日輪刀を一覧で画像付きで紹介!色や鍔に込められた意味は?


鬼殺隊に入隊し、初めて手にすることのできる日輪刀は人が鬼に対抗するための唯一の武器になります。

素材は鬼の弱点である太陽の光を沢山取り入れた砂鉄と鉱石から作られており、この刀によって鬼の頸を断ち切ることで鬼を倒すことができるのです。

しかし日輪刀といえど、全て同じ刀が隊士たちに支給されるわけではありません

鬼殺隊入隊における最終戦別に合格することで、目の前に出されたいくつかの鉱石の中から一つを自分で選び、それ専門の刀鍛冶によって刀が打たれるのです。

このように打たれる日輪刀ですが実は皆それぞれに違った特徴を持っており、刀の持ち主にしっくりくるようそれぞれ工夫されています

そこでどんな日輪刀が打たれ、使用されているのか?

主軸メンバーと鬼殺隊トップの柱の日輪刀の色や鍔などについて調べてみました。

 


日輪刀は色変わりの刀!色の種類や意味は

そもそも鬼を滅殺するために結成された鬼殺隊の隊士たちはそれぞれに【呼吸】という流派に属しています

この流派は【はじまりの呼吸】を開祖とし、基本の呼吸が生まれ、その基本の呼吸から派生してできた呼吸がいくつも誕生しました。

現在物語では14種の呼吸が描かれているのですが、日輪刀はそれらの呼吸のうち自身がどの呼吸に適しているのかの判断材料になるなど、隊士たちの所持する日輪刀の色は呼吸と大きく関係しています

刀剣に現れる色は様々で、誰しもが刀を手にすれば色が変わるというわけではありません。

  • ある程度の剣術が身についていること
  • 呼吸の才能がある者

この2点を満たした者だけがその適性に応じて色が変わります。

さらに現れた色にも自身の力量によって刀剣に出る色の濃さも違っており、使い手としての素質がある者ほどど出る色は濃くなります

 


日輪刀一覧:キャラごとの色や鍔とは

では鬼殺隊メンバーの主人公をはじめとする主要メンバーに、鬼殺隊のトップに立つ柱の日輪刀はどのようなものを使っているのか? それぞれのキャラクターの色や鍔に着目し一覧にしてご紹介します。

 

竈門炭治郎の日輪刀

主人公の炭次郎の刀の色は【黒色】

鬼殺隊の中でも滅多にみられない珍しい色で、はじまりの呼吸の開祖である継国縁壱も同じ黒の刀剣です。

しかし希少だからこそ謎も多かったため、どの呼吸が適性しているのかもわからず出世できない色とも言われていたようです。

鍔は当初、炭次郎の耳飾りのモチーフに類似した光の射す太陽でしたが、無限列車にて煉獄杏寿郎亡き後、その鍔を弟千寿郎より受け継ぎ使用しています。

 

我妻善逸の日輪刀

炭次郎と同期で主要メンバーの一人である善逸の刀の色は【黄色】

黄色は雷の呼吸に適した色で刀身には稲妻のような模様が黄色で描かれています。

鍔はよくみるスタンダードな四つの丸みがある形状で、善逸の羽織の柄と同様に三角の模様が散りばめられています。

 

嘴平伊之助の日輪刀

善逸同様主要メンバーの一人になる伊之助の刀の色は【藍鼠色】

髪の毛の色と獣らしさが合わさったような名前の色ですが、刀鍛冶からも賞賛を受けるほどの美しさを放つ色のようです。

また伊之助の刀には鍔や柄はありません

理由は不確かですが、獣らしく装飾となりえる柄や鍔などは邪魔だと考え、あえて自ら外している可能性が高いです。

 

栗花落カナヲの日輪刀

炭次郎最終戦別時に共に合格し、同期となるカナヲの刀の色は【桃色】

花の呼吸の使い手に見合う可愛らしい色が特徴的です。

鍔はというと丸みを帯びた花の模様があしらわれており、女の子らしさが詰まった柄になっています。

 

不死川玄弥の日輪刀

カナヲ同様最終戦別時に共に合格した同期の一人、玄弥の刀の色は【無】

残念ながら剣術の才能がなかったようで、鍛錬して刀を握っても色が変わることがありませんでした。

主に鬼退治にて用いられている武器はピストルですが、実は玄弥も刀は所持しています。

鍔は楕円が二つ重なり合ったような形をしており、色は黒で玄弥のもつ武骨っぽさが主張されています。

 

煉獄杏寿郎の日輪刀

映画で一気に人気に火が付いた炎柱の杏寿郎の刀の色は【赤色】

刀身には熱く燃え上がる炎のような模様があり、炎の呼吸の使い手としてまさに適性した色になります。

鍔も炎柱らしく炎がモチーフとなっており、死亡後は炭次郎に引き継がれています。

 

