釘崎野薔薇の戦闘シーンを画像を見ながら紹介!登場話数は何巻何話?


現在、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「呪術廻戦」。

その中で、主人公・虎杖悠仁の同級生であり紅一点の「釘崎野薔薇」

釘崎野薔薇は呪術高専東京校の1年生であり、同級生に虎杖悠仁と伏黒恵がいます。

非常に男前な考え方で、サバサバしており清々しい性格をしています。

釘崎野薔薇は登場回数も多く戦闘シーンも多く見ることができるキャラクターです。

今回はそんな釘崎野薔薇がどのような戦い方をするのか、戦闘シーンを画像を見ながら解説・紹介していきたいと思います。

また、戦闘シーンが何巻何話に収録されているかも合わせて紹介していきます。

 


釘崎野薔薇の戦闘シーンを紹介!

さっそく釘崎野薔薇の戦闘シーンを見ていきたいと思います。

  • 六本木ビル呪霊
  • 京都姉妹校交流会
  • 八十八橋の呪霊退治任務
  • 渋谷事変

主人公の同級生とあって、戦闘シーンが多く描かれていますね。

また、一つ一つの戦いで着実に強くなっているのが見られます。

特に八十八橋の呪霊退治任務では”黒閃”を放つなど術師としてかなりの高みに言っていることが分かります。

それでは、細かく見ていきましょう。

 

【六本木ビル呪霊】

最初の戦闘シーンは1巻第4話”鉄骨娘”で見ることができます。

虎杖悠仁・伏黒恵は五条悟に連れられ最後の同級生を迎えに行きます。

その最後の同級生が釘崎野薔薇です。

合流後、実地試験と称して虎杖悠仁と共に六本木?のビルにいる呪霊を払いに行かされます。

ビルにいた呪霊は知能があり子供を人質にしてきました。

釘崎野薔薇は子供を救うために武器を手放しましたが、虎杖悠仁が壁を破壊し子供を救出、呪霊は逃亡しました。

逃げる呪霊を払うために、釘崎野薔薇は攻撃を行います。

ここで登場したのが、芻霊呪法”共鳴り”です。

無事呪霊を払った釘崎野薔薇は「ちゃんとイカれてた」と認められ呪術高専1年生の仲間入りが認められました。

子供を助けるために自分の命を捨てる決断ができる優しさや、芯の強さが分かります。

 

【京都姉妹校交流会】

次の戦闘シーンは5巻第40話”京都姉妹校交流会ー団体戦⑦ー”にて見ることができます。

交流会では西宮桃と戦闘を行いました。

この戦いでは、芻霊呪法”簪”により周囲の木を破壊し、西宮桃がバランスを崩した際に箒の枝を掠め取ります。

その枝に芻霊呪法を使用することで箒を使用できなくし、ピコピコハンマーにて西宮桃を攻撃します。

しかし、攻撃の際に禪院真衣の不意打ちにより、敗北してしまいました。

このシーンでは木を倒して攻撃するなど機転が利き戦闘センスが高いことが分かりますね。

 

【八十八橋の呪霊退治任務】

7巻第55話”起首雷同”から始まる八十八橋の呪霊退治任務では釘崎野薔薇は虎杖悠仁・伏黒恵と共に八十八橋の呪霊を祓うことになりました。

その任務中に呪胎九相図である壊相と血塗が、宿儺の指を回収するために乱入してきました。

釘崎野薔薇と虎杖悠仁が応戦することになり戦闘を開始しますが、壊相の蝕爛腐術によって釘崎野薔薇の身体は毒に侵されてしまいます。

しかし、対象の身体の一部さえあれば攻撃することのできる「芻霊呪法」とは相性が悪く、釘崎野薔薇は自身の身体へ釘を刺し「共鳴り」を発動しました。

「共鳴り」により壊相・血塗ともにダメージを与えることに成功し、我慢比べが始まりました。

さらに、虎杖悠仁は”呪いの王 宿儺”の器であるということから、壊相の蝕爛腐術の効きが悪く止まることがありませんでした。

壊相は「絶対に術式は解かない!!」と決意しますが、瀕死の血塗が視界に入り無意識に術式を解除してしまいます。

その後、ぎりぎりの戦いにより感覚が研ぎ澄まされた釘崎野薔薇と虎杖悠仁は、互いに黒閃を放ち壊相・血塗を倒すことに成功します。

この戦闘シーンでは釘崎野薔薇のタフさや信念の強さがよくわかりますね。

 

【渋谷事変】

10巻第83話”渋谷事変①”から始まる渋谷事変で、釘崎野薔薇は禪院班として、禪院直毘人・禪院真希の二人とともに参戦しました。

しかし、五条悟封印に伴い新田ちゃんと移動中に重面春太と遭遇します。

戦闘が始まってすぐに新田ちゃんに気を取られた釘崎野薔薇は顎に拳を入れられ膝をついてしまいます。

しかし、そこに七海建人が現れ、重面春太を瞬殺します。

その後、真人の分身と鉢合わせ再度戦闘になります。

真人は釘崎野薔薇の術式を見て、自分に効くことはないと判断し油断します。

しかし、「共鳴り」の発動によって分身を通して本体へとダメージが行き、さらに本体がダメージを受けたことによって分身へとダメージが返ってきました。

このダメージにより出会った当初は舐めていた真人ですが、釘崎野薔薇が自身の天敵であると認めることとなりました。

このままでは勝ち目がないと判断した真人は逃亡を図り、本体の元へと逃げていきます。

分身真人を追っていった釘崎野薔薇ですが、分身スイッチングした真人本体の手のひらに触れてしまい瀕死の重傷を負ってしまいました。

この戦闘シーンでは、作戦としてむやみやたらと釘を打っているように見せたり、分身の特性を見抜くなど戦闘センスが高く、入学当初よりかなり強くなっていることが伺えます。

 


釘崎野薔薇の戦闘シーンを画像を見ながら紹介!登場話数は何巻何話?まとめ

釘崎野薔薇の戦闘シーンを画像付きで見ていきましたがいかがだったでしょうか?

釘崎野薔薇はまだ駆け出しの呪術師ですが、戦闘における機転も効き勝負度胸もあることが垣間見えましたね。

現在釘崎野薔薇は、真人との対戦後の状況が分かっていません。

しかし、新田新の術式によって傷が悪化しない状態にはなっています。

今後の釘崎野薔薇の再登場や、どれだけ強くなるのか次の戦闘シーンが非常に楽しみですね。

それでは、最後まで見てくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です