狗巻棘が内通者に確定か?もう1人の内通者を徹底考察!


現在、週刊少年ジャンプで大人気連載中の「呪術廻戦」。

伏線が多く仕組まれている呪術廻戦において、未回収の伏線はまだ多くありますね。

その中でも、長く解決していない伏線に「内通者」の存在があるのではないでしょうか?

内通者の存在は確定しており、五条サイドの情報を、夏油一派もしくは呪術界上層部などへリークしている存在になります。

そして、その内通者として多く名前が挙がっているのが、「狗巻棘」です。

狗巻棘は呪術高専東京校の2年生で、虎杖の先輩に当たります。

今回はそんな狗巻棘が本当に内通者で確定なのか!?

また、その他のキャラクターで内通者と噂されるキャラクターについて徹底考察していきます!

 


狗巻棘は内通者に確定か?

それでは早速、狗巻棘が内通者で確定なのかうわさの理由を見ていきたいと思います。

 

狗巻棘の名前

狗巻棘の名前に入っている”狗”には「スパイ」「まわしもの」といった意味があります。

このことから狗巻棘は、スパイなのではないか?といったうわさが流れているようです。

確かに伏線として、名前にキーワードを隠すことは珍しくないので、あり得るかもしれませんね。

 

口元を隠した謎の男

渋谷事変の際に、夜蛾学長の前に現れた敵が口元を布で覆っていました。

狗巻棘も口元を隠している為、狗巻一族は口を隠しており、呪術界上層部と協力関係なのでは?とうわさされているようです。

これに関しては、隠し方が違いますし、五条や伏黒も首元の深い服装をしているので、個人的にはあまり関係が無いような気がしますね。

 

乙骨が虎杖を狙う理由になっている

渋谷事変の際、乙骨は虎杖の命を狙う刺客として登場しました。

このとき、乙骨は虎杖を本当に殺そうとはしておらず、味方になっています。

しかし、乙骨が虎杖を狙わされた理由が狗巻棘にありました。

それは、呪術界上層部から”狗巻棘が宿儺によって左腕を切断された”と伝えられたからです。

結果として、乙骨は虎杖の仲間となりましたが、狗巻棘を理由に命が狙われていますね。

また、本来であれば、乙骨と虎杖が協力関係になった際に、狗巻棘の無事が確認されると思うのですが、いまだに登場がありません。

このことから、狗巻棘は上層部に情報を流し、虎杖を殺そうとしたのではないか?と考えられるのです。

確かに、他キャラクターは順次出てきていますが、渋谷事変以降ほぼ姿を見ていないのは怪しいですね。

 

語彙を絞っているのが伏線!?

狗巻棘は呪言を誤って仲間にかけたり、自分に返ってこないようにするために語彙を絞っています。

そのため、戦闘時以外はおにぎりの具でのみ会話をしており、実はこれが伏線なのでは!?と考えられています。

本当は普通に話せるが、内通者であることを悟られない様に語彙を絞っている可能性もありますね。

実際に、他の作品でも盲目のキャラクターが実は目が見えていたり、喋れないキャラクターが本当は喋れるといったキャラクターがいます。

そういったキャラクターは、なにか裏に隠していることが多いですよね。

おにぎりの具でのみ会話する狗巻棘は、非常に可愛いですが、これが伏線だとすると大きな衝撃ですね!

以上のことから内通者では?とうわさされる狗巻棘ですが、まだ確定の情報はありませんでした。

個人的には、内通者でないと願っていますが、怪しい部分も多々見られますね。

今後の展開が怖くも非常に楽しみです。

 


もう1人の内通者は誰か?

狗巻棘が内通者であると言われる理由を見てきましたが、他のうわさされるキャラクターについても見ていきたいと思います。

 

楽巌寺嘉伸

呪術高専京都校の学長である楽巌寺ですが、内通者であることがうわさされています。

理由としては、虎杖を処刑するために、夏油一派に情報をリークしたのではないか?と言われています。

確かに、登場当初から呪術界の保守派として、虎杖の処刑を求めていたので、考えられなくは無いですね。

 

家入硝子

家入は、五条・夏油と学生時代の同級生であり、現在は高専の医師を担当しています。

そんな家入がなぜ内通者ではないかとうわさされているのかというと・・・

夏油が呪術界に疑問を持ち、任務先で村人を皆殺しにして逃亡し、指名手配となった際に家入とは会って話し、その後逃亡しているからです。

このとき、家入は夏油から話を聞き、夏油の考えに共感し、逃がしたのではないかと考えられます。

さらに、夏油が死んだ際、五条は夏油の遺体を家入に処理させていないことが偽夏油の発言から分かっていますね。

このことから、五条は家入を信用していおらず、遺体処理を任せなかったのではないかと言われています。

 

冥冥

冥冥は、五条サイドの協力者として動いています。

しかし、”信じるのはお金のみ”というキャラクターで、姉妹校交流会の際には、虎杖を殺そうとする楽巌寺に協力しているシーンもありました。

また、渋谷事変の際に、偽夏油と戦闘になりましたが、両者大きな傷もなくそれぞれ別の場所へ移動しています。

このことから、夏油一派から大金をもらっており、情報をリークしているのではないかと考えられます。

 


狗巻棘が内通者に確定か?もう1人の内通者を徹底考察!のまとめ

狗巻棘が内通者で確定なのか、他の内通者であるとうわさされるキャラクターについて見ていきましたがいかがでしたでしょうか?

狗巻棘はファンも多く、仲間思いのキャラクターの為、内通者であった場合の衝撃は凄まじいですね。

しかし、呪術廻戦は七海の死や五条の封印など読者の予想を大きく裏切ってくれる作品です。

今回の内通者についても読者の予想をどのように裏切ってくれるのか非常に楽しみですね。

それでは今後の展開に期待していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です