宇髄天元が柱を引退した理由とは?死亡した?最終決戦後の結末を紹介!

宇髄天元 引退 理由


【鬼滅の刃】に登場する柱の一人である音柱の宇髄天元は、鬼の始祖・鬼舞辻無惨との最終決戦には登場していません

その理由をご存じでしょうか?

他にも最終決戦に登場しなかった炎柱の煉獄杏寿郎ですが、杏寿郎は無限列車編での魘夢との戦いに突如やってきた上弦の参・猗窩座との戦いで命を落としています。

ということは、最終決戦に登場していない宇髄天元も実は死亡している…?

それとも引退、もしくはそうだった場合における引退の理由はなんだったのでしょうか?

さまざまな説が浮上している天元のその後ですが、それらの真相についご紹介したいと思います。

 


宇随天元は死亡したのか?

死亡説の出ている天元ですが、実際のところは死んでおらず生き残っています

しかし宇髄天元の死んだという死亡説はどこから出てきたのでしょう?

 

宇髄天元の死亡説について

死亡説の元となったのが今期放送予定の【遊郭編】に登場する上弦の陸・妓太夫と堕姫との戦いです。

壮絶な死闘を繰り広げる中、兄妹同時に頸を落とさなければ倒すことができないとわかった炭治郎たちは、妓夫太郎を天元に任せ、先に堕姫の頸を落とそうと3人で挑みます

そして何とか3人の力を合わせ堕姫の頸を落とした伊之助は、蘇生されないように堕姫の頸を持ちその場を離れようとしました。

しかし伊之助の背後に突如として妓夫太郎が現れ、伊之助の背中をブスリと刺したのです。

妓夫太郎と戦っていたはずの天元を探す炭次郎でしたが、目の先には横たわったまま動かない天元が描かれていました。

また心臓も止まっていたらしく、家屋が崩れ何とか意識を取り戻した炭次郎の元に妓夫太郎が近づいた際、天元の心臓が毒に犯され止まったことを告げています

しかし実際は毒が身体を回るスピードを遅らせようと、心臓を止め上弦の陸に勝つ方法を考えていたことが戦いの最後に判明。

つまり死んだという説や誰に殺されたという噂はこのシーンより露わになったのではと推測されます。

 


宇髄天元が柱を引退した理由は?

次に天元が柱をやめることになった理由ですが、

  • 遊郭潜入前の話し合いの中で雛鶴が天元に対し、この任務が終わったら引退しようと言われていた。
  • 上弦の陸との戦闘にて左目を失明し左手を切断してしまい、まともに戦える状態ではなかったため。

この2つの要因がきっかけとなり、そして引退を決心したのが上弦の陸との戦いで共に戦った炭治郎たちの存在です。

何とか生き残ることができたものの大きな傷を負った天元

まともに戦えないのは明らかでしたがそれでも若手が育っていない今の鬼殺隊にとって柱が抜けるのは大きな戦力減になります。

そのため後に現場に駆けつけた蛇柱の伊黒小芭内に引退の胸を告げると【ふざけるなよ俺は許さない お前程度でもいないよりはマシだ 死ぬまで戦え】と引き止められてしまいます。

しかし実際に共に戦った天元は若手がしっかり育っていたことを肌で感じ、自分がいなくても大丈夫だと確信したことが辞めた理由だと考えられます。

 


宇髄天元の最終決戦後の結末

柱引退後しばらくコミックに登場しなかった天元ですが、その後無惨との最終決戦前の柱稽古で基礎体力向上の鍛錬の指導者として登場しています。

また無惨との最終決戦中は、鬼殺隊総取締である産屋敷邸当主輝利哉とその妹達の警護に当たっています。

その後見事無惨に勝利した炭治郎たちは、蝶屋敷にて負傷した傷の治療と身体の回復にあたっていたのですが、そこへ天元が嫁3人を連れて炭次郎のお見舞いに来ていました

どこで何をしているのかは残念ながら描かれてはいませんでしたが、須磨の発言により何処かに腰を据えて生活していることが判明

しかし年月が経過した現代のストーリーに天元そっくりの子孫が最終巻の最終回に登場しています。

 

宇髄天元は死亡した?柱を引退した理由や最終決戦後の結末を紹介!記事まとめ

  • 誰に殺された?
  • 本当に死んだ?
  • 最後はどうなった?

など、いろいろな死亡説やその結末の噂が持ち上がりどうなることかと思いましたが、死んだと言うのは誤りで生きていることが判明しました。

また柱を辞めた理由は雛鶴の発言負った傷が主な要因で、柱引退後の生活にどういった影響があったのかは定かではありません。

しかし無惨を倒した後炭次郎たちの元へお見舞いにきた様子や子孫の天満のことから人並みの余生を満喫したのではないかと思われます。

なにはともあれ激動の中を生きてきた宇髄天元ですので、幸せな日々を過ごしていて欲しいと切に感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です