胡蝶しのぶの日輪刀は細いけど文字ある?刀の色や鍔・鞘を解説!


鬼を倒す方法は2つ。

1つは太陽の光、そして鬼の頸を斬ること…しかし普通の刀では鬼の頸を斬ることは不可能です。

人が鬼を倒す唯一の武器こそ鬼殺隊が持つ各々の日輪刀なのです。

日輪刀とは、鬼殺隊入隊における最終選別合格後に各々が選んだ鉱石を原料に作られ、隊士に支給されます。

鬼を倒すための刀で、手に持つと自身の適正な呼吸により刀の色は変わるのです。

これは柱に関しても同様でそれぞれに自分に合う日輪刀を所持しています。
今回は蟲柱、胡蝶しのぶの日輪刀に着目し、鍔、鞘、刻まれた文字に刀の色など。

胡蝶しのぶが扱う刀の特徴についてご紹介したいと思います。


胡蝶しのぶの日輪刀

では早速、胡蝶しのぶの扱う日輪刀について見ていきたいと思います。

しのぶが初登場し、刃を振るったのは十二鬼月の存在が噂された那田蜘蛛山編です。

数多くの鬼殺隊がやられてしまい、トップの柱である胡蝶しのぶと富岡義勇の2人が討伐に向かうことになりました。

そこでしのぶは十二鬼月【塁】の疑似家族である姉蜘蛛に遭遇し、【柱の中で唯一鬼の頸を斬れない剣士】と自己紹介しています。

MEMO

胡蝶しのぶは柱の中で唯一鬼の頸を斬れない剣士

しかし頸は斬れないものの鬼を殺す毒を作り上げたことで、鬼殺隊の頂点である柱に抜擢されました。

MEMO

胡蝶しのぶは鬼の頸は斬れないが鬼を殺す毒を作り、その毒で鬼を倒す

また刀で突く・刺す力は、ずば抜けておりその威力は岩をも貫通してしまう程と言われています。

そのためか、刀の形状はしのぶの非力を考慮しつつ、素早いスピードで相手を突きさす攻撃スタイルを活かせるようにきっさきと柄に近い部分以外に刃はありません。

蟲の呼吸は突くことに特化した攻撃のため、刃を最低限度にすることで軽量化を図っているのかと推測されます。

MEMO

胡蝶しのぶの刀は突く・刺すに特化!非力なしのぶのために軽量化されている

刀の色

次に刀の色についてです。

色の断定は難しく、カラーのイラストでも刀の色は変化していないようにも見えるため、多くの読者が鋼色と予想していました。

しかしそれぞれの柱は呼吸に合わせて刀の色が変化しており、しのぶの刀も本来なら色が変化しているものと思われます。

そこで着目したのが呼吸です。

蟲の呼吸は基本形の水の呼吸より派生した花の呼吸をさらに派生させた新しい呼吸です。

つまり私が推測するに、水柱の富岡義勇の刀の色は透明度の高い青色。

また花の呼吸の使い手である栗花落カナヲの刀の色は桜のような薄ピンク色のため、それらを合わせたような青みがかった紫色のように感じます。

鍔の形

次に柄と刀身を繋ぐ大事な役目を成す鍔です。

鍔の形は蝶のような花のような形をしており、これは花の呼吸の派生から生まれた蟲の呼吸を表現しているのかもしれません。

色は柄同様に青緑で縁取りされたオレンジの2種の色で出来ています。 

次に日輪刀を収める鞘についてです。

しのぶの刃には鬼を殺すことの出来る藤の毒が仕込まれているのですが、その調合や細工するのに必要となるのがこの鞘になります。

毒を仕込む方法は分かりませんでしたが、鞘に収めることで仕込む毒の変更や量の調整が出来るようです。

鞘は白色をベースとしており、両端には金色で流れるように蝶の模様が入っています。

文字

最後に刀に刻まれている文字についてです。

一般の鬼殺隊が使用する日輪刀の刃には刀に文字は刻まれていませんが、柱の使う日輪刀には悪い鬼を殲滅するという強い意志が込められた【悪鬼滅殺】の文字が刻印されています。

しかししのぶの使用する日輪刀には最小限の刃しかないため、刃元の裏表に【悪鬼】と【滅殺】の2文字ずつが掘られています。


胡蝶しのぶの日輪刀を作った人

この独特な形に仕掛けを施した日輪刀を作った刀匠は、刀鍛冶の里の長である鉄地河原鉄珍です。

また同じく恋柱である甘露寺のうねるように刀を自由自在に操る特殊な刀も作っています。

仕掛けに細工と独特でありながら使い手にあった刀を作ることの出来る鉄地河原鉄珍は里イチの刀匠と言えるでしょう。

MEMO

胡蝶しのぶの日輪刀を創った刀匠は刀鍛冶の里の長である鉄地河原鉄珍


胡蝶しのぶの日輪刀に文字は刻める?刀の色や鍔・鞘を解説!記事まとめ

非力でありながら独自の戦闘スタイルを見出し柱まで上り詰めた胡蝶しのぶ。

しのぶの日輪刀は特殊ながらも、刃を無くし軽量化に努め、刃先は鋭く突きに特化しています。

突いて致命傷を負わせ、さらに鞘で調合した毒を刀の先端に染み込むことで追い打ちをかけるように止めを刺す。

この日輪刀はしのぶのために作られた逸品と呼べる刀に間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です