乙骨憂太とリカちゃんの関係は?里香が死んだ理由や呪いとは?


呪術廻戦0巻が、今年の12月に映画となって上映されることが決定されましたよね。

おかげで0巻での主役・乙骨憂太とリカちゃんについてSNS上で話題になりまくり!!

ということで、今回は乙骨憂太とリカちゃんこと祈本里香について色々と紹介していきたいと思います。

リカちゃんこと祈本里香とはいったいどんな女の子だったのか。

人間だったときの里香と乙骨の関係は…?そして呪いの女王となったあとの里香と乙骨の関係は…?

さらには、呪いの女王と呼ばれる里香が乙骨にかけた呪いとはいったいなんなのか。

そして最後に1回祓われた存在の里香ちゃんが141話で登場していたことから、「リカちゃん復活説」を個人的な解釈で考察します。

 


乙骨憂太と里香ちゃんの関係について

最初に、祈本里香こと里香ちゃんがどのような人物なのか紹介をしていきます。

里香はいったいどんな子だったのか、そして里香の悲惨な過去をまとめました。

次に、祈本里香と乙骨憂太の関係、そして特級過呪怨霊と分類されている里香ちゃんと乙骨憂太の関係についてを考えていきます。

 

里香ちゃんこと祈本里香

祈本里香は、呪術廻戦の0巻にて登場するキャラクターです。

元は普通の女の子でしたが、なぜ“呪いの女王”と呼ばれる怨霊になったのでしょうか。

ここでは、祈本里香のプロフィールと過去について紹介していきます。

プロフィール
名前:祈本里香(※折本ではなく祈本)

性別:女の子

誕生日:不明

享年:11歳

嫌いなもの:乙骨憂太以外の人間(女性や年上男性)

      祖母が作った茄子の煮浸し

好きなもの:乙骨憂太

と、祈本里香のプロフィールはこんな感じです。

生前のときから乙骨loveだったんだね。

そして里香の過去についてですが、公式で公開されている情報をここにまとめておきます。

  • 5歳のとき母親が謎の死を遂げている。
  • 小学校入学早々に父親と共に山で遭難。(里香は遭難して1週間後に保護されるが、父親はそのまま行方不明)
  • 短い期間で両親を失い、父方の祖母に引き取られる。(祖母との関係は良くなかった)

ここまでが生前の話です…。

かなりブラックですよね。

祖母からは自分(里香)が父と母を殺したんだ…と疑われていたらしく、引き取られた先でひどい扱いを受けていたそうです。

そんなこともあって里香も祖母のことを快くは思っていなかったのだと思います。

 

乙骨憂太とリカちゃん(里香)の関係

上記では里香ちゃんこと祈本里香のプロフィールと過去についてを紹介しました。

次は、里香が人間だったときの乙骨との関係、そして特級過呪怨霊になったあとの乙骨との関係についてまとめいていきたいと思います。

祈本里香のときの乙骨憂太との関係は、幼馴染み兼婚約者でした。

2人の出会いは病院で、里香は遭難したときの検査入院、乙骨は肺炎で同じ病院に入院していました。

歳の近かった里香と乙骨はすぐに仲良くなり、乙骨の誕生日に指輪を贈り結婚の約束をしたのでした。

婚約から数日後、里香は乙骨の目の前で車に轢かれて亡くなってしまいます。

つまり里香は享年11歳とかなり若くしてこの世を去ってしまったということになりますね。

そして里香は、乙骨への異常なまでの愛情で特級過呪怨霊となり乙骨に憑りついたのでした。

特級過呪怨霊となった里香と乙骨の関係は、最初はヤンデレの彼女を持った彼氏といった感じのイメージです。

つまり、里香の乙骨へのデカ重の愛を乙骨が受け止めきれずに持て余している状態という感じですかね。

ですが、途中から2人の関係は「純愛」へと変わります。

受け止めきれなかった里香のデカ重愛情を受け止め、さらには同じ大きさの愛を里香に返す、という純愛っぷり。

 


里香ちゃんの純愛すぎる最後の戦い!里香が乙骨にかけた呪いとは

上記では、祈本里香のプロフィール・生前の過去についてや乙骨憂太との関係性についてをまとめていきました。

ここでは、里香と乙骨の純愛すぎる最後の戦いや彼女がかけた呪いについて詳しく見ていこうと思います。

最後の戦いとはいったいいつどこで誰との戦いだったのか。

そして里香の呪いとは……??

 

里香ちゃんと乙骨の純愛すぎる最後の戦い

里香ちゃんと乙骨といえば……やっぱり「純愛」ですよね!!

