シャンクスの名言・名セリフまとめ厳選8選!口調やしゃべり方も紹介!

シャンクスの名言・セリフ


今回は、『ワンピース』に登場するシャンクスの名言、名セリフについてまとめて紹介していきたいと思います。

 

海賊の世界の頂点に立つ4人の海賊、四皇。

四皇の一角に君臨するのが今回の主役であるシャンクスです。

シャンクスは第1話から登場しており、主人公モンキー・D・ルフィが海賊を目指すキッカケになった人物でもあります。

意外と登場シーンや戦闘シーンがほとんど描かれていませんが、数少ない登場回数で圧倒的な存在感を見せつけてきました。

そこでシャンクスの名言や名セリフを厳選して紹介します。

 

それではシャンクスの名言、名セリフを紹介していきましょう!

 


シャンクスの名言・名セリフ厳選8選

  • し!し!しまった!!油断してた!!ルフィが!!どうしよう みんな!!
  • そいつは威しの道具じゃねェって言ったんだ…
  • どんな理由があろうと!!おれは友達を傷つける奴は許さない!!!!
  • 失せろ
  • 安いもんだ腕の一本くらい…無事でよかった
  • この帽子をお前に預ける おれの大切な帽子だ いつかきっと返しに来い 立派な海賊になってな
  • ……新しい時代に懸けて来た…
  • この戦争を終わらせに来た!!!

今回紹介するシャンクスの名言、名セリフは以上です。

今のルフィの生き様を形成したのシャンクスの言葉と言っても過言ではありません。

海賊の世界を背負って立つ男の名言、名セリフを1つずつ紹介していきます!

 

し!し!しまった!!油断してた!!ルフィが!!どうしよう みんな!!

第1巻1話【ROMANCE DAWN-冒険の夜明け-】で描かれた名言です。

いざというときにはかなり頼りになるシャンクス。

山賊ヒグマの一派を倒し、残す敵はヒグマのみとなりました。

しかしヒグマは煙幕に紛れ、姿を消してしまいます。

その際ルフィを連れて誘拐して行きました。

すぐに探しに行けば見つかるはずですが、不測の事態にシャンクスは焦って取り乱してしまいます。

ヒグマの一派を倒したときの頼りがいのあるシャンクスの姿はそこにはありません。

シャンクスが取り乱す姿は1話以降描かれておらず、戦闘時とのギャップがよく描かれている名言です。

 

そいつは威しの道具じゃねェって言ったんだ…

第1巻1話【ROMANCE DAWN-冒険の夜明け-】で描かれた名言です。

シャンクスが航海に出ていて間にルフィは山賊のヒグマに喧嘩を売り、殺されそうになってしまいます。

村長や酒場の店主であるマキノが助けようとしますが何もできません。

そんなときにシャンクスが航海を終えて助っ人として登場します。

ヒグマたちはシャンクスたちを完全に舐め切っており、銃を突き付けます。

銃を引いたからには命を賭ける

シャンクスたちは戦うという行為や武装をただの威しのためのものと考えていません。

武装し、戦う意志を見せるということは自身の命を賭けて戦うということです。

武器を持った相手には相応の覚悟があると判断し、シャンクスたちは立ち向かいます。

 

どんな理由があろうと!!おれは友達を傷つける奴は許さない!!!!

第1巻1話【ROMANCE DAWN-冒険の夜明け-】で描かれた名言です。

シャンクスたちはヒグマたちと一度遭遇しています。

ルフィがゴムゴムの実を食べた日。

シャンクスたちはルフィと共に酒場で楽しんでいました。

ヒグマは酒を求めてシャンクスたちがいた酒場に姿を現します。

シャンクスたちが酒を全て飲んでしまっていたため、シャンクスたちは詫び、まだ新品の酒を渡しますが、ヒグマは怒り、シャンクスに攻撃しました。

突然の攻撃に倒れるシャンクスですが、反撃をしません。

酒をかけられ、ヒグマたちに笑われますが、シャンクスは無抵抗を貫きました。

そして後日ルフィがヒグマに傷付けられてしまいました。

以前は何をされても相手にしていませんでしたが、今は友達がヒグマに傷付けられたのです。

友達が傷付けられたのなら、シャンクスは立ち上がり戦います。

友達を想うシャンクスの名言でした。

 

