ロックス海賊団のメンバーを紹介!噂の関係者も徹底考察!


今回は、『ワンピース』に登場するロックス海賊団のメンバーを一覧で紹介していきたいと思います。

 

ロックス海賊団と言えば、ロックス・D・ジーベックが船長を務める伝説の海賊団です。

作中でもロックスについてはほとんど語られておらず謎が多い人物です。

そんなロックス海賊団ですが、後の大海賊と呼ばれる多くの人物が在籍していたということもあり、かなり注目が集まっています。

現在判明しているロックス海賊団のメンバーは誰なのか?

またロックス海賊団の関係者だったのではないかと考えられるキャラたちについても考察していきたいと思います。

 


ロックス海賊団とは?

ロックス海賊団はロックス・D・ジーベックが船長を務め、金儲けのために集まった組織です。

元々は金儲けのために集結したメンバーであるため、組織としては全くまとまりがない海賊団です。

38年前にロックス海賊団はロジャーとガープが共闘したことにより壊滅し、ロックスは死亡

ロックス海賊団は壊滅することになりました。

ロックス海賊団は凶悪な事件を引き起こしてばかりいました。

さらに世界の秘密を知りすぎたということで、ロックス海賊団という名前だけでなく、ロックス海賊団が引き起こした事件は世界政府によって隠蔽されています。

そのため海軍の中でもロックス海賊団のことを知っている者は少なく、センゴクやガープなど38年前にすでに海軍に入隊していた世代の海兵しか基本的には知りません。

 


ロックス海賊団のメンバーを一覧で紹介

ロックス海賊団にはロックスの他にも数多くの猛者たちが在籍していました。

ロックス海賊団が壊滅した後には、それぞれ海賊団を結成し、大海賊と言われるまでに成長した海賊たちも少なくありません。

そんな最強最悪のロックス海賊団には誰が在籍していたのか紹介していきます。

 

ロックス・D・ジーベック

ロックス・D・ジーベックはロックス海賊団の船長を務めていました。

金儲けのためにハチノス島でロックス海賊団を結成し、以降ハチノス島はロックス海賊団の拠点となります。

ロックスの詳細はほとんど明かされておらず、姿も未だに描かれていません。

センゴクからロックス海賊団の存在が話された際にロックスのシルエットが描かれた程度です。

ロックスの髪型は逆立っているのが特徴で、かなり攻撃的な攻めた髪型をしているのが分かります。

またロックスのシルエットと共に剣が描かれているため、剣を使用した戦闘スタイルなのではないでしょうか。

ロックスだけではなく、他のロックス海賊団メンバーのシルエットも描かれましたが、ロックス海賊団メンバーに比べるとロックス本人の身長は低いようです。

ただ周りの人物たちの身長が高すぎるだけだと考えられます。

200㎝前後の身長はあるのではないかと思います。

 

エドワード・ニューゲート

エドワード・ニューゲートは白ひげと呼ばれています。

グラグラの実の能力者でもあり、地震を起こしたり、津波を発生させるなど強力な力を持っています。

ロックス海賊団壊滅後は白ひげ海賊団を結成し、四皇と呼ばれるまでの大海賊になります。

ワノ国の過去編で白ひげは人の上に立つ素質の者たちが集まると良いことがないと発言しています。

恐らくロックス海賊団での経験から来る発言ですね。

さらに白ひげが若い頃が描かれたシーンでは、白ひげが夢について語っています。

白ひげの夢は家族を持つことでした。

ロックス海賊団は仲が悪く、仲間同士で殺し合いも行われる程でした。

そんなロックス海賊団が壊滅した後、白ひげ海賊団の仲間たちを息子と呼ぶのは納得できてしまいます。

仲間たちも白ひげのことをオヤジと呼んでいたので、白ひげ海賊団は本当に家族のようであったことが分かりますね。

 

シャーロット・リンリン

シャーロット・リンリンはビッグ・マムと呼ばれています。

ロックス海賊団壊滅後は、ビッグ・マム海賊団を結成し、四皇の1人と言われるようになりました。

ビッグ・マムは体が大きく、身長は8m80㎝もあります。

幼少期の頃も周りの子供たちに比べてかなり大きな体格をしており、巨人族を倒してしまう程のパワーを持っていました。

そんなビッグ・マムですが、ロックス海賊団時代はスタイルも良く、美しい容姿をしていたのではないかと考えられています。

ロックス海賊団がセンゴクの口から紹介された際、ビッグ・マムの思しきキャラのシルエットが描かれました。

現在の体格の大きいビッグ・マムの姿はそこにはありませんでした。

ロックス海賊団時代のみスタイルが良かったのであればビッグ・マムに一体何が起こったのか気になるところです。

 

