虎杖悠仁の両親が143話で登場!母親は香織ではなく加茂なのか考察


呪術廻戦は主人公・虎杖悠仁が特級呪物「両面宿儺」を体内に取り込むことで話が展開していきますが、虎杖って意外と素性や過去が明らかになっていないですよね。

天与呪縛のような身体能力の高さや、呪胎九相図の脹相に弟扱いされたりなど虎杖には不思議な点がいくつかあります。

読者の間でも虎杖の考察がなされてる中、とうとう143話で虎杖の両親が登場しました。

虎杖の回想に現れた母親らしき女性の額には、呪胎九相図を生んだ加茂憲倫や偽夏油の額にもあったツギハギが!

虎杖の祖父・倭助は「香織」の名を口にしていましたが、虎杖の母親を指しているのか、それともツギハギ額の女性のことなのか…。

まさしく謎が謎を呼ぶシーンでしたね!

今回の記事では、虎杖の母親が香織ではなく、加茂なのかを考察するとともに、虎杖の両親についてもクローズアップしていきます。

 


虎杖悠仁の両親が登場したシーンを紹介

虎杖の死刑執行人である乙骨の攻撃で、生死の境をさまよう虎杖が見た回想シーンと思われます。

「仁」と誰かを呼び止める虎杖の祖父・倭助。

倭助の目の先には、赤ん坊の虎杖を抱いた彼の父がいました。

倭助は険しい表情で「仁…オマエがどう生きようとオマエの勝手だ… だがあの女だけはやめておけ 死ぬぞと仁に伝えますが…。

仁は「悠仁の前で変な話はやめて下さい 案外覚えているそうですよ 赤ん坊の記憶」と聞き流します。

倭助は「オマエが子供を欲しがっていたことも 香織との間にそれが叶わなかったことも知ってる だが香織が死んだのはと声を荒げると、

倭助の話を遮るように、「お義父さん」と呼びかける女性の声。

そこには「なんの話ですか?」と問う女性が不敵な笑みを浮かべています。

そして、女性の額には加茂憲倫と同じツギハギが刻まれていました。

 


虎杖悠仁の両親

第1巻で、命短い倭助は虎杖に「オマエの両親のことだが」と伝えようとしますが、虎杖は「いいよ興味ねーから」と耳を貸しません。

これ以降本編では、虎杖の過去に触れることはないため、彼の両親について一向に正体が分からなかったですが、上記のシーンからある程度推察できそうですね。

続いて、虎杖の両親について考察していきます。

 

父親

虎杖と顔がそっくりのメガネをかけた男性が、虎杖の父親・仁です。

仁が倭助を「父さん」と呼んだことから、仁は倭助の実の息子と言って良いでしょう。

ただ、仁が倭助に対して他人行儀なところや、忠告に耳を貸さないところをみると、二人の親子仲は良くなかったのかもしれません。

 

母親

まだ断定はできませんが、ツギハギ額の女性が虎杖の母親である可能性はあります。

134話で脹相は記憶を思い出し、自分ら呪胎九相図は加茂憲倫に作られたこと、そして偽夏油の「中身」が加茂と同一であることに気付いていましたね。

その脹相が虎杖を術式によって弟だと確信したところを見ると、虎杖もまた九相図の一つなのかもしれません。

15巻133話でも、偽夏油が虎杖に対し、「我ながら流石と言うべきか 宿儺の器タフだね」と言うところをみると、虎杖の出生に加茂が関わっていることは間違いないでしょう。

ただ、加茂の手によって虎杖が呪胎九相図の一つとして生み出されたのか、加茂の「中身」が女性の身体を乗っ取って虎杖を産んだのかはまだ判別できないところです。

 


虎杖悠仁の母親は香織ではなかった?じいちゃんのセリフから考察

倭助のセリフから考えられることは2通りです。

  1. 香織は何らかの理由(ツギハギ額の女性に殺された?)で既に故人であり、ツギハギ額の女性は仁の後妻。
  2. 香織の「中身」が異形の何かにすり替わっていることを倭助が見抜いている。

1の場合は、虎杖家の血統が「実験体」を作る上で何らかのメリットがあるから、ツギハギ額の女性が仁と結婚していた香織を殺害し、仁に近づいて子供を設けたと考えられます。

2の場合は、加茂の「中身」が無作為に選んで香織の身体を乗っ取り、仁の子を妊娠した後、呪胎九相図の一つを身体に取り込んで、胎児に受肉させてから出産したと考えられます。

2に関しては、私の考察が膨らみ過ぎて恐ろしいものとなりましたが、脹相の虎杖に対する「弟」発言を深読みした結果です。

いずれにせよ、虎杖の出生には後ろ暗い事情が絡んでいる気がしてなりません…。

 


虎杖悠仁の両親の現在は?

上記のように、虎杖が倭助から両親の話をされても遮られているため、彼の両親の消息および生死も不明です。

もし、ツギハギ額の女性が虎杖の母親で偽夏油の「中身」と同一なら、すでに虎杖を産んだ後、次の身体に乗り換える前に仁を何らかの理由で葬ったかもしれません。

あるいは仁がツギハギ額の女性の正体に気付いたため、仁を不審死に見せかけ殺害した後、女性の「中身」は次の身体へ乗り換えたことも考えられます。

 

虎杖悠仁の両親の考察記事まとめ

今回の記事では、虎杖の母親は香織ではなく、加茂なのかどうかを考察していきました。

虎杖の出生に加茂の「中身」が関わっていれば、虎杖の常人のレベルを遥かにしのぐ身体能力、脹相が虎杖を弟と見なすことは合点がいきますね。

ただ、個人的には虎杖が呪胎九相図の一つであるという以外にも、もうひとひねりあるような気がします。

虎杖の両親の消息もどうなったか気になるところです。

それにしても、虎杖の回想シーンでツギハギ額の女性が出てきたのは衝撃的でしたね…!

虎杖の出生の秘密が今後の展開で大きなカギとなりそうです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です