…クリアミント・オレンジ/いちご・ぶどう
  • テテオタブレット…いちご・りんご・オレンジ・ピーチ・レモン・ぶどう・メロン・ミルクチョコ
  • ハキラ…りんご・ブルーベリー・バナナ・オレンジ

市販の商品は、味のバリエーションがとっても豊富ですね。

好きな味を選べるところもいいかも…!

 

ムシバイヨーグルト味のみでしたが新しくコーラ味も登場したようです!

 

でも、ムシバイのタブレットは美味しいと評判ですよ!

乳酸菌がたっぷり入ったタブレットなのでヨーグルト味になるのかな?(憶測…)

 

子供が続けられる味を選べるって大事なこと。

結局美味しくなかったら子供はた食べませんから…!

 

甘いだけで薬品的な味がすると、子供ってイヤがりますよね。

なので、まずは一袋試してみるのがいいのかなと思います。

 

初回は無料でお試し

ムシバイボタン

 

おわりに

いかがでしたか?

ムシバイと、市販の人気タブレット3種を紹介して比較してみました!

 

それぞれ商品の虫歯予防の『売り』が違っていましたね。

 

キシリトールだけじゃなくて、ミュータンス菌へのアプローチが個人的には気になりますが…!

 

キシリトール成分はおすすめですが、食べ過ぎるとお腹を壊すなどのデメリットもあるんですよね。

 

食べる量を間違わなければ大丈夫なのかもしれませんが、お腹が弱い子供には向かないかもしれませんね。

 

ムシバイは1日1個、夜寝る前の歯磨きの後に食べさせるタブレットです。

 

歯磨き後に食べさせていいって、すごくないですか?

 

そして、こういったタブレットは継続できてようやく虫歯予防に繫がります。

なので、選ぶさいは『継続できるもの』を選ぶのがおすすめです!

 

夜の歯磨き後だけでいいなら忘れずに習慣にできて・継続できそうですよね。

 

市販の商品と違ってムシバイは公式サイトからのみ購入できますので、安心して購入するためにそこも押さえておきましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

ムシバイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です