カイドウ

カイドウはロックス海賊団の見習いとして所属していました。

今でこそ百獣海賊団の総督として四皇に君臨するカイドウですが、ロックス海賊団時代のカイドウはまだそこまで強くなかった可能性もありますね。

カイドウの年齢はまだ明かされていませんが、38年前までロックス海賊団の見習いであったとすれば、50代くらいである可能性が高いと思います。

ロックス海賊団の見習いということもあり、当時はそこまあで強くなかったと考えられます。

しかしこれだけの猛者が集まり、仲間同士で殺し合いも行われる中で生き残っているカイドウは見習い時代から頭角を表していたのかもしれません。

カイドウはウオウオの実幻獣種モデル青龍の能力者です。

ウオウオの実はビッグ・マムから譲り受けた悪魔の実であることが分かっています。

ビッグ・マムいわく、ゴッドバレー事件のでロックス海賊団が壊滅した際にウオウオの実をカイドウに渡したようです。

つまりゴッドバレー事件までカイドウは非能力者であったということです。

見習いでありながら、ロックス海賊団に生き抜くことができたのは、カイドウの強靭な肉体と純粋な戦闘能力が強かったからと考えられますね。

 


シキ

シキは金獅子のシキと呼ばれており、ロジャーの時代に世界を騒がせた大海賊の1人です。

作中でも名前のみが登場していますが、映画『ONEPIECE STRONG WORLD』の敵キャラとして登場し、麦わらの一味と戦いました。

また『ワンピース』で人気の扉絵シリーズでは、シキと思しき人物が描かれたこともあり、再登場の可能性も騒がれています。

第64巻631話の扉絵では【世界の甲板からVol.16双子岬】というタイトルで扉絵が描かれます。

そこには双子岬のクロッカスが金髪で長髪の謎の人物と吞んでいました。

後ろ姿しか描かれていないため、一体誰なのかは明らかにされていませんが、風貌がシキに似ているため、クロッカスと共にいるのはシキなのではないかと考えられています。

シキは若い頃に戦闘中吹き飛ばされ、頭部に舵輪が刺さってしまいました。

扉絵に描かれたシキと思しき人物は笠を被っているため、頭部に舵輪が刺さっているのかどうかわからなくなっています。

クロッカスは元ロジャー海賊団所属ですし、シキとも顔見知りである可能性が高いです。

ロックス海賊団に関することが描かれた際にはシキが再登場するかもしれませんね!

 

キャプテン・ジョン

キャプテン・ジョンもロックス海賊団の一員です。

詳細は明らかにされていませんが、名前の前にキャプテンと付いていることから海賊団の船長を務めていたことが予想されます。

すでに死亡しているキャラなのですが、キャプテン・ジョンは作中でも1度だけ登場したことがありました。

それはスリラーバーク編です。

元王下七武海のモリアはキャプテン・ジョンの死体をゾンビ化させ、スリラーバーク海賊団の戦力として利用していました。

またバギーは隠されたキャプテン・ジョンの財宝を探していました。

さらにスリラーバーク編終了時、ルフィが腕に付けるお宝を見つけて身に着けており、バギーと再会した際にキャプテン・ジョンの財宝であることが判明しました。

作中では意外とキャプテン・ジョンが登場しているんですね。

すでに死亡しているため、キャプテン・ジョンの再登場はなさそうですが、過去編が描かれたとすれば、まだ登場のチャンスはあります!

 


王直

王直とはロックス海賊団のメンバーとして、白ひげ、ビッグ・マム、カイドウに並んでセンゴクの口から挙げられた海賊の1人です。

その他シキやキャプテン・ジョンなど有名な海賊たちと並んで名前を挙げられているので、かなりの実力者であることが伺えます。

作中ではまだ名前のみしか登場していないため、その正体は一切不明です。

王直は実在する人物で、中国が明と呼ばれていた時代の貿易商でした。

王直というのは実際あだ名であり、本名は王鋥です。

倭寇と呼ばれる海賊をしていた時期もあり、もし作中で王直が登場したとしたら、現実世界の王直がモデルになったと思ってもよいでしょう。

中国の歴史の人物であるため、王直も中国感のある容姿をした人物かもしれませんね。

 

銀斧

銀斧はロックス海賊団のメンバーとしてセンゴクの口から紹介された大海賊の1人です。

王直同様に白ひげやビッグ・マム、カイドウらと並べて紹介されており、かなりの実力者であったと考えられます。

恐らく銀斧という異名で本名は別にあると思いますが、名前から斧を使用するキャラなのではないでしょうか。

斧を使用するキャラは作中でもほとんど登場していません。

その中でも銀斧として最も有力な候補はスコッパー・ギャバンです。

ギャバンはロジャー海賊団の1人で過去編などでしか登場していないキャラです。

『ワンピース』初期から実は登場している人物で、ロジャー海賊団の中でも主力なのではないかと思います。

そのためギャバンが銀斧なのではないかと予想しているのです。

しかし、スコッパーの内コッパーという単語には銅のいう意味がありますが、銀斧なのに銅という部分は矛盾がありますよね。

銀の斧を使用していただけなのかもしれませんが、銀斧が描かれる日まで正体が明かされることはなさそうです。

 


