古代種の悪魔の実の能力者の画像付き一覧【最新版】今後の予想も紹介!

悪魔の実古代種キャラ一覧


今回は、『ワンピース』に登場するゾオン系古代種の悪魔の実の能力者を画像付きで一覧にして紹介していきたいと思います。

 

ゾオン系古代種の悪魔の実とは、古代に実在した生き物がモデルになっている悪魔の実です。

主に恐竜に変形することができる能力が多く、巨大な体格やパワーがある能力ばかりです。

古代に実在した生き物が見られるなんてロマンを感じますよね!

 

それでは、古代種の悪魔の実の能力者を画像付きで紹介していき、今後どのような古代種の悪魔の実が登場するのかについても考察していきたいと思います!

 

別の記事では、幻獣種の悪魔の実の能力者についてまとめています。

幻獣種の悪魔の実が気になる方はこちらの記事をご覧ください。

幻獣種の悪魔の実の能力者の画像付き一覧【最新版】今後の予想も紹介!

 


X・ドレーク:リュウリュウの実古代種モデルアロサウルス

最悪の世代の1人であるX・ドレークは、リュウリュウの実古代種モデルアロサウルスの能力者です。

新世界編では、百獣海賊団に加入しており、飛び六胞の1人に選ばれています。

アロサウルスとは、恐竜の中でも有名なティラノサウルスに見た目が似ていますよね。

簡単に見分ける方法としては、ティラノサウルスは指が2本、アロサウルスは指が3本あります。

巨大な顎が特徴で、パシフィスタの体に傷を付けるほどの力があります。

 


キング:リュウリュウの実古代種モデルプテラノドン

百獣海賊団大看板の1人であるキングは、リュウリュウの実古代種モデルプテラノドンの能力者です。

登場したリュウリュウの実の中で唯一飛行能力があり、ワノ国編ではマルコと空中戦を繰り広げています。

キングは戦闘時、火を吹いたりして戦いますが、元々プテラノドンに火を吹くなどの特性はありません。

そのため、火を吹くのはキング自身が元々持っている能力ではないかと考えられます。

口元は大きく鋭いくちばしがあり、高速で突撃することで、かなりの威力を発揮します。

 


クイーン:リュウリュウの実古代種モデルブラキオサウルス

百獣海賊団大看板の1人であるクイーンは、リュウリュウの実古代種モデルブラキオサウルスの能力者です。

長い首が特徴の恐竜で、まるでキリンのようですね!

長い首から振り落とすように繰り出される頭突きは遠心力もあり、高威力を発揮します。

クイーンは、科学者のような一面を持っており、兵器やウイルスを作り出し、それらを利用して戦います。

まだまだブラキオサウルスの能力を活用して戦闘しているシーンはないため、まだまだ謎に包まれた能力です。

 

ジャック:ゾウゾウの実古代種モデルマンモス

百獣海賊団大看板の1人であるジャックは、ゾウゾウの実古代種モデルマンモスの能力者です。

ゾウ編で、モコモ公国を襲ったジャックは、マンモスに変形し、ミンク族と戦いました。

イヌアラシやネコマムシとの戦闘では、マンモスの能力を駆使し、追い詰めました。

しかしワノ国編では、ミンク族のスーロン化に敵わず、敗北してしまいます。

マンモスの巨体から繰り出される攻撃は、かなりのパワーがあり、耐久力に関しても申し分ありません。

 

ページワン:リュウリュウの実古代種モデルスピノサウルス

百獣海賊団飛び六胞の1人であるページワンはリュウリュウの実古代種モデルスピノサウルスの能力者です。

スピノサウルスは、背中にヒレのようなものがあるのが特徴です。

また現実世界でのスピノサウルスは水中で生活していたのではないかとする説も近年囁かれています。

『ワンピース』でのページワン(スピノサウルス)は地上で生活していたと考えられていた際に考えられたデザインかもしれませんね。

悪魔の実の能力者はカナヅチになってしまうので、水中に適した能力を発揮することはないと思います。

また耐久力がかなり強く、ルフィやヤマトの攻撃を受けても、あまりダメージを負っている様子はありません。

 

うるティ:リュウリュウの実古代種モデルパキケファロサウルス

百獣海賊団飛び六胞の1人であるうるティは、リュウリュウの実古代種モデルパキケファロサウルスの能力者です。

パキケファロサウルスは、頭が非常に頑丈なのが特徴です。

うるティも覇気を頭にまとって頭突きで攻撃をするので、パケキファロサウルスの特性を理解して戦っているのが分かります。

通常時でも固い頑丈な頭骨を持っているのに、さらに武装色硬化を使用している辺りかなりの固さだとそうぞうできます。

ナミやウソップがうるティの頭突きを食らった際は、苦しんでいましたが、ルフィがうるティと戦闘になった際は、うるティに対抗していました。

ルフィと渡り合える程の強度があるのは凄まじいですね!