失せろ

第1巻1話【ROMANCE DAWN-冒険の夜明け-】で描かれた名言です。

ヒグマに誘拐されたルフィは小舟で海に連れて来られていました。

悪魔の実の能力者がカナヅチであることを知っていたヒグマは、ルフィを海に突き落としてしまいます。

溺れるルフィを笑うヒグマでしたが、近海の主と呼ばれる海王類が登場し、ヒグマが食べられてしまいます。

ルフィも食べられそうになってしまうとき、間一髪ルフィを助けたのです。

再び攻撃を仕掛けてくる近海の主を睨み威圧するシャンクス。

シャンクスのあまりの迫力に近海の主は逃げ出してしまいます。

間一髪のところでルフィを救い出したカッコ良さと友達を傷付けられた怒りがよく描かれた名言です。

 

安いもんだ腕の一本くらい…無事でよかった

第1巻1話【ROMANCE DAWN-冒険の夜明け-】で描かれた名言です。

近海の主から無事ルフィを救い出したシャンクス。

ルフィは号泣し、シャンクスにしがみ付いています。

幼いのに山賊に殺されそうになり、海王類に食べられそうになったのですから怖かったのでしょうか?

しかし次のコマでルフィが号泣していた理由が明かされます。

シャンクスは近海の主からルフィを庇ったために左腕を失ってしまったのです。

自身のために左腕を犠牲にしたシャンクスを見てルフィは号泣していたのです。

泣いているルフィをシャンクスは優しく慰めます。

友達を救えるのなら腕1本の犠牲もいとわないシャンクスの器の大きさが分かる名言です。

 

この帽子をお前に預ける おれの大切な帽子だ いつかきっと返しに来い 立派な海賊になってな

第1巻1話【ROMANCE DAWN-冒険の夜明け-】で描かれた名言です。

ついにシャンクスが旅立つ日が来ました。

ルフィにとってシャンクスと過ごした日々はかけがえのないものだったことでしょう。

シャンクスもまたルフィに対し特別な感情を抱きます。

自身の若い頃と重ね合わせ、将来ルフィが大物になると確信していたのです。

そんなルフィに自身が大切にしていた麦わら帽子を授けます。

いつかルフィが大物になってシャンクスと再会したその日に麦わら帽子を返す約束をしたのです。

いかにシャンクスがルフィに期待をしているかが分かる名言です。

 

……新しい時代に懸けて来た…

第45巻434話【白ひげと赤髪】で描かれた名言です。

シャンクスは黒ひげについて交渉するために、白ひげの元に赴きます。

片腕になったシャンクスを見て、「どんな敵にくれてやったんだその左腕…」と発言します。

その返答としてシャンクスが言ったのがこの名言です。

ルフィに期待をしているシャンクスは左腕を失ってでもルフィを守り、ルフィの未来に掛けたのです。

 

この戦争を終わらせに来た!!!

第59巻579話【勇気ある数秒】で描かれた名言です。

白ひげとエースが死に頂上戦争の目的を果たした海軍。

しかし戦いは終わりません。

今戦うことを辞めれば助かる海軍もいるはずだと考えたコビーは頂上戦争を主導していた赤犬の前に立ちはだかり、戦争を止めようとします。

コビーの勇気がほんの数秒間だけ戦争を止めることに成功します。

赤犬によって殺されそうになるコビーでしたが、そこで現れたのがシャンクスです。

シャンクスは赤犬の攻撃を止め、この名言が生まれました。

頼もしすぎる助っ人に沸いた名言ですね!

 


シャンクスの口調やしゃべり方を紹介!声優は誰?

シャンクスの口調は優しく、少しダンディな声をしています。

普段は落ち着いた声で大人の余裕を見せる口調が人気のある理由です。

そんなシャンクスの声を担当しているのは、声優の池田秀一です。

池田秀一は他にも『名探偵コナン』の赤井秀一や『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブルなども演じています。

かなりカッコいい役が多いですよね!

カッコ良く、ダンディでありながらもどこか特徴的で分かりやすい声をしているので、人気キャラを担当していることが多いようです!

 


シャンクスの名言・名セリフまとめ厳選8選!口調やしゃべり方も紹介!のまとめ

今回はシャンクスの名言、名セリフをまとめて紹介し、口調やしゃべり方についてもまとめましたが、いかがでしたか?

シャンクスの名言を見ていくとシャンクスの器の広さが良く分かります。

仲間を大切に想い、仲間のために行動できるところをルフィはしっかり受け継いでいます。

ルフィの原点でもあるシャンクスはかなり重要な立ち位置のキャラクターです。

今後シャンクスがスポットに当たるストーリーが描かれるはずです。

そのときシャンクスの名言が新たに飛び出すのが楽しみですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です