ロックス海賊団と関係が噂される人物を徹底考察

ここまではすでに判明しているロックス海賊団のメンバーを紹介してきました。

実は今まで登場してきたキャラの中にも、ロックス海賊団のメンバー、もしくはロックス海賊団と関係があるのではないかと考えられるキャラがいるのです。

ロックス海賊団メンバーと疑われているキャラたちについても考察し、紹介したいと思います。

 

シャクヤク

シャクヤクはシャッキーと呼ばれており、シャボンディ諸島編で登場した女性キャラです。

シャボンディ諸島の13番グローブでシャッキー’sぼったくりBARという酒場を営んでおり、法外な料金を請求するのが特徴です。

過去には海軍中将のモンキー・D・ガープにも追われていたことが明らかになっています。

またシャクヤク自身、麦わらの一味を前にしてルフィたちよりも自分の方が強いと豪語しており、かなり強いのではないかと考えられています。

シャクヤクがガープに追われていたことやかなりの戦闘力があることからロックス海賊団に所属していたのではないかと思われますが、決定的な情報が明かされたのです。

90巻のSBSにて作者がシャクヤクとロックスの関係性を示唆したのです。

明言はされていないので、確定ではないですが、シャクヤクがロックス海賊団の一員であると考えても良さそうです。

ちなみシャクヤクの正体は実は王直なのではないかと予想しています。

王直は中国の歴史上の人物で、貿易商のため情報通だったと思われます。

シャクヤクも中国を思わせる容姿をしており、海賊についての情報をしっかり仕入れて情報通な部分も一致しています。

 

シュトロイゼン

シュトロイゼンはビッグ・マム海賊団の一員です。

ビッグ・マムがまだ幼かった頃に出会っており、ビッグ・マム海賊団でも最古参メンバーです。

シュトロイゼンはビッグ・マムが5歳の頃に出会っており、ロックス海賊団に共に所属していたのではないかと考えられます。

ロックス海賊団が金儲けのためのに結成された海賊団であることから、金のためにビッグ・マムと共にロックス海賊団に加入したのかもしれません。

 

ミス・バッキン

ミス・バッキンとは元王下七武海の1人であるエドワード・ウィーブルの母です。

ミス・バッキンは自身のことを白ひげが愛した女と発言しており、ウィーブルが白ひげとの間の子であるとも発言しています。

もしこれが本当であれば白ひげとミス・バッキンが共に行動していた時代があることになります。

さらに元白ひげ海賊団のマルコは、ミス・バッキンが40年程前に白ひげと同じ船に乗っていたことが明かされています。

40年前と言えばちょうど白ひげがロックス海賊団に所属していた時期と被ると考えられます。

以上のことからミス・バッキンもロックス海賊団の一員だったのではないかと思われます。

 


黒炭ひぐらし

黒炭ひぐらしはワノ国出身の人物で黒炭家の1人です。

マネマネの実の能力者で触れた人間に変装することができる能力です。

ひぐらしがマネマネの実の能力で、今までにコピーした人間の顔を変装していくシーンでは、シキと思われる人物の顔が含まれていました。

ひぐらしがコピーしているのがシキの若い頃の顔なのではないかということからシキが若い頃にひぐらしがシキと接触していると予想されています。

つまりひぐらしもまたロックス海賊団の一員なのではないかと考えられています。

 

シャンクス

シャンクスについてはなかなか情報が少なく、1話から登場している割に謎に包まれた人物です。

そんなシャンクスもロックス海賊団の一員なのではないかと考えています。

ただロックス海賊団が壊滅した38年前、シャンクスは1歳です。

まだ子供のシャンクスがロックス海賊団に加入していたとは考えにくいです。

シャンクスはロックスの子供なのではないでしょうか?

ロックス程の実力者に子供がいたとなれば、シャンクスが殺されていてもおかしくありません。

ロジャーが海賊王になった際もロジャーの関係者は処刑されていましたね。

しかし子供に罪はありません。

ゴッドバレー事件でロックスを殺したロジャーが、遺された子供であるシャンクスを預かり、育ててきたのではないでしょうか。

イーストブルー出身のロジャーがウエストブルー出身のシャンクスと出会うにはグランドラインしかありません。

子供のシャンクスが1人でグランドラインに入り、ロジャーと出会うのは不可能です。

シャンクスは大人に連れられてウエストブルーからグランドラインに入ったという説が濃厚ですよね。

その大人こそがロックスなのではないでしょうか?

ロックスの出身はまだ明らかにされていませんが、ロックスがもしウエストブルー出身であれば、シャンクスと親子関係である可能性が高まると思います。

 


ロックス海賊団のメンバーを紹介!噂の関係者も徹底考察!のまとめ

今回は、ロックス海賊団のメンバーを紹介するとともに、ロックス海賊団の関係者だと疑われる人物についても考察してきました。

まだまだ謎に包まれたロックス海賊団ですが、今後間違いなく過去編や回想シーンなどで描かれることでしょう。

物語が進めば、自ずとロックス海賊団についても明かされていくと思いますが、ロックスの存在自体が考察しがいのあるものです。

もうすでに死んでいるロックスが作中でどのようにルフィたちと関わってくるのか楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です