ゼノの名言・名セリフまとめ厳選8選!可愛いゼノのカッコいいセリフ

ゼノ名言声優

『暁のヨナ』の主要人物でヨナの旅仲間のゼノについてをやっていこうと思います。

今回は『ゼノの名言・名セリフ』についてをまとめていきます。

ゼノは高華国の神話に出てくる緋龍王の守護者・四龍の戦士“黄龍”です。

普段は明るくお調子者っぽい感じで、ヨナ達を楽しませてくれるキャラクターですね。

今回は、そんなゼノの可愛いセリフでなはく、カッコいい名言を集めてみました。

他にも、アニメでのゼノの声優さんの名前や彼の口調・しゃべり方についてもまとめていこうと思います。

 

ゼノの名言・名セリフを一覧で紹介

ここでは、個人的にゼノのカッコいいと思ったセリフ8選を箇条書きで書いていきたいと思います。

  • 「天よ 今日を ありがとう 今夜は ひときわ 月がきれいだ」
  • 「王位を簒奪したスウォンを討ち 緋龍城を玉座を 取り戻そうとお考えか?」
  • 「人は鏡だから 笑えば 笑顔が返ってくるさ」
  • 「いい月夜だから でもこの涼やかな空気に兄ちゃんの殺気は痛すぎる 命懸けよう なんて思うな 兄ちゃんは少し 死の臭いがする」
  • 「ゼノが命懸けっつったら 娘さんに危ない事は絶対ないから 黄龍の名にかけて」
  • 「俺は四龍の落ちこぼれだけど…お前らを 絶対 守ってやんよ」
  • 「娘さん だいじょうぶだから 黄龍は 死なない」
  • 「俺は緋龍王に仕えていた始まりの龍 黄龍ゼノ」

と、こんな感じです。

それでは次に、選んだセリフを簡単に紹介していきたいと思います。

 

「天よ 今日を ありがとう 今夜は ひときわ 月がきれいだ」

8巻の42話「皆さん おそろいで」

数千年の時を経て四龍が再び集まった夜に、ひとり月を見上げながら言ったセリフですね。

後のゼノの過去編を見た後にもう一回このシーンを見て、目頭が熱くなりましたね。

 

「王位を簒奪したスウォンを討ち 緋龍城を玉座を 取り戻そうとお考えが?」

8巻の43話「これから」

無事四龍をそろえたヨナ達は、予言について詳しく聞く為に神官・イクスのもとに向かいました。

このセリフは、そこで今後の話になり、ゼノがヨナに問うた言葉です。

この時のゼノが普段とは全然違いすぎて、初登場の所と読み比べしたほどです。

ちなみに私はこのシーンでゼノに二度惚れしました。

 

「人は鏡だから 笑えば 笑顔が返ってくるのさ」

10巻の59話「あなたは私の祈り」

暗黒龍とゆかいな腹へり達という賊を討伐する為の対策本部を作るという口実で炎里村に訪れたテジュンと火の部族の兵達。

このセリフは、テジュン達の前で笑顔で老人の介護をするゼノがテジュンに言った言葉です。

このセリフは、ホントに後世にも伝えたいぐらいの名言だと思っています。

 

「いい月夜だから でもこの涼やかな空気に兄ちゃんの殺気は痛すぎる 命懸けよう なんて思うな 兄ちゃんは少し 死の臭いがする」

11巻の62話「その刃が届く前に」

自分の命と引き換えにしてもスウォンを討つと心に決めたハクに対して言ったセリフです。

この時のゼノは神官のような占い師のような雰囲気でとても不思議な感じがしましたね。

 

「ゼノが命懸けっつったら 娘さんに危ない事は絶対ないから 黄龍の名にかけて」

15巻の88話「その瞳は同じ海の色」

このセリフは、先のヒヨウとの闘いで背中を負傷したヨナ。

しかし、水の部族の民をナダイから守る為に闘いに身を投じ続けるヨナを心配したキジャに対して言った言葉です。

この回ではこの言葉の真の意味を理解した人はいないと思います。

これまでも闘いの時ゼノはヨナやユンを守っていましたが、ゼノが誰かも守る事について真剣に話したのはここが最初なんです。

 

「俺は四龍の落ちこぼれだけど…お前らを 絶対 守ってやんよ」

17巻の97話「答えを探して旅をする」

緋龍城から離れ戒帝国にやってきたヨナ達だったが、四龍達が次々と風邪で倒れてしまったのです。

このセリフは、風邪でダウンした白龍、緑龍、青龍に対してゼノが言った独り言です。

今まで四龍の中で末っ子ポジションにいたんですけど、ここでは一番年上みたいな言い方していたのがとても意味深に聞こえましたね。

 

「娘さん だいじょうぶだから 黄龍は 死なない」

17巻の99話「闘いが終わらない」

戦争に負けた敗残兵達と応戦していた白龍、緑龍、青龍、そしてハク。

そんな時、ヨナを守っていたゼノが目の前で敗残兵に刺されてしまったのです。

このセリフは、泣きながらゼノの身体を守るようにしていたヨナに対して言ったものですね。

これまでの、88話と97話のセリフの意味がやっとわかった所ですね。

黄龍の能力が分った時、複雑な感情がぐるぐるしてました。

 

「俺は緋龍王に仕えていた始まりの龍 黄龍ゼノ」

18巻の100話「傷つかない体」

ゼノの戦い方を見た白龍が「ゼノそなたは 初代…なのか…?」と聞いてきました。

このセリフは、その問いに対しての答えですね。

これを聞いたときに瞬時に浮かんだのは、42話の「天よ 今日を……」のやつでしたね。

 

ゼノの声優は?口調やしゃべり方は?

最後に、ゼノの声優やしゃべり方と共にプロフィールを紹介して行きます。

名前 ゼノ
性別
年齢 自称17歳
身長 166cm
誕生日 8/30
cv 下野紘
概要

伝説の四龍の戦士のひとり『黄龍』

“頑丈で丈夫な身体”の持ち主

一人称は“俺”だが、“ゼノ”呼びが多い

人の名前は基本呼ばない

(ヨナ=姫さん、ハク=兄ちゃん、白龍、緑龍、青龍呼び)

普段の話し方は子供っぽくお調子者な感じ

「ゼノは皆を楽しくする役目だから!」

仲間に黄龍の能力を伝えた後からは、たまに言葉が荒っぽくなる。

「時間稼ぐっつってんの 殴っても斬ってもど~ってことないんだから早くやんなさい!!」

 

ゼノの名言・名セリフ記事まとめ

  • ゼノの真面目なセリフには、他の人とは違う言葉に重みがある。
  • 四龍の中で誰よりも四龍の事を想っている。
  • (もちろんヨナ、ハク、ユンの事も大事に想っている。)
  • ゼノの言葉に相手が全てを見透かされているような感覚に陥る事がなる。

と、この3つが今回のゼノの名言・名セリフをまとめてみて私が感じた事です。

最初は可愛いキャラなんだな…と思っていましたが、話が進むにつれゼノの過去や思いを知り、彼に仲間ができてホントに嬉しく思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です