ガープの名言・名セリフまとめ厳選8選!口調やしゃべり方も紹介!


今回は、『ワンピース』に登場するモンキー・D・ガープの名言、名セリフを紹介していきます!

 

ガープは海軍本部中将の地位に就いており、英雄と呼ばれています。

そんなガープにはモンキー・D・ドラゴンとモンキー・D・ルフィという世界的犯罪者が血縁にいます。

それでもガープが海兵でいられるのは、今までの功績やガープの人柄があってのことだと思います。

頂上戦争ではエースを巡ってルフィと戦うなど、私情を押し殺して戦う姿に感動しました。

そんなガープの名言、名セリフを紹介するとともに、口調やしゃべり方、声優も紹介します。

 

それではガープの名言、名セリフを紹介していきましょう!

 


ガープの名言・名セリフ厳選8選

  • じゃ 今のナシ
  • わしゃあどうすりゃええんじゃい……!!!
  • なぜわしの言う通りに生きなんだ!!!
  • ここを通りたくばわしを殺してでも通れ!!!
  • サカズキを…殺してしまう!!!
  • 生きてみりゃわかる
  • 自由にはやるにはこれ以上の地位はいらん
  • ……あんなゴミクズにか

ガープは海兵としての自身の立場と海賊の親としての立場があります。

私情を挟んではいけないと頭では分かっていても、なかなか現実は難しいものです。

そんなガープの葛藤が表現された名言の数々を1つずつ見ていきます。

 

じゃ 今のナシ 

第45巻432話【びっくり箱】で描かれた名言です。

エニエス・ロビー編の終盤にルフィは久々にガープと再会を果たします。

その際ガープはルフィの父親が革命軍のリーダーであるドラゴンであることを話しました。

しかしドラゴンについての情報は全く判明しておらず、言ってはいけない情報だったのです。

言った後に気付いたガープは「今のナシ」と発言を取り消したのです。

重大な発言をしてしまったのにしれっと取り消そうとするめちゃくちゃなところはルフィに似て自由奔放ですね!

 

わしゃあどうすりゃええんじゃい……!!!

第57巻556話【正義は勝つ】で描かれた名言です。

頂上戦争でガープは処刑台にいるエースの側を訪れました。

センゴクは私情を挟んでいるガープを非難し、「何をしにきた」と話します。

そんなセンゴクの発言に対し、ガープは本音を漏らします。

海賊や犯罪者は処刑すべきだと分かっています。

しかし家族同然に育ててきたエースは違います

どういう立場でいればよいのかわからなくなっているのでした。

 

なぜわしの言う通りに生きなんだ!!! 

第57巻556話【正義は勝つ】で描かれた名言です。

エースを処刑から助けたいのに、海兵という立場から頂上戦争を見守るしかないガープ。

どうすればいいのか分からなくなり、ガープがエースに言ったセリフでした。

元々海兵としてエースを育てたかったガープは、エースを海賊にしてしまったことを後悔していたのかもしれません。

 

ここを通りたくばわしを殺してでも通れ!!! 

第58巻571話【処刑台】で描かれた名言です。

頂上戦争ではついにルフィが処刑台まで辿り着き、エース救出目前となりました。

ガープは1人の海兵として、エースの処刑を執行するためにルフィの前に立ちはだかります。

ルフィを止めなければならないが、ルフィにエースを救ってほしいという気持ちの葛藤を押し殺して立ちはだかる姿は感動します。

 

サカズキを…殺してしまう!!! 

第59巻574話【ポートガス・D・エース死す】で描かれた名言です。

エースを見事救出したルフィ。

赤犬に狙われてしまったルフィを庇い、エースは致命傷を負ってしまい死んでしまいます。

エースの親とも言えるガープは、目の前でエースを殺されたことで怒りが抑えきれなくなります

とっさにセンゴクがガープの体を押さえつけ、動けなくしたところでガープが発言したセリフでした。

頭では分かっていても、エースの死は簡単に受け入れられるものではありません。

ガープの姿に涙した方も多かったのではないでしょうか。

 

生きてみりゃわかる

第58話568話【勝手にしやがれ】で描かれた名言です。

海賊王であるロジャーは世間から嫌われていました。

もしロジャーに子供がいたらその子供ももちろん嫌われることでしょう。

幼少期のエースは生まれてきてもよかったのかがわからず、ガープに問いました。

エースの問いかけに対するガープの回答が名言になりました。

生きていれば、生まれてきた理由がいつか分かる。

頂上戦争を通して、エースには多くの仲間がいたことを改めて実感しました。

 

自由にやるにはこれ以上の地位はいらん

第0巻で描かれた名言です。

ガープ程の実力があれば、大将の地位に昇格ができます。

実際昇格の話があったようですが、ガープは昇格の話を断ったのです。

権力が欲しい訳ではないというガープの信念が分かる名言でした。

 

……あんなゴミクズにか

第95巻957話【ULTIMATE(アルティメット)】で描かれた名言です。

レヴェリーが行われるため、ゴア王国の国王であるステリーが天竜人になりたいと話していた返答としてのセリフです。

海兵という立場でありながら、天竜人に対する暴言を発言することも大問題ですが、そもそも天竜人への暴言は死罪です。

あまりにも無礼すぎる行為にガープらしさが出ていますね!

 


ガープの口調やしゃべり方を紹介!声優は誰?

ガープは豪快なしゃべり方をしています。

語尾に「~じゃ」と付けたりすることから、貫禄を感じさせる口調であると言えます。

そんなガープの声を担当しているのは、声優の中博史です。

脇役を演じることが多い声優で、老人や貫禄のある人物の声を主に担当しています。

貫禄のある人物ということで男らしい老人役がハマリ役ですね!

 


ガープの名言・名セリフまとめ厳選8選!口調やしゃべり方も紹介!のまとめ

今回はガープの名言、名セリフを紹介するとともに、ガープの口調やしゃべり方、声優についても紹介してきましたが、いかがでしたか?

エースを救えなかったことはかなり後悔があったはずです。

海兵としてと親としての立場で揺らぐ葛藤は心苦しいものがありますね。

新世界編では出番が減ってしまっているガープ。

今後エースの死を乗り越えてどのように変わっているのか気になりますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です