 

ササキ:リュウリュウの実古代種モデルトリケラトプス

百獣海賊団飛び六胞の1人であるササキは、リュウリュウの実古代種モデルトリケラトプスの能力者です。

トリケラトプスも恐竜の中ではかなりメジャーですね。

巨体と、大きな角を用いて突進することでかなりの威力を発揮します。

麦わらの一味のフランキーとは、肉弾戦を繰り広げています。

大きな角に覇気をまとって戦えば、かなり強力な技になりそうですね!

 

フーズ・フー:ネコネコの実古代種モデルサーベルタイガー

百獣海賊団飛び六胞の1人であるフーズ・フーは、ネコネコの実古代種モデルサーベルタイガーの能力者です。

まだ作中では、戦闘シーンが描かれていないので、どのような能力で、どのような戦闘スタイルなのかも不明です。

サーベルタイガーと言えば、長く巨大な2本の牙が特徴です。

牙を使用した技が描かれるのではないでしょうか?

 

ブラックマリア:クモクモの実古代種モデルロサミガレ・グラウボゲリィ

百獣海賊団飛び六胞の1人であるブラックマリアは、クモクモの実古代種モデルロサミガレ・グラウボゲリィの能力者です。

あまり聞きなれない名前のモデルですよね。

実は、ロサミガレ・グラウボゲリィを調べてもあまり情報が出てきません。

ロサミガレ・グラウボゲリィは、2億年以上前に生息していたクモのようです。

発見された化石は幼体で体調7ミリ程しかなく、謎に包まれています。

またブラックマリアが能力を使用した際、下半身がクモの形態に変化しており、人獣型のように見えますが、クモの部分には顔があり、SMILEの能力者ではないかという噂もあります。

 

今後登場する古代種を予想

すでに登場した古代種の悪魔の実の能力者について紹介してきました。

ここからは、今後登場すると予想される古代種の悪魔の実を考察していきたいと思います!

 

リュウリュウの実古代種モデルティラノサウルス

多くの恐竜がモデルとなっているリュウリュウの実が登場していますが、最も有名な恐竜がまだ登場していません。

それがティラノサウルスです。

カイドウの息子(娘)であるヤマトがリュウリュウの実古代種モデルティラノサウルスの能力者ではないかと予想しています。

ヤマトはまだどんな能力か判明していませんが、ササキとの戦闘時、1度だけ能力を使用しようとしたシーンが描かれました。

その際、歯が牙のように鋭利になっていたのです。

牙がある生き物は多くいますが、百獣海賊団の幹部クラスには古代種の能力者やリュウリュウの実の能力者が多数存在するので、ヤマトも古代種の悪魔の実の能力者であってもおかしくありません。

 

ヘビヘビの実古代種モデルティタノボア

ティタノボアとは、古代に実在した巨大蛇です。

胴体の直径は1メートル程もあり、全長はティラノサウルスと同じくらい巨大であったとされています。

そんな大きさの蛇が現代に存在していたら、怖すぎますよね。

 

リュウリュウの実古代種モデルステゴサウルス

ステゴサウルスは背中に大きな骨質のヒレのようなものが複数あるのが特徴です。

尾の先端が少し尖っており、尾をぶつけることで攻撃することが可能です。

作中に登場したら覇気をまとえば、かなり強力な攻撃になりそうですようね。

有名な恐竜たちはほとんど登場しているのですが、ステゴサウルスはまだ登場しておらず、シルエットも他の恐竜と見分けがつきやすいので、悪魔の実の能力の1つとして登場してもおかしくなさそうですね!

 

古代種の悪魔の実の能力者の画像付き一覧【最新版】今後の予想も紹介!のまとめ

今回は、古代種の悪魔の実の能力者を画像付きで一覧にしてきましたが、いかがでしたか?

また、今後登場しそうな古代種の悪魔の実についても予想しました。

古代種と言えば、やはり恐竜ですよね!

古代や恐竜というのはロマンを感じます。

古代種の悪魔の実が登場するだけで、どのような能力で、どのようなデザインで描かれるのかなど好奇心がくすぐられます。

古代種は希少な悪魔の実なので、今後登場する数としては少ないかもしれませんが、新たな登場が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です