呪術廻戦の映画に虎杖は出ないのか?主要キャラは誰が登場?


現在、週刊少年ジャンプで大好評連載中の「呪術廻戦」。

来たる12月24日(金)に映画・呪術廻戦が公開されます。

原作での主人公は虎杖悠仁ですが、映画では単行本”第0巻”の内容での制作が決まっています。

そのため、映画・呪術廻戦の主人公は乙骨憂太になることが予想されます。

では、映画・呪術廻戦には虎杖は出ないのでしょうか?

今回は0巻に登場する主要キャラクターに誰がいるのかを振り返り、虎杖が出ない?について考察していきたいと思います。

 


呪術廻戦の映画に虎杖が出ないのはホント!?

現在、SNS上で虎杖が出ないのではないか?と噂になっています。

虎杖が出るのか出ないのか・・・

それでは、0巻の内容を確認していきましょう。

 

原作で虎杖は出ないのか?

まずは、0巻に虎杖が登場するのかどうか見ていきたいと思います。

0巻は乙骨が呪術高専・東京校へ入学することから始まります。

その後、本編同様に担任として五条悟が登場します。

呪術高専・1年の同級生としてパンダ・狗巻棘・禪院真希が登場することになります。

さらに敵として、夏油傑が登場します。

この0巻では夏油傑の死までが描かれており、メインキャラクターは終始、乙骨でした。

本編の1年生である、虎杖・伏黒恵・釘崎野薔薇は0巻での登場は確認できませんでした。

 


呪術廻戦の映画では虎杖登場?

次に映画・呪術廻戦に虎杖が登場するのかについて考察していきたいと思います。

原作での登場は確認できなかった為、映画でも本筋の物語内での登場は”無い”と考えられます。

虎杖ファンの方からすれば虎杖の登場が無いことは非常に残念ですね・・・

しかし、映画終盤や、エンディング後に後日談のような形で登場する可能性はあるのではないかと考えられます。

メインとして登場することは考えにくいいですが、大人気漫画の主人公としてちょい役として登場してほしいものですね!

虎杖が出ないかについてファンの声!

最後に虎杖が映画に出ないのか!?についてのファンの方々の声を見ていきたいと思います。

やはり、虎杖ファンの方々は落胆していますね。

原作の主人公が、映画版で登場しないということはかなり珍しいのではないのでしょうか?

大人気作品の主人公だけにファンの方も多いので落胆も声が多く見られました。

虎杖登場をあきらめず、切望する声も多く見られました。

乙骨が主人公ではありますが、本編の主人公である虎杖が登場しないなどありえない!!などアニメオリジナルストーリーを期待しています。

まだ登場するのか?未登場で終わるのか?分かりませんが、多くの注目を集めていることが分かりますね。

 


呪術廻戦の映画で主要キャラは誰が登場する?

最後に、映画・呪術廻戦で登場することが予想されるキャラクターを簡単に紹介していきます。

紹介の内容については、本編の内容にて紹介させていただきます。

 

乙骨憂太

0巻の主人公。

呪術高専・東京校の2年生であり、特級術師の階級を持ちます。

戦闘センスが高く他人の術式をコピーしたり、圧倒的な呪力量による攻撃を行います。

 

折本里香

0巻に登場し、乙骨に取りつく「特級過呪怨霊」。

その正体は乙骨と幼少期に婚約し、事故死してしまった幼馴染の少女です。

乙骨への愛は凄まじいものがあります。


呪術高専・東京校

次に、乙骨の仲間として登場する東京校の生徒について見ていきます。

狗巻棘

呪言を操る狗巻家の呪術師。

他人に危害を加えないために、語彙をおにぎりの具に絞って会話をします。

禪院真希

呪術界の名家である禪院家の出自。

呪力を持たないフィジカルギフテッドにより、高い身体能力を武器に戦います。

パンダ

東京校学長の夜蛾によって作られた「突然変異呪骸」。

人語を話すだけでなく、高いコミュニケーション能力から棘の通訳も行えます。

五条悟

自他ともに認める最強術師。

常に目を覆い隠しているが非常にイケメンで、圧倒的な女性人気を誇ります。

敵キャラクター

最後に乙骨の敵となるキャラクターについて見ていきます。

夏油傑

五条悟の元同級生。

特級術師にランク付けされており、五条と同等レベルの強さを持ちます。

数多の事件と向き合うことで自分が分からなくなり、呪術協会から離反しました。

その後、「呪術師だけの楽園を築く」ために戦いを引き起こします。

 


呪術廻戦の映画に虎杖は出ないのか?主要キャラは誰が登場?まとめ

これまで映画・呪術廻戦に虎杖は登場するのか?出ないのではないか?についての検証。

また、映画・呪術廻戦に登場するメインキャラクターの紹介を行ってきましたがいかがでしたでしょうか?

本筋のストーリーでは虎杖の登場は考えにくいですが、アニオリとして登場があると嬉しいところですね。

漫画・アニメ同様、人気作品になるのは間違いないのでどのような形で作品が出来上がるのか、今から楽しみで仕方ありませんね。

それでは、映画・呪術廻戦の公開を楽しみに待ちましょう。

最後まで見てくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です