時透無一郎が柱になるまでの生い立ちは?過去を紹介! | かえるのうた

時透無一郎が柱になるまでの生い立ちは?過去を紹介!


元僧侶や元忍者、代々受け継がれてきたなど鬼殺隊のトップに君臨する柱にもそれぞれに壮絶な過去や確執などがありました。

今回はそんな柱の中で、わずか2ヵ月で鬼殺隊トップに上り詰めた霞柱・時透無一郎の柱になるまでの生い立ちをご紹介したいと思います。

アニメでの初登場は【柱合同会議】

そこで見た時透無一郎の印象は無表情で掴みどころがない不思議ちゃんなイメージがありましたが、それは本当の時透無一郎の姿ではなかったのです。

その真相を是非読者の方に知ってもらうべく、時透無一郎の柱になるまでの生い立ちをご紹介します。

 


時透無一郎の生まれから柱になるまでの生い立ちや過去を徹底調査

早速、無一郎の生まれや育ち、柱になるまでの生い立ちや過去を振り返ってみたいと思います。

 

時透無一郎の生まれ

出身は東京府 奥多摩郡 大岳山とファンブックに記載されていましたがこれ、実は作者のミスだと判明!!

実際は八王子市と相模原市にまたがる景信山の人里離れた山奥で、両親は杣人(そまびと)と呼ばれる木こりでした。

生活は貧しいながらも両親に双子の兄・有一郎と、家族4人仲良く暮らしていたそうです。

しかしある日、母が病で倒れてしまいます。

父は母の病気を治すため、薬草を採りに行った先で足を滑らせ崖から落ちて亡くなってしまい、さらに母は病を悪化させ肺炎で死亡しました。

無一郎と有一郎が齢10歳の頃です。

そして両親が亡くなった後は兄弟2人で生活をしていました。

ですがその生活も長くは続かず無一郎が11歳の頃に、家に侵入してきた鬼によって兄の有一郎が殺されます

無一郎は無我夢中で兄に襲い掛かった鬼を倒しますが、家に戻ったところで力尽きてしまい、その場から動けなくなりました。

その後、身動きの取れない無一郎もまた、日を追うごとに衰弱し、とうとう瀕死状態に陥ります。

しかし命尽き欠けようとしたときに鬼殺隊の当主産屋敷輝哉の妻・あまねが無一郎の家を訪れたことで無一郎は九死に一生を得ることができたのです。

補足:実はファンブックに書かれていた大岳山は伊之助の出身地になります。

 

時透無一郎が鬼殺隊に入隊するきっかけ

時任無一郎が鬼殺隊に入隊するきっかけですが、このあまねの来訪がポイントになります。

何故わざわざ人里離れた山奥に当主の妻・あまねが有一郎と無一郎のもとに訪ねて来たのか?ですが、その答えは2人の先祖がはじまりの呼吸の開祖だったからだと判明します。

先祖の血を受け継ぐ2人に、剣術の才能を見抜いたのでしょうか…?そうでなければ、わざわざ山奥に当主の妻が直々に来訪することはないでしょう。

残念ながら無一郎は興味を示すものの、有一郎はあまねの勧誘を一刀両断で断ります。

ですが、あまねの度々の来訪があったからこそ鬼の襲撃を受けた瀕死状態の無一郎は生還し、献身的な介護の末に鬼殺隊に入隊したのではないでしょうか?

齢11歳で天涯孤独になった無一郎。

しかし献身的に自分を看病をするあまねに優しく語り掛ける輝哉と、2人の存在が鬼殺隊入隊の大きな要因だったのは間違いないと思います。

補足:このとき無一郎はあまねを【白樺の木の精】に例えます

霞柱の無一郎では考えらえれない発言ですね。

 

時透無一郎が隊士から柱になるまでの軌跡

その後身体が回復した無一郎は無我夢中で剣をもち、鍛錬に打ち込みます

それは血反吐を吐くほど厳しいものでしたが、無一郎の心に沸く怒りが彼を動かしたのでしょう。

しかも無一郎はもともとはじまりの呼吸開祖であった人物の子孫として鬼殺隊に勧誘されていのですから、その剣士としての実力は折り紙付き

無一郎はなんと鬼殺隊入隊後2ヵ月で柱まで上り詰めました

 


時透無一郎に記憶障害があるその原因とその後の経過をご紹介!

普段の無一郎の無表情・人に軽薄といった動向から推測できるように、実は無一郎には鬼殺隊に入隊する前の昔の記憶がありません

そう無一郎には記憶障害があるのです。

次はその記憶障害に陥った原因その後の改善はあったのか?などの経過についてご紹介したいと思います。

 

記憶障害が起こった原因

無一郎に記憶障害が起こった理由ですが、やはり家族の死と死の淵を経験したこの2つが大きな要因だったと思います。

わずか齢10歳で両親を亡くし、唯一血のつながりのあった兄さえも無一郎が11歳の時に死んでしまいました。

11歳というと現実ではまだ小学生の男の子です。

そんな当時の無一郎にとって、家族の死は心に大きな傷を残し、記憶を無くすことでその苦しみから解放されたかったのかも知れませんね。

 

その後改善の余地はあった?

それから記憶がないものの体が怒りを覚えており、その怒りに身を任せ日々鍛錬に励んでいた無一郎。

ですが刀鍛冶の里で起こった事件にて記憶を無くしていた過去の記憶が徐々に蘇る出来事が起こります

そのトリガーになったのが炭治郎や玉壺の発言

以前何処かで聞いたような覚えがあると無一郎の頭をよぎり、頭痛を伴いながらも少しずつ鬼殺隊に入る前の記憶が蘇ってきます。

そして戦いの中で失っていた記憶の全てを思い出した無一郎

ですがその後の変化はというとあまり見られないものの、炭治郎に対しては笑顔で応対したり、また物語後半では考え方に変化が見られます。

 


時透無一郎が柱になるまでの生い立ちは?過去を紹介!のまとめ

以上が時透無一郎が柱になるまでの生い立ちになります。

無表情で小生意気な男の子ですが、実は壮絶な過去を乗り越えて柱の1人である霞柱の座を手にしたのです。

たった11歳で家族全員を失った悲しみは記憶を無くすほど辛かったのが理解できるので、無限城での最終決戦の戦いはもう涙、涙の回でした。

無一郎の生涯を知りたい方は、是非こちらの記事もチェックしてみてください!

時透無一郎 戦闘シーン 時透無一郎の戦闘シーンを画像で紹介!霞の呼吸の凄さを検証 時透無一郎 死亡シーン 画像 時透無一郎の死亡は真っ二つ!画像がヤバイ!悲しい最後は何巻何話?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。