冨岡義勇の日輪刀

炭次郎が鬼殺隊に入隊するきっかけとなった水柱の義勇の刀の色は【水色】

水の呼吸の使い手は炭次郎や鬼殺隊の村田など人は多いのですが、水柱だけあって義勇の刀身に現れる水色は色濃く鮮明に出ていました。

また鍔の形は義勇のまとう羽織同様、亀甲門柄です。

 

胡蝶しのぶの日輪刀

任務によって負傷した炭次郎達を治療してくれた蟲柱のしのぶの刀の色は【青みがかった灰色】

水の呼吸の派生からできた呼吸のためこのような色なのかな?とも思いますが、あまりはっきりと色の選別がしにくい色になります。

鍔は蝶のような4枚の羽があしらわれており、蟲柱らしさが出ています。

 

不死川実弥の日輪刀

玄弥の実の兄で風柱の実弥の刀の色は【緑色】

風の呼吸に適性しており、刀身にはカマイタチを連想させる鋭い模様があります。

鍔も鋭う刺々しい部分があり、相対的に見ると風で回る風車を連想させる形をしています。

 

時透無一郎の日輪刀

14歳という最年少且つ、剣を振るって2ヵ月足らずで柱に立つ霞柱の無一郎の刀の色は【白色】

霞の呼吸に適性した刀剣の色をしており、継国厳勝の子孫という点から生まれながらにして剣術の才能があったと推測されます。

鍔は中央の四角に四方四角が重なった形をしています。

 

甘露寺蜜璃の日輪刀

実は炎柱の継子で派生した呼吸となった恋柱の蜜璃の刀の色は【桜色】

パッと見ると花の呼吸と類似 する色味ですが、基本の呼吸である炎の呼吸からの派生でできたためそちらの適性も兼ね備えているかと思います。

鍔の形は四葉のクローバーに類似しており、女性らを感じる可愛らしい形をしています。

 

伊黒小芭内の日輪刀

蛇柱の小芭内の刀の色は【紫色】

水の呼吸の派生からできた為、寒色系の色に尚且つ紫色というのがいかにも蛇らしい感じがします。

鍔も蛇柱らしく蛇の模様が描かれており、羽織のような縞々柄になっていて、小芭内らしさが強調された日輪刀です。

 

宇髄天元の日輪刀

音柱の天元の刀の色は【橙色】

音の呼吸らしく、猛々しい音を響かせる稲妻の雷の呼吸の派生になります。

鍔は善逸同様に四方に丸みを帯びた形になりますが、中には十字架思わせる線が刻まれています。

 

悲鳴嶼行冥の日輪刀

 岩柱の行冥の刀の色は【灰色】

いかにも岩!!を連想させ、岩の呼吸に適性のある色になります。

また行冥は他の鬼殺隊とは違い、刀ではなく片方に斧、もう片方は棘のついた鉄球がついており双方鎖で繋がった武器を使用しています。

大きな体格を生かしたこの武器で相手を締め・なぎ倒すことができるのです。

また刀とは違った武器を使用しているため行冥には鍔がありません

 


日輪刀を作る鍛冶屋を紹介

鬼殺隊の使用する日輪刀は普通の刀匠では打つことができません。日輪刀専任の刀を打つ刀匠がいるのです。

つまり刀匠たちがいなければ日輪刀を打つことができず、鬼と戦うこともできないためとても大切な存在です。

またバディーのように鬼殺隊隊員の使う日輪刀は個々に選任の刀鍛冶が存在しています。

みな芸術肌のようでとても癖のある人が多いように感じられます。

刀鍛冶はみな【刀鍛冶の里】で暮らしており、鬼に見つからないよう細心の注意を払って生活していました。

 


日輪刀が赤く染まる!赫刀とは

日輪刀は呼吸の適性関係なく、ある条件を満たすことで刀身を赤く染める赫刀というものがあります。

これで攻撃を受けた鬼は炎に当てられたような焼け付いた痛みを与えることができ、普通の日輪刀で斬られた場合に比べ殺傷能力が高く、無惨でさえも再生能力が落ちていました。

赫刀にするために必要となる条件が『温度』です。

  • 万力の力で柄を握る
  • 刀同士を強い力でぶつけ合う
  • 禰豆子血気術『爆血』の攻撃を刀で受ける

などいくつかの方法にて実際に日輪刀を赫刀にしている隊士たちがいます

 

日輪刀を一覧で画像付きで紹介!色や鍔に込められた意味は?記事まとめ

 己の潜在能力で適性の呼吸を知り、色の濃さで実力を把握できる特別な刀である日輪刀。

また燃えるような熱い温度にて『赫刀』に変化させ、日輪刀はさらなる高みへと上り詰めることで上弦の鬼や始祖の無惨にも効果のある攻撃を繰り成すことが可能となるのです。

どれ一つとして同じものはなく、適性の色からさらに赫刀へと変化する…なんとも不思議な刀。

別名【色代わりの剣】といわれる由縁は実はここにあるのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です