2人の純愛すぎる最後の戦いは、呪術廻戦0巻の最終話「眩しい闇」にて描かれています。

百鬼夜行を起こした夏油傑との戦いの最終局面で、戦いの最中でもあるのに乙骨は里香ちゃんに愛の告白をするのでした。

「僕の未来も心も体も 全部里香にあげる これからは本当にずっと一緒だよ」

「愛してるよ 里香」

「一緒に逝こう」

この言葉の後に乙骨は里香ちゃんに口づけするのでした。

乙骨は里香ちゃんに愛の告白という名の『呪力の制限解放』を行ったのです。

それに対して夏油傑は乙骨に「女誑しめ!!」と吐き捨てますが、乙骨は「純愛だよ」と否定するのでした。

つまり、乙骨が里香ちゃんに対していった言葉はすべて本心から出たものであって嘘偽りのないものだったということですね。

死んでもなお一途に乙骨を愛する里香ちゃんのすべてをここでやっと受け止め、そして同じ想いを里香ちゃんにかえした、ということでもあります。

これぞまさに……純愛!!!

 

里香が乙骨にかけた呪いとは

呪術廻戦0巻での夏油との戦いの最中に乙骨は呪力を解放するために里香ちゃんと「この戦いが終わったら一緒に死ぬ」と約束しました。

そして無事夏油を負かすことができた乙骨は、里香ちゃんとの約束を果たそうとします。

しかし結果的には、乙骨は死なず逆に里香ちゃんの解呪に成功したのです。

小さいときに里香の死を目の当たりにした乙骨は、その事実を受け入れることができず無意識のうちに里香に対して呪いをかけ自分に縛り付けてしまっていたことがここで判明しました。

つまり、最初は里香が乙骨に対して呪いをかけていたと五条達は考えていましたが、実際に呪いをかけていたのは乙骨だった、ということです。

この事実を知った乙骨は、これまで起きたすべてのことを自分のせいだと自分自身のことを責めてしまいました。

すると、里香が乙骨をそっと抱きしめ「里香はこの6年が 生きてる時よりも幸せだったよ」と伝えたのでした。

そして解呪が成功したため里香は乙骨に別れの言葉を告げ消えていくのでした。

このとき里香が乙骨に対して最後に言った言葉が「さよなら」ではなく「またね」だったことをちょっと覚えていてください。

 


141話にてリカちゃん登場!!復活した!?

0巻の最終話で完全に祓われたリカちゃんが141話で乙骨と共に虎杖の前に登場しました。

そのことにより「リカちゃんが復活した」とSNSでも話題となりましたね。

ということで、ここではどうやってリカちゃんが復活したのかについて考察していきたいと思います。

公式の情報によると、里香とリカちゃんに関してはほとんどが謎のままでした。

なので、ここからは完全に私個人の勝手な解釈で考察していきます。

  • 呼び方がカタカナの「リカちゃん」になっている
  • 姿が違う
  • リカちゃんの方は刀に宿っている可能性がある

この3つが0巻で登場していた里香ちゃんと141話で登場したリカちゃんの違いだと思います。

これらを総合的に合わせてみて、0巻と141話で登場するリカちゃんは全くの別物なのではないかと考えられます。

私個人的な推測なのですが、もしかしたらリカちゃんは乙骨の多すぎる呪力の置き場所なのではないでしょうか。

 


乙骨憂太と里香ちゃんの関係は?里香が死んだ理由や呪いとは?の記事まとめ

  • 祈本里香の生前はかなりブラックなものだった
  • 祈本里香と乙骨憂太は幼馴染み兼婚約者 里香ちゃんと乙骨憂太はヤンデレ彼女とその彼氏からの純愛の関係
  • 夏油傑との戦いの最中に乙骨憂太が里香ちゃんに愛の告白
  • 里香が乙骨に呪いをかけていたんじゃなくて、乙骨が里香に対して無意識のうちに自分に縛り付けていた
  • 0巻と141話で登場したリカちゃんはまったくの別個体説が浮上

この5つが今回の乙骨憂太と里香ちゃんの関係は?里香が死んだ理由や呪いとは?の記事まとめです。

里香の生前が思っていた以上に重く愛に飢えていたことが分かりますね。

だからなのか、里香は自分と仲の良い乙骨に異常なまでに依存していたんじゃないでしょうか。

141話に登場した里香ちゃんについては、まだまだ不明は部分の方が多いです。

ただ0巻の最後で里香が乙骨に言った「またね」という言葉が、141話のリカちゃんと関